2016年08月03日

茶々を入れる


「茶々を入れる」は,

茶々を付ける,
茶にする,

等々とも言うが,

じゃまをする,水をさす,

という意味で,ただ,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/440621713.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/440387740.html

で触れた,「半畳を入れる」や「横槍を入れる」のと似ていて,しかし少し違うのは,

ひやかす,

ニュアンスがあることだ。語源は,

「『茶々を入れる』で,談話の間に茶を入れて妨害する,邪魔をする意」

とある。また,

http://yuraika.com/chachawoireru/

も同じく,

「茶を入れて一服することから,人がやっていることを中断し,水を差すという意味になった」

という説を取る。しかし,そうなのか,と僕は疑う。というのは,



という言葉自体に,いわゆる「お茶」の意の他に,例えば『広辞苑』に,

いい加減なことを言うこと,からかうこと,ちゃかす,

という意味があることだ。それは,『古語辞典』でも,

「人を相手にするように見せて,内実は取り合わないこと」

という意味を載せ,

「相手に茶に言うて置きける」

という用例を載せる。つまり,「茶々」の「茶」は当て字で,何か他の意のものに,「茶」の字を当てたのではないか。

「茶」の字は,

「もと『艸+音符余(のばす,くつろぐ)』。舒(くつろぐ)と同系で,もと緊張を解いてからだをのばす効果のある植物。味はほろ苦いことから,苦茶(くと)ともいった。のち,一画を減らして茶とかくようになった。」

とあり,この字に,からかう含意はない。『古語辞典』には,

ちゃり

という動詞が載る(『広辞苑』では「茶利」と当てる)。

ふざける,

という意味だが,その名詞は,

滑稽な文句または動作,ふざけた言動,おどけ,

という意味が載る。どちらが先かはわからないが,あわせて,

(人形浄瑠璃や歌舞伎で)滑稽な段や場面,また滑稽な語り方や演技,

という意味が載る。歌舞伎や人形浄瑠璃から出て,「ちゃり」がふざける意になったのか,ふざける意の「ちゃり」を,浄瑠璃などで転用したのかは,ここからはわからない。『大言海』は,

「戯(ざれ)の転」

として,

洒落,おどけ口,諧謔,又おどけたる文句,

という意味を載せる。しかし,『江戸語大辞典』は,

操り・浄瑠璃用語。滑稽,道化,

と載る。どちらが先かは,つかめない。

茶利語り,
茶利声,

は,そういう滑稽な語り口や声を指す。なにはともあれ,ともかく,「茶」には,

ふざける,

含意がつきまとうらしい。『江戸語大辞典』は,「茶」の項に,

遊里用語,交合,
人の言うことをはぐらかすこと,
ばかばかしい,

という意味が載り,それを使った,

茶に受ける(冗談事として応対する),
茶に掛かる(半ばふざけている),
茶に為る(相手のいうことをはぐらかす,愚弄する),
茶に成る(軽んずる,馬鹿を見る),
茶を言う(いい加減なことを言う)

等々という使われ方を載せていて,

ちゃかす(茶化す),

はその流れにある。

茶化すは,

「茶にする」

と同じで,語源は,

「『チャル(戯る・ふざける)+カス(接尾語,他に及ぼす)』です。」

とされる。

ちゃらかす,

とも言う。『江戸語大辞典』には,「茶る」という項が載り,

「茶の動詞化」

として,

おどける,ふざける,

の意味が載る。どうも「ちゃり」も「茶る」も,

「茶」

に込められた含意から来ている。あるいは,「ちゃる」に「茶」の字を当て,「茶」自体にそういう含意が込められるようになったのか,やはり,この前後はよくわからない。

因みに,

無茶,

と当てる「むちゃ」は,「茶」とは関係なく,

「ムタイ(無体)が語尾を落としたムタは『タ』の拗音化でムチャ(無茶)となった」

もので,「滅茶」は,

「ムチャ(無茶)は,『ム』の母交(ue)でメチャ(滅茶)になった」

もの。さらに,

「メチャ(滅茶)はメッタ(滅多)に転音して『滅多打ち・滅多切り・滅多やたら』」

というようになった。また,無茶苦茶は,

「ムドウゴクドウ(無道極道)の転音のムタイコクタイ(無体極体)は,これを早口で発音すると,ムタクタ・ムチャクチャ(無茶苦茶)・メチャクチャ(滅茶苦茶)に転音」

したもので,「茶」は完全に当て字。

参考文献;
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 05:09| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください