2015年07月08日

融合


先月のことになるが,「人を探求する」ワークショップに参加させていただいた。

https://www.facebook.com/events/1712560162304834/

今回のテーマは「敏感でいることを妨げるもの〜融合について」。前回の,自分自身についての観察については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/421923440.html?1436213892

で触れたが,観察するポジションにおいて,

自分自身に敏感であること,

が求められる。これについては,前回多少触れた。敏感であるということは,

いま,ここで,自分の中に起きていること,
あるいは,
自分の感情に,

アンテナを向けること,と言い換えてもいい。何のためかというと,その場や周囲に反応するのではなく,

自分の内側で何が起こっているのか,
自分が本当は何を望んでいるのか(ここではニーズと名付ける)を見つけるため,

である。言ってみれば,相手や状況や関係の中で振幅し,あるいはそれにシンクロして振り回されているのではなく,

そのとき自分は何を感じ,
そこに自分は何を求めているか,

という自分自身を確かめるため,ということになる。例えば,

相手の悲しみに共鳴し,我が事のように歎き悲しむ,
とか,
相手の怒りに反応して,怒りで返す,

というときの自分の感情は,ここでは,

融合

と名付けられる。言ってみると,自分自身の内的な思いや感情ではなく,相手の,

共鳴器

のように,相手に合わせて鳴っている感情と,自分の感情を切り分ける(たとえば,いまの悲しみは,相手のそれに共鳴してもらい泣きしている等々,これが敏感ということになる)ことが必要だ,ということになる。

融合的な人について,レジュメでは,

「他の人の感情の状態に圧倒されている人。融合的な人は,他の人の起源,気持ち,感情(怒り,怖れ,痛みなど)や願望を拾います。そしてそれらにかき乱されます。他の人の感情から自分を切り離すことや,距離を置くことができません。」

とある。相手の感情に影響されて,

自分で感じられなくなり,

「他の人の感情の状態を自分で経験しているかのように」

なる,ということになる。多くは,ここでは,母親との関係によって,その傾向が出てくる,としているが,融合には,二つのパターンがある,という。

ひとつは,過敏な人。

「過敏な人は,廻りの人たちの幸,とりわけ不幸に責任を感じます。いろいろやっても,その気持ちは続き,最終的に,無力感や罪悪感を持ちます。」

とある。他人の感情まで背負いこみ,我が事のように受け止めて,それを自分の責任であるかのように感じる。しかし,他人の人生を生きることはできない。確かに,そういう人は,

いい人ではある,

かもしれないが,他人の人生を背負い,(それを背負いこめるかのごとく無意識のうちに)抱え込んでいる,ということになる。

もうひとつは,無関心な人。

自分の感情や願望ではなく,相手の愛情を得られるように相手の要求に応えようとする。母親との関係で,

「子どもは,自分の感情の世界には無関心ですが,母親との愛情面でのつながりを作ることを期待して,母親の願望,要求,期待に融合して」

それに沿う(と思った)行動を取ろうとする。このタイプは,一見,

「人間関係において,冷淡な人,無関心の人のように思われますが,この人は愛してくれるとねらいを定めた人など,他の人の願望,要求,期待に確実に応えられるように,…神経を張り巡らせます。特に,神経を張り巡らせるのは,権威に対する関係においてです。」

つまり,

感情で同期するか,
相手の思い(願望,要求,期待)に同期するか,

いずれにしても,相手や周囲に振り回されて(あるいは過度に慮って),自分を見失っている,という意味では,

無関心

過敏

とは,「コインの両面」である。いずれも,

いま,自分の思いや感情ではなく,

相手の感情や思いに依存している,

ということになる。振り回されている,といっても,相手が,ではないので,あくまで,

自分の思い込みや思い入れ,

に過ぎない。そのベン図ふうに言うと,まずは,

自分が(勝手に)相手の円に重ねている,

ことを確認し,

重なった相手の円と自分の円を切り離し,

自分の円の内奥の求める感情や思いに耳をかたむける,ということが必要になる。自分は,

ほんとうは何をしたいのか,
ほんとうは何を求めているのか,
ほんとうは何を欲しているのか,

と。







今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:29| Comment(0) | ワークショップ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください