2016年12月28日

うっかり


ある広告で,「うっかり」と「ちゃっかり」を対比させていた。あるいは,遠い昔,ラジオドラマや映画になった,『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』の影響かもしれない。しかし,

うっかり,

と対比させるなら,

しっかり,

ではないだろうか。「うっかり」は,

「ウカリの促音化」

として,

気抜けした,ぼんやりしたさま,不注意であるさま,

とある(『広辞苑』)。室町末期の『日葡辞典』にも,

ウッカリトシタモノ,

と載っているらしい。「ウカリ」とは,

浮かり,

と当て,

心づかずぼんやりしているさま,

と載る(『広辞苑』)。『江戸語大辞典』にも,

「うかりの促呼。多く助詞『と』を伴う」

と載る。『古語辞典』も,同様である。しかし『大言海』は,

「ウカの音便。ひた,ひったり」

と載る。『古語辞典』に,「うかり」は載らないが,

うかと,

は,

ぼんやりと,ぼうっと,

の意味が載る。『語源辞典』は,

「擬態語,ウカ(浮くの未然形ウカの促音化)+り」

とする。なお,助動詞「り」は,

「完了の助動詞と一般に名づけられている。しかし,本来は,動詞の動作・作用・状態の進行・持続を明確に示すのが役目」

とされる。『由来・語源辞典』

http://yain.jp/i/%E3%81%86%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%8A

は,

「動詞『うく(浮く)』と同源の『うか』を基にした副詞で、心が重心を失ってぼうっとしている状態をいうのが原義。
そのため古くは、心に衝撃を受けて呆然としているさまや、美しいものに心をひかれてうっとりしているさまも表した。」

『日本語・語源辞典』

http://www.nihonjiten.com/data/253878.html

は,

「ぼんやりして注意が行き届かないさまをいう。擬態語『うかり』の促音化とする説、『ウカリ(浮)』の義とする説などがある。」

とする。どの説も,的の周りをうろうろしている感がある。では,擬態語としてどう見ているのか。

『擬音語・擬態語辞典』には,

「その事が心から離れている様子。本来すべき注意を怠って,しなければならないことを忘れたり,好ましくないことをしたりする時に用いる。(中略)『うっかり』は室町時代頃から見える語で,本来は悲しみなどで,正常な意識が働かない放心状態を表した。『妻子にも離別する思に堪えかねて,うっかりとしたる也』(『三体絶句抄』)。
 江戸時代初期になると,対象に限定されることなく,広く何かに心を奪われて呆然としている様子を,さらに,単に気が抜けている状態をも表し,現代の用法に近づいた。
 江戸時代,単に気が抜けている状態を表す『うっかり』は,一八世紀以降かなり流行したようで,『うっかりぽん』『うっかりひょん』(=共に注意が行き届かない様子)などという語も登場した。一方で,本来の意も生き続け,美しいものや快いものに心を奪われ呆然とする様子にも言った。「伴左衛門殿の内より葛城をみてうっかりとなる」(歌舞伎『参会名護屋』)。すなわち,『うっかり』は,江戸時代には『うっとり』とほぼ同義でも用いられたのであるが,明治以降はその語根『うか』『うかと』の違いを受けて完全に意味がわかれた。」

とある。似た言い回しに。,

うかうか,

があるが,「うかり」との違いを,『擬音語・擬態語辞典』は,

「『うっかり』は完全に心が離れてしまっている状態をさすが,『うかうか』は呆然としている状態でも,完全に心が離れていない状態をさす。」

と指摘している。「うか」は,たとえば,『大言海』は,

うかうか,

に,

浮浮,

とあてて,

うかれうかれての意か,

とある。また,

うかうかし,

にも,

浮浮し,

と当てる(『古語辞典』はどちらにも「浮」を当てていない)。その意味で,『大言海』が,

浮かれ,

とつなげたのは意味があるのかもしれない。「うかれ」について,『古語辞典』は,

「定まった居所から浮いて,流浪するのが原義」

とあり,その状態表現から,メタファとして,

心が落ち着かない,
心がうきうきする,

という意味を持つ。「うか」の転化とするなら,ここが原点なのかもしれない。だとするなら,擬態語というのは,それが起こりというよりは,結果ではあるまいか。

「ちゃっかり」「しっかり」は,次回に譲る。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
【関連する記事】
posted by Toshi at 04:59| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください