2017年06月02日

ゆめ


「ゆめ」は,『広辞苑』には,

「イメ(寝目)の転」

とあって,いわゆる,レム睡眠時の「夢」の意であり,それをメタファにして,

はかない,頼みがたいもののたとえ,

に使われ,

空想的な願望,迷夢,
将来実現したい願い,

へと広げて使われる。しかし,「夢」の字は,

「上部は,蔑(大きな目の上に,逆さまつげがはえたさまに戈を添えて,傷つけてただれた眼で,よく見えないこと,転じて,目にも留めないこと)の字の上部と同じで,羊の赤くただれた目。よく見えないことを表す。夢はそれと冖(おおい)および夕(つき)を合わせた字で,よるの闇におおわれて物が見えないこと。」

とあり,

願望,迷夢,
将来実現したい願い,

といった意味は,元々の漢字には含まれない,わが国でのみの意味となるようだ。『岩波古語辞典』にも,夢の比喩として,

はかない,ふたしかなもの,

の意までしかない。また,『大言海』も,同じで,

夢の如く,

という意味までしか広げていない。これは臆測だが,英語dreamには,のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア

「I Have a Dream」

というように,

実現したい理想,

という意味がある。「夢」つながりで,「夢」の含意にそれが加わって使われるようになったのは,英語のdreamのせいではないか,という気がする。

「ゆめ」の語源は,『広辞苑』『古語辞典』ともに,

イメの転,

とする。『大言海』も,

寝目(イメ),又は寝見(イミ)の転,

とする。『岩波古語辞典』『大言海』には,「いめ」の項に,

夢,

が載る。『大言海』は,

「寝見(イミ)の約。沖縄にては,今も,イメ,イミと云ふ」とある。

『日本語源広辞典』も,

「『イ(寝)+メ(目)』

とし,

「イメが,時代を経て,ユメになったものです。寝た目に映るものが夢です。上代には,イメで,ユメの使用例はありません。」

とある。「寝目(イメ)」ないし「寝見(イミ)」が大勢派だが,『日本語源大辞典』には,その他,

イメ(寝用)の転(卯花園漫録),
イミネの略転か(日本釈名),
ユはユウベ(夕),ミはミル(見る)の意(和句解・日本釈名),
ヨルミエの反(名語記),
ユはユルム,しまりのない事を目で見る意から(日本声母伝)

と,諸説載るが,いずれも,

夜見る,
寝て見る,

という含意の解釈の誤差にすぎないようだ。だから,夜見る夢以上の意味の拡大は見られない。しかし,『岩波古語辞典』には,

「夢は予兆として神秘的に解釈され,信じられることが多かった」

とあるから,

予兆夢,

として,未来へ投影される含意が,「ゆめ」という言葉にはあったので,

Dream,

の願望の意と重なる余地があったのかもしれない。因みに,『江戸語大辞典』にも,

夢助,
夢三宝,
夢は五臓のつかれ,

等々の言い回しに見るように,夜見る夢の意しか載らない。

参考文献;
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)


ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:24| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください