2015年10月18日

うたたね


うたたねは,

転(た)寝,

と当てる。辞書(『広辞苑』)には,

「寝るつもりでなく横になっているうちに眠ること」

と,意味が載っている。語源は,

「ウトウト+ネ(寝)」で,床に入らずうとうとすること,

という意味と,いまひとつ,

「ウツツ(現)+ネ(寝)」で,仮寝,仮眠,

の意の二説がある。「うつつ」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/415235904.html

でふれたが,うつつは,本来,

現実,

のことなのに,『古今集』に「夢かうつつか」「うつつとも夢とも」等々と使われるうちに,夢と現の区別のつかない状態,

夢見心地

を指すようになった,とされる。だから,

夢とも現実ともはっきりしない状態。夢見心地。夢心地,

という意味で使われるようになって以後のことということになる。『古語辞典』をみると,

うとうとと寝ること,仮眠,

とあるので,語源的には,こちらの方なのだろうと思うが,『大言海』は,

仮寝,

の字を当てて,

現寝(うつつね)の転。たぶて,つぶて(礫),あつみ,あたみ(熱海)

と,例によって転訛の例をあげつつ,現寝を取る。で,

寝るとはなしに寝ること,

と意味を挙げる。『語源由来辞典』,

http://gogen-allguide.com/u/utatane.html

は,

「小野小町の歌に,『うたた寝に 恋しき人を 見てしより 恋てふものは たのみそめてき』とあるように,古くから使われている語で,正確な語源は未詳」

としながら,こう書く。

「漢字で『転寝』と書くが,『転た(うたた)』という副詞は,『どんどん進行して甚だしくなるさま』を意味し,『うたた寝』の「うたた」とは意味がかけ離れているため,語源とは考えにくい。また,『夢うつつ』などとつかわれる『うつつ(現)』が語源で,『現(うつつ)寝』が変化したとも考えられるが,『うつつ』が『夢心地』の意味をもつのは後世のことであるため,使われはじめた時代を考えると不自然な説である」

と。しかし,僕は,

転寝



転(うた)た

との「転た」関係が不意に気になる。「転た」は,辞書(『広辞苑』)には,

うたて

と同根とある。「転(うた)て」は,

ウタタの転。物事が移り進んでいよいよ甚だしくなってゆくさま,それに対して嫌だと思いながら,諦めて眺めている意を含む,

とある。で,「転た」は,

ある状態がずんずん進行して一層はなはだしくなるさま,いよいよ,ますます,
程度がはなはだしく進んで,常と違うさま,甚だしく,異常に,
程度が進んで変わりやすいさま,また何となく心動くさま,そぞろに,

と意味があり,三者の意味が微妙に違う。その違いは,副詞としての意味,

いよいよ,
甚だしい,
そぞろに,

の三者に現れている。『大言海』は,「うたた」は,「うたて」の転とするが,「うたて」には,

転(うつ)りて,の略転。うつつね,うたたね,うつかた,うたかた,

と,例によって例示しつつ,「うつりて」の転とする。で,意味は,辞書(『広辞苑』)とは微妙に異なる。

物事,異様に転(うつ)り進みて,甚だしく(あさましく感ずる意を含む)
常ならず,奇(あや)しく,うたた,
かたはらいたく,笑止に,
つれなく,なさけなく,

と。『古語辞典』には,転のほかに,



の字も当てている。で,

うたうたの約。ウタは歌のうた,疑いのうたと同根。自分の気持ちを真直ぐに表現する意。副詞としては,事態が真直ぐに進み,度合いが甚だしいさま。「うたたあり」の形でも使い,後に「うたて」と転じる,

とあり,「うたて」は,平安時代には多くは「うたてあり」の形で使い,

事態の進行を諦めの気持ちで眺める意,

とある。語源はともかく,意に染まぬ進行に,

不愉快,
いたたまれない,
嫌で気に染まない,

といった気持を言外に表している。どんどんとか,甚だしい,という副詞的な背後の,

どうにもならない,

という気持ちがある。その意味では,「転(轉)」の字が,

丸く回転する,

という意味で,「うたた」にこの字を当てた言外のニュアンスがよく伝わる。その意味で,僕には,

転寝

に,この「転」をあてたのも意味があり,

(眠気が)どうにも止まらない諦め,

という方が,語源的に最後に残る,「うとうと寝」よりは,言葉の奥行を感じるのだが。

因みに,「居眠り」は,

「座ったり、腰かけたりしたまま、または他の動作をしながら思わず眠ること」

で,「うたた寝」は,

「寝床に入らないで、眠気に負けてその場で思わず眠ってしまうこと」

だそうだが,転寝の方が範囲が広い。居眠りも,転寝の意味の外延に入ってしまうようだ。








ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:27| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください