2017年02月18日

ミヤ


「みや」は,

宮,

と当てる。しかし,中国語では,この字は,

古くは,貴賤の別なく住居をいふ。秦の始皇帝以後専ら皇家の称とす,

とある(『字源』)。だから,宮城,離宮等々という。「宮」の字は,

「『宀(やね)+二つの□印(くちではなくて,建物のスペース)』で,奥深く,行く棟も建物があることを示す」

とある(『漢字源』。『字源』には,宀に从(したが)ひ呂に从ふ。呂は脊椎骨即ち人の意,とある)。だから,みや(皇族,また皇族の呼び名),みや(神社),とするのはわが国でのみである(漢音でキュウ,呉音でクウ・ク)。『広辞苑』(『大言海』も)には,

「御屋」の意,

として,

伊勢神宮その他特別の神を祀る神社の称,また一般に神社の称,
皇居,禁裏,御所,
皇后・中宮・皇子・皇女並びに皇族の御殿,またその方々の尊称,
一家をたてた皇族の称号,
中宮識(しき)のこと,
仏堂,寺,

とある。神仏ともに「みや」と呼ぶところが面白い。「みや」の語源は,多く,

御屋,

を取る。たとえば,

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1233436697

も,

「『宮』の語源は『御屋』です。『都』の語源は『宮処』です。溯れば『御屋処』と言ってもいいでしょう。」

としている。手元の『語源辞典』も,

「ミ(御)+ヤ(屋)」

とする。つまり,

ミは尊称の接頭語,ヤは屋・宅,

ということになる。しかし,これだと,「宮」の本来の意味にはなるが,神を祀るという意味にはつながらないのではないか。『古語辞典』は,

「ミ(霊力)ヤ(屋)の意。神や霊力あるものの屋」

としているが,この他にも,

神の霊をいうカゲミ(影見)の居る屋の義,カゲミヤの略,またミヤ(身屋)の義(志不可起(しぶがき)),
「廟」の字音(mia)から(語源類解),

等々がある。『古語辞典』の説も含めて,何らかの霊とつながらなければ,今日の「みや(宮)」の使い方に繋がらないのではないか。

『日本語の語源』は,まったく別の説を立てる。

「イカメシキ(厳めしき)方は,カメシの部分がメシ[m(e∫)i]の縮約でカミ(神)になった。その居所をカミヤ(神家)といったのが,語頭を落としてミヤ(宮)になった。神には拝み説もある。」

とする。神の語源については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/436635355.html

http://ppnetwork.seesaa.net/article/446980286.html

で触れたが,『日本語の語源』は,「カミ」について,

「『カミ(上)のミは甲類,カミ(神)のミは乙類だから,発音も意味も違っていた』などという点については,筆者の見解によれば,神・高貴者の前で(腰を)ヲリカガム(折り屈む)は,リカ[r(ik)a]の縮約でヲラガム・ヲロガム(拝む)・ヲガム(拝む)・オガム・アガム(崇む)・アガメル(崇める)になった。礼拝の対象であるヲガムカタ(拝む方)は,その省略形のヲガム・ヲガミが語頭を落としてガミ・カミ(神)になったと推定される。語頭に立つ時有声音『ガ』が無声音『カ』に変ることは常のことである。
 あるいは,尊厳な神格に対してイカメシキ(厳めしき)方と呼んでいたが,その省略形のカメシがメシ[m(e∫)i]の縮約でカミ(神)に転化したとも考えられる。いずれにしても,『神』の語源は『上』と無関係であったが,成立した後に,語義的に密接な関連性が生まれた。
 神の御座所を指すカミサ(神座)はカミザ(上座)に転義し,さらに神・天皇の宮殿の方位をカミ(上)といい,語義を拡大して川の源流,日の出の方向(東)をカミ(上)と呼ぶようになった。」

と述べていた。少なくとも,

神の居る処,

であることに繋がらなくては,説明になっていない,と思う。そう見ると,

ミ(霊力)ヤ(屋)の意,
神の霊をいうカゲミ(影見)の居る屋の義

の系統が少なくとも説得力があるが,

おがむ,
あがむ,
かがむ,

といった尊崇の姿勢から,つながるというのも,自然である気がする。文脈依存の言葉であるとは,観念からではなく,おかれたシチュエーションから生まれる言葉だと思うからだ。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)


ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm
ラベル:ミヤ
posted by Toshi at 05:16| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください