2016年09月16日

ゆくりなく


たまさか,
とか
たまたま,

と同義で,

ゆくりなく,
わくらば,

という言葉があることは,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/441825356.html

で触れた。『広辞苑』には,「ゆくりなし(く)」は,

思いがけない,突然である,

の意味を載せ,「わくらば」は,

病葉,

で,いわゆる「色づきすがれた葉」のことだが,「わくらばに」となると,

邂逅に,

とあて,

たまさかに,たまたま,偶然,

という意味になる(中世末の『日葡辞典』には『わくらわに』とあり,同じ意味になる)。

『語源辞典』をみると,「ゆくりなく」は,

①「ユカリ(縁)+なく」の音韻変化,
②「ユックリとする暇なく」。ナクを打消しと取る,
③「ユクリ(突然)+なく(甚・接尾語)。突然の強調,

と,三説あるとする。「わくらば」は,

「『ワクラ(病気・別)+葉』です。色の変わった若葉,です。ワクラバは,偶然見られる葉ですので『偶然,たまたま』の意も表します。ですから,同源です。」

という。『大言海』は,「ゆくりなし」について,

「ゆかり無しの転にもあらむか。ゆくりもなく,ゆくりある,などとも見ゆ」

と,上記の①説を取っているが,『古語辞典』で「ゆくりなし」を見ると,

「ユクは擬態語。ユクリカと同根(リカは状態を示す接尾語)。気兼ね遠慮なしに事をするさま。相手がそれを突然だと感じるような仕方。リは状態を示す接尾語。ナシは,甚だしい意」

と,ちょっとちがう説を立て,

事をするのに無遠慮である,
だしぬけである,

という意味を載せる。唐突感が強い,という意味合いなのだろう。因みに,「ゆくりか」は,

「ユクは擬態語。ユクリナシと同根。リカは状態を示す接尾語」

とあり,

無遠慮で気兼ねをしないさま,
思いがけず突然なさま,

という意味になる。しかし,「ゆくりか」のひとつ前の項に,「ゆくり」があり,

緩り,

と当てて,

ゆとりがある,ゆったりとしているさま,ゆっくり,

の意味なので,あるいは,素人判断に過ぎないが,「ゆくり」の状態を妨げるというニュアンスなのではないか,と想像する(上記の②説になる)。たた,「ゆくり」は,『大言海』に,

縁,

と当てて,

「ユカリの転」

とある。各辞書は,,それぞれの主張の一貫性を保とうとしている意図が見えてくる。

「わくらばに」は,『大言海』に,

「別くる計(ばかり),人多き中を云ふ」

とある。しかし,『日本語の語源』には,

「『こんなまれに』という意のカクマレニ(斯く希に)には複雑な転化経路をたどってワクラバニ(邂逅)になった。『カ』の子音交替(kf),『レ』の母音交替(ea)の結果,『ファクマラニ』に転音した。さらに,『ファ』の子音交替(fw),『マラ』の転位で,ワクラマニ・ワクラバニに転化して,『たまさかに。まれに。たまに』の意の副詞になった。〈人となることは難きをワクラバニなれる我身は〉万葉。」

とあり,「病葉」からの転移ではないとする。だから,「病葉」については,こう書く。

「同音異議のワクラバ(病葉)がある。夏ごろ暑気にむされて赤や黄に変色した朽ち葉のことである。アカルハ(赤る葉)に子音(w)が添加されたワカルハは,『カル』の部分に母韻の転位が行われて『クラ』になり,ワクラバになった。〈ワクラバや葉守りの神もおはさぬか〉(新類題・玉川)」

とある。あるいは,

「アカラムハ(赤らむ葉)の省略形アカラバに子音(w)が添加されてワカラバになり,『カ』が母音交替(au)をとげてワクラバに転化した。」

とある。これを見る限り,「病葉」と「わくらばに」は,別系統ということになる。

参考文献;
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
posted by Toshi at 05:00| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください