2015年07月15日

捨てる


捨てるについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163074.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163410.html

等々で書いたが,はたと気づいたことがある。かつて,決断とは,

何かを断念することだ,

ということを読んだ記憶がある。断念,とは,

何かを取り,何かを捨てる,

ことだ。選択した以外を,捨てるということだ。捨てるとは,その他の道を取ることを断念する意味がある。その意味では,捨てるというのは,それを捨てることで,それに関わる選択肢を取るのをやめることだ。それは,意思決定には違いない。(捨てるべき)それのもっている,

未来,
というか,
可能性,

を捨てる(諦める)ということだから。もっと踏み込むと,それのもつかもしれない,

希望



を捨てるということになる。逆に言えば,捨てられないのは,そのもの(こと)のもつ未来の可能性,あるいは夢を断念できないからだ。

大袈裟のようだが,自分の例で言うと,本がある。若い頃一切を捨て,更に数年前,半分近く捨てたが,またもとの黙阿弥になっている。本を買うのは,知識(情報)のもたらす,

新しい視界,
未知の眺望,
面白さ,
新たな興味,

等々,それへの期待や思い入れを通して,

未来の自分,
あるいは,
(知識や情報を)知った,わかった後の自分の未来,
あるいは,
それを楽しみエンジョイする自分,

等々を買うことだ。だから,本が捨てられないのは,廃れたり,役に立たなくなったもの以外,

いつか(いずれまた)必要になる(捨てた後必要になって,捜したがついに手に入らなかった経験が再三ある),
いつか(いずれまた)読む(読みたくなる),
いつか(いずれまた)使う,
いつか(いずれまた)役に立つ,
いつか(いずれまた)探す,

等々という自分の未来(ありうる可能性,あるいは,なりたい自分,ありたい自分)を見据えて,捨てない(捨てられない)のである。逆に言えば,捨てられないのは,

いまの自分のへの執着とかこだわり,

というのもあるかもしれないが,僕には,

未来の自分(の可能性),

への期待が(まだ)あるから,と気づく。あるいは,時間軸を延ばしたとき,

いまとは違う自分,

への希望(夢),といってもいい。いまの自分の基準で,捨てないのではない,と僕については言える。

その本を捨てることで,その本を買ったときの希望や夢を捨てる,

ということになる,という感じなのだ。その希望は,ささやかなものだ。

もう少しゆとりが出たらじっくり読みたい,
感動した思いをまた味わいたくなるだろう,
その本にまつわる過去の想い出をなくしたくない,
再度調べて読み直す必要が出るかもしれない,
もう一度ゆっくり読み直したい,

等々,過去にこだわっているように見えるが,そういう自分の未来に希望を持っているからだ。たとえば,失恋した相手からもらった本でも,その本にからまる思い出とともに生きていく自分が未来に見えるから捨てない。しかしもし,明日,死ぬかもしれない,とわかったら,その想い出は,

死ぬのにいらないかもしれないし,

いや,だからこそ,

死ぬまで持っていたいと思うかもしれない,

いずれにしろ,捨てると決めたとき,その過去を未来には持って行けない(持って行かない),と決めるということだ。それは,一つの断念に他ならない。それは,そのまま,以後の生き方の,

いくつかの選択肢の一つをそこで捨てる,

ということとほぼ重なる。捨てる,とは,そういうことだと,僕は思う。それを捨てることが,

自分の未来(の可能性)を捨てること,

とわかって捨てるなら,潔くなんかなれっこないのである。自分の未来の選択肢は,たくさん残しておきたいに決まっているのである。ある意味,それは,

自分(へ)の見切り

でもある。

いまの自分(へ)の見切り,

であるかもしれないが,それ以上に,

なりたい(ありたい)自分(へ)の見切り,

であり,それは,

別のありえる(なりえる)自分の見切り,

でもある。捨てることは,結構重いのではないか(もちろん買い直したり,買い戻したりするのは,そういう自分(の未来)を見切れない(見捨てられない)からである。)。

因みに,捨てる,棄てる等々,「すてる」の使い分け,言葉の意味の違いについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/407366854.html

で触れた。ここでは,「捨てる」の意味である。







今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 05:23| Comment(0) | 捨て方 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください