2016年04月22日

けんつく


「けんつく」は,

剣突,

と当てる。

荒々しく叱りつける,

という意味になる。

剣突を食う,
とか
剣突を食らわす,

という言い回しをする。面白いのは,『大言海』で,

「此語の類に,けんつん,つんけん,と云ふ語あり」

として,意味に,

「又,剣呑。荒々しく物云ふこと」

と意味を載せ,「つんけん」「けんつく」「剣呑(けんのみ)」が類語,だと言っていることだ。で,「剣呑(けんのみ)」の項をみると,

けんつきの條をみよ,

とある。面白いのは,「剣呑(けんのん)」は,別に項がたてられ,

「険難の轉にて(わななく,おののく),険難なる處を危ぶむより移りたるか」

として,

「危うきこと」

という意味を載せる。因みに,剣難の語源に,

「けんなん(剣難)」の音変化という」

とあるものがあるが,剣難が当て字なので,むしろ「険難の転」の方が,自然だろう。

いずれにしても,どうも,「剣突」は「剣呑(けんのみ)」とは重なるが,「剣呑(けんのん)」とは意味が重ならない,ということになる。調べてもよくその違いが分からない。

剣突は,

言動がとげとげしい,
あるいは
つけんどん,

という意味だから,

けんつん,
つんけん,
つんつん,

と意味は,重なる。

「つんけん」は,

不機嫌,無愛想,

「つんつん」は,

態度が取り付く島がないさま,

で,言ってみると,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/420594101.html

で触れた,「けんもほろろ」とほぼ同じ意味領域になる。『江戸語辞典』には,「剣呑(けんのみ)」は見当たらず,「剣突」と「剣呑(けんのん)」のみ載せる。それぞれ, 「剣突」は,

つっけんどんに言う,

とし,「剣呑」は,

(けんなんの転と)危ないこと,安心がならぬこと,

とし,両者をつなげるものがない。しかし,不機嫌な人や危ない人に出会うと,

「けんのん,けんのん」

と,(いまはあまり使う人を見かけないが),言っていたような気がする。してみると,『大言海』は,「けんのん」がそういう使われ方をするまでの過渡としての「けんのみ」を拾っていたのかもしれない。つまり,

kennan→kennomi→kennon

あるいは,

kennan→kennon

kennan→kennomi

と別々の転訛があり,「けんのみ」という言い回しが,日本語としては言いにくいので消えた,というような。しかし,意味としては,

相手が不機嫌だから危険,

の,心の「剣呑」感とつなげたと,見なせば,意味の重なりは自然と見えなくもない。まあ,億説だが。

参考文献;
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)


ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください