2015年06月19日

おこがましい


「おこがましい」は,

「をこがましい」

と表記し,

「烏滸がましい」

と当てる。で,

ばかげている,物笑いになりそうだ,みっともない,
出過ぎている,差し出がましい,

といった意味になる。語源的には,

「お(を)こ(おろか)」+「がましい(接尾語)」

となる。前に,「をこ」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/419978918.html

で,触れたが,元来,「をこ」は,

烏滸
とも

とも
尾籠
とも当てる。

おろかなこと,ばか,たわけ,

の意味で,『古事記』に,既に出典がある。『古語辞典』によると,

ウコ(愚)の母音交換形,

とあり,『大言海』には,

可笑(をか)しは,此の語の転という,

とある。意味は,

あほらしきこと,ばかげたること,

だが,『大言海』には,こう言う一文が添えてある。

「尾籠(をこ)と当て字して,尾籠(びろう)と音読にもせり。また,後漢の頃の南蛮に,烏滸(をこ)の国あり,其の風俗に,理非を転倒して,笑うべきこと多し,その語暗合して,後に混淆せり」

と。「をこがまし」は,『古語辞典』には,

ばかげている,みっともない,

という意味しか出ていないが,『大言海』には,その他に,

差し出がましい,

という意味ではなく,

さかしらである,でかしだてなり,こしゃくなり,

が載っている。「でかしだて」とは,

上手くやってのけたという様子を誇示すること,得意然とすること,

だから,小癪なのである。

『古語辞典』には,

馬鹿馬鹿しいこと,

しか意味がなかったのに,『大言海』には,

小癪,さかしら,

の意味が加わり,現代では,それが,

差し出がましい,

と若干ニュアンスを変えた。「おこがましい」が,

差し出がましい,

という意味になったのは,江戸時代という説もあるが,『大言海』には,その意味はないので,妄説といっていい。むしろ,

さかしらである,でかしだてなり,こしゃくなり,

であること,要は,

ちょこざいな,

ことが,言ってみれば,場所柄,立場柄からみれば,

出すぎであり,
場所柄を弁えず,

となり,

差し出がましい,

ということにつながるところから生まれた,と考える方が無難である。「小癪」から「差し出がましい」までは,ほんのあと一歩であるように思う。

穿ちすぎかもしれないが,「をこ」に「尾籠」を当てたことが,影響していなくもない。「尾籠(びろう)」は,

例を失すること,無作法,
汚くて,汚らわしく,人前では失礼にあたる,

という意味だが,「をこ」を「尾籠(をこ)」と当てたものを,音読して,「尾籠(びろう)」と読むようになったものだから,本来は,

礼を失すること,無作法,

の意味であり,

汚いもの,汚らわしいこと,

に使うようになったのは,江戸時代のようである。とすると,「尾籠(をこ)」に,

無礼,不作法,

の意味が写ることで,結果として,「尾籠(びろう)」に,

汚い,

という意味が残った,ということであろうか。結局,「烏滸(をこ)」が「尾籠(をこ)」に,意味まで,スライドしていった,ということになる。言葉は,確かに生きている。いまや,

おこがましい,

自体が,死語である。それは,

差し出がましい,
不作法,

自体が,死語となることを意味している。つまりは,いまや,

差し出がましくでしゃばる

のを,よしとするのであろうか。あるいは,

慎み深い,
とか,
身の程を弁える,
とか,
分を弁える,

自体が,死語なのかもしれない。

嗚呼…!

である。それにしても,かつては,「をこ」に,

「嗚呼」

の字を当てていたこともあるという。なかなか意味深である。まさしく,

嗚呼,

である。

参考文献;
金田一京助・春彦監修『古語辞典』(三省堂)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
http://gogen-allguide.com/o/okogamashii.html






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:36| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください