2016年06月29日

めこぼし


「めこぼし」は,

目溢し,

と当てるらしい。辞書(『広辞苑』)には,

咎めるべきことを故意に咎めない,見逃すこと,

とあり,

めこぼれ,

に同じとある。「めこぼれ」も,

目溢れ,

と当てる。「溢」の字は,横溢,といったときに使い,

あふれる,
みちる,

という意味で,「こぼれる」とは,逆の気がする。しかし,あふれて,こぼれると,

零れる,
溢れる,

と当てる。あふれたらこぼれる,ということか。「めこぼし」は,少なくとも,

「目+こぼす」

つまり,故意に見落とす,という意味になる。

大目に見る,
見逃す,
目をつむる,

と,見なかったこと,なかったことにするという含意がある。

http://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/987/meaning/m0u/

で,

見落とし(みおとし),
看過(かんか),
目こぼし(めこぼし),

を比較していたが, 結果は同じでも,不注意と,自覚的関わりとは違う。

「『目こぼし』は、何か問題になる事柄を目にしてちゃんとわかっているのに、罰したりせずにすましてしまうこと。『目こぼし』をする主体は、そうした問題の事柄を取り締まったり罰したりするべき立場にある者である。『看過』が、見てはいながらついつい何もせずに終わるという、いわば消極的放任のニュアンスが強いのに対し、『目こぼし』は、ちゃんとわかっていて意図的に何もしないでおいてやるという積極的かつ意図的許容のニュアンスが強い。なお、『目こぼししてもらう』意で、『お目こぼしにあずかる』という言い方をすることもある。」

http://ppnetwork.seesaa.net/article/439372712.html

で触れたが,「手心を加える」「手加減する」「匙加減」というのが当事者ないし上から目線なのに対して,

目こぼし,
大目に見る,

は,下からのお願いというニュアンスになるか。「お」「御」をつけると(というか,つけられるかつけられないかで)よりはっきりする。

http://www.weblio.jp/content/%E3%81%8A%E7%9B%AE%E3%81%93%E3%81%BC%E3%81%97

に,「お目こぼし」について,

「動詞『目こぼし』の名詞形に丁寧の『お』をつけた表現で、相手に見逃してもらえるよう頼み込む際などに用いる表現。」

とあったり,

http://yaoyolog.com/%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%93%E3%81%BC%E3%81%97%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%86%E6%84%8F%E5%91%B3%EF%BC%9F%E3%81%9D%E3%81%AE%E8%AA%9E%E6%BA%90%E3%81%A8%E3%81%AF/

に,

「そもそも『目溢し』なる語句に『御(お)』を付けた文言なのだそうです。なるほど、いったん目に入った情報をわざとこぼす、といったイメージになるのですね。」

とあり,その延長線上で,

http://www.tos-land.net/teaching_plan/contents/150

にあるように,

「発達障害の専門医であるドクターから『お目こぼし』という言葉を聞いた。簡単に言えば、子どもたちに完璧を求めるのではなく、ある部分については敢えて見逃すという考え方である。」

という考え方に行きつく。

「おめこぼし」とは,相手の雅量に頼むという姿勢に尽きる。類語は,

大目に見る,

だが,大目とは,

大ざっぱに見積もること,

つまり,「鯖を読む」の同義から,

厳しく見とがめず寛大にすること,

に転じたので,むしろ,

手心を加える,
手加減する,
匙加減,

と同じく,どちらかというと,当事者視点ということができる。

http://www.fleapedia.com/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%9F%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/%E3%81%8A/%E5%A4%A7%E7%9B%AE%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B/

の,

「神様の大きな目では、人間のちまちました不正行為や誤りをいちいち細かくチェックしていられないことから、人の犯した不正や誤りをきびしく追求しないという意味あいで用いられる。」

との説明がふるっている。まさに,天網恢恢の「天網」のイメージであろうか。



ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:36| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください