2015年12月03日

人気


人気は,

ニンキ
とも
ジンキ
とも
ヒトケ
とも

訓むが,それによって意味が変わる。

ニンキ,

と訓むのが,今日の一般的な読みかただが,辞書(『広辞苑』)では,

人間の意気
世間一般の気うけ

となり,

その地方の気風

という意味になると,

ジンキ,

と訓みが変わる。更に,

ジンキ,

と訓むと,

人いきれ,また,その場の人々の気配,

という意味が加わり,併せて,

世間の評判,

という,「にんき」と訓むのと同じ意味が加わる。どうも,「ジンキ」という訓み方が先だったのではないか,という気がする。『大言海』をみると,「ニンキ」の項には,「ジンキ(人気)に同じ」とあり,「ジンキ」には,

世上の人の思い入れ,人々の気受け,群集心理,人心,ニンキ,

とある。『古語辞典』には,

ジンキ

として,ただひとつ,

体熱,

の意味しかなく,「多い群集には人気がでるぞ」という用例が載る。

ヒトケ,

と訓むと,

人のいる気配,人の気(け),

という意味になる。『大言海』には,「ヒトゲ」で載る。

人の居る気配,人の居る様子,
人らしくあること,人がましきこと,

とある。前者はともかく,いまは,後者の意味で使うことはあまりない。『古語辞典』には,やはり「ヒトゲ」で載る。

人の気配,人の存在を感じさせるもの,
世間並みの人らしい雰囲気,
(多く「~なし」の形で使われる)まともな人らしく見えるさま,

とある。「まともな人らしく見えるさま」ではないときに,「人気(ヒトゲ)なし」と使ったもののようで,逆に言うと,人らしいという使い方をしたのではないという推測がつく。だから,「人がましい」の意味は,薄らいだのではあるまいか。

語源ははっきりしないが,漢字を見ると,「人」は,

人のたった姿を描いた象形文字,

で,「もっと身近な同族や隣人,仲間を意味した」とある。「気(氣)」の字の,

「气」は,息が屈曲しながら出てくるさまで,「气+米」は,米をふかすときに出る蒸気,

を意味する。で,

息であったり,
ガス状のものであったり,
人の心身の活力であったり,
人の感情や衝動のもとであったり,
天候や四時の変化を起こすもとになるものであったり,
偉人のいる所に立ち昇る雲気であったり,
理気二元論のいう生きている現象であったり,

を意味する。で,

「形はないが,何となく感じられる勢いや動き」

といった含意になる。ある意味,エネルギーというと言いすぎか。そう考えると,

人気(にんき)

人気(じんき)
も,

人のエネルギーの動きの様やありようの変化を表す。となれば,どう訓んでも,すべてそこに,眼に見えない人の気のカタチがあることでは一貫している。

参考文献;
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
ラベル:人気 気風 気配
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:16| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください