2016年09月09日

なまじっか


「なまじっか」は,

憖(じ)っか,

と当て,『広辞苑』には,

「なまじ」に同じ,

とあり,「なまじ」を引くと,

ナマジイの約,主に副詞として用いる,

と載る。「なまじい(ひ)」を引くと,

「『生強い』の意,清音にも」

とあって,意味は,

できそうもないことを無理につとめるさま,
すべきでない,またはしなくてもいいことをするさま,
深く心をもちいないさま,うかつ,かりそめ,

とある。

やらなくていいこと,やれもしないことを無理してやる,

というニュアンスと,

注意を払わない,

という,「うかつ」や,

その場かぎりの間に合わせであること,

という「かりそめ」とは随分意味の幅がある。『大言海』は,

「(生強い(なましひ)の義と云ふ)熟せぬを強いて,心に欲せぬを自ら強いて」
「よせばよいのに,せずともよきに」

の意味しか載らない。『語源辞典』には,

「『生(中途半端)+強い(しいる)』です。気が進まないのに,中途半端に無理につとめる意です。むしろ,しなくてもいいのに,等々の用法です。」

とある。『古語辞典』も,

「ナマは中途半端の意。シヒは気持ちの進みや事の進行,物事の道理に逆らう力を加える意。近世の初期まで,ナマジヒ・ナマシヒの両形あった。近世ではナマジとも。」

とある。『語源由来辞典』

http://gogen-allguide.com/na/namajikka.html

も,

「中途半端の意味を表す副詞『なま(生)』に、動詞『しいる(強いる)』の連用形が付いて『なまじい』になった。 古くは『なましい』と清音の形も見られる。『なまじい』が『なまじ』や『なまじか』となり、『なまじか』が促音化されて『なまじっか』が生じた。「なまじっか(なまじ)」の『か』は、『おごそか』や『はなやか』など形容動詞に用いられる『か』であろう。」

とある。やはりどう考えても,

意に反して,
とか,
通例に反して,
とか,
いやいや,

というのが含意である。

http://www.fleapedia.com/%E4%BA%94%E5%8D%81%E9%9F%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/%E3%81%AA/%E3%81%AA%E3%81%BE%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8B-%E3%81%A8%E3%81%AF-%E6%84%8F%E5%91%B3/

のいう,

「『生強い』つまり未熟(生)なのに無理にことを行う(強い)という意味で、そこから『中途半端な』という意味の『なまじ』、『中途半端に』という意味の『なまじか』『なまじっか』が派生した。」

が適切な言い方に思う。

「(後に「ば」を伴う)あることを仮定して,それをしないほうがむしろよいという意を表す。…するためにかえって。 」(『大辞林』)

という使い方は,

「 なまじ会えば未練がわく」
「 なまじ真実を知れば苦悩が増す」

も,その延長線上にある。無理にするとは,自分が,もあるが,強いられてもある。それが,いやいやすることとなり,

「十分に考えずにするさま」

に通じ,

うかつ,

につながる,と言えば言えるのかもしれない。

「よくせざらんほどは,うかつに人に知られじ」

との用例(『徒然草』)が引用されている。

「生」という言葉のニュアンスがもたらすものなのかもしれない。いわゆる「なま」として使う,

生で食べる,
生の声,
腕が生だ,

等々の他に,副詞として,

なんとなく,
どことなく,

という使い方をするし,接頭語で,

生兵法
とか
生聞き,
とか,
なまかじり,

と,未熟やいい加減の意と同時に,

生温かい,
生白い,

等々と使って,どことなく,というニュアンスを伝えようとする。それは,

間に合わせ,

の意味の,「かりそめ」とつながっていく。そのあたりから,

「なおざり」 「おざなり」 「ないがしろ」 「ゆるがせ」 「かりそめ」

といった,和語に地続きになる。

「かりそめ」については,
http://ppnetwork.seesaa.net/article/425644622.html
「おろそか」については,
http://ppnetwork.seesaa.net/article/428385232.html
「なおざり」については,
http://ppnetwork.seesaa.net/article/428266090.html
で,それぞれ触れた。

漢字の「生」も,

「若芽の形+土」

で,地上に映えたさまを示す,生き生きしてあたらしい,という意を含むから,未熟な意も含んでいる。

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:30| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください