2016年04月09日

ありてい


「ありてい」は,

有(り)体

とあてる。辞書(『広辞苑』)には,

ありのまま,ありよう,
ありきたり,通り一遍,

と意味が載る。語源は,

「有り+体(テイ 様子・態度)」

で,ありのまま,あるとおりの意味,とある。『大言海』の注が面白い。

「有體(ありすがた)の地の湯桶読み(有様,ありよう)」

と。湯桶読みとは,

「湯桶読み(ゆとうよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。漢字2字の熟語の上の字を訓として、下の字を音として読む「湯桶」(ゆトウ)のような熟語の読みの総称である。」

とあり,

朝晩(あさバン),雨具(あまグ),豚肉(ぶたニク),鳥肉(とりニク)

等々。因みに,重箱読みは,

「上の字が音読みで下の字が訓読みのもの」

を指し,

音読み(オンよみ),額縁(ガクぶち),客間(キャクま),経木(キョウぎ),金星(キンぼし)

等々。

有体は,時に,

有態

とも当てる。中国語では,

自然的状態,

の意味であるらしい。そこで思うのは,本来は,

有態

と,表記したのかもしれない,と。

「ありよう」と意味が重なるらしいが,意味は,

ありのまま,

の他に,

ありさま,
様子,

の意味があり,

有様,



ありよう,

と読むのと,

ありさま,

と読むのとでは,微妙に変わる。しかし,語源的には,

「有り+サマ(状態・様子)」

で,それをただ,音読みしただけなのだが,漢字の意味とは,別の和語のニュアンスが出てくる気がする。「アリサマ」は,「あるものの状態」を言う状態表現なのに,そこに「身分,境遇」をにじませる価値表現が加味されてくる。

漢字「様(樣)」の字は,

「樣の右側の字は,『永(水が長く流れる)+音符羊』の形声文字で,漾(ヨウ ただよう)の原字。樣はそれを音符として添えた字で,もと橡(ショウ)と同じく,くぬぎの木のこと。のち,もっぱら象(すがた)の意に転用された。」

と,ただ,今ある姿を言い表しているに過ぎないのに,たとえば,

生き様,

を,「いきよう」と読むよりは,「いきざま」と読んだ方が,価値観を滲ませている感じが伝わる。

同様に,「ありてい」も,

ありのまま,

を示しているし,漢字「体(體,軆,躰)」の字は,

「本字の體は,『豊(レイ きちんと並べるの意)+骨』。体は,『人+音符本(ホン)』で,もと笨(ホン 太い)と同じくホンと読むが,中国でも古くから體の俗字として用いられた。尸(シ 人の横に寝た姿)と同系で,各部分が連なってまとまりをなした人体を意味する。のち広く,からだや姿の意。」

だから,自分のありのまま,あるいは,ぶっちゃけ,といった意味のはずである。しかし,漢字「態」の字は,

「能は,耐(タイ たえる)と同じく,そうできるだけの力をそなえていること。態は『心+音符能』で,こうできるぞという心構え。転じて広く,心ばえ,身構えのこと。」

と,「態」の字を使うとき,そこには,ただありのまま,というより,意志としての,

態度,

が,より示されており,価値表現に変っている気がする。そのせいか,

ありていを言えば,

には,率直さを強調しようとする意図が見えてくる。それが真実かどうかはまた別の話だが。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:07| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください