2017年09月18日

一点張り


「一点張り(いってんばり)」というのは,

賭博で,同じところにばかり賭けること,
他を顧みず,思い込んだことを頑固に押し通すこと,

という意味になる。
知らぬ存ぜぬの一点張り,
分からないの一点張り,

という使い方をする。通常,前者の賭博という特定分野での用例が,一般化したと見るのが常識かもしれない。『広辞苑』『デジタル大辞泉』『大辞林』も同様に説明する。『語源由来辞典』

http://gogen-allguide.com/i/ittenbari.html

も,

「近世後期の博打用語。 さいころ博打や花札などで、同じところばかり賭け続けることを『一点張り』と言った。 そこから、他の事をかえりみず、ひとつの事だけを押し通すことを 言うようになった。『仕事一点張り』と言えば『仕事ばかりしてつまらない人』といった意味。『仕事一筋』と言う場合は『ひたむきに仕事をする人』といった意味で使われるように、普通、『一点張り』にはマイナスの要素が含まれ、『一筋』にはプラスの要素が含まれている。」

とするし,『由来・語源辞典』

http://yain.jp/i/%E4%B8%80%E7%82%B9%E5%BC%B5%E3%82%8A

も,

「もとは、花札やサイコロなどの賭け事で、同じところばかりに賭けることを『一点張り』と言った。そこから、他の事をかえりみず、ひとつの事だけを押し通すことを言うようになった。一点張りはあまり賢い賭け方とはいえず、この言葉は良い意味ではあまり用いられない。」

とする。『江戸語大辞典』も,

「一事物にのみ心を注ぐこと。また,強情なこと。また,賭博用語で,同じ所にばかり賭けること。」

とし,『日本語源広辞典』も,

「『一点(一つの所)+張り(賭け札を張る)』です。丁か半かどちらか,一方ばかりに賭ける意です。」

とする。この語は,『岩波古語辞典』『大言海』には載らない。

しかし,丁半賭博なら,

一つのことにこだわって,反か丁を頑固に押し通す,

のが,まったく理にかなっていないわけではない気がする。一般には,たとえば,コイン投げで,

「100 回コイントスして表が最大 5 回連続して出る確率は 26% ・ 100 回コイントスすると、表が最大 6 回ぐらい連続して出る(逆に 6 回連続して表を出すには 100 回コイントスすればよい ) ・ 100 回コイントスすると、表または裏が最大 7 回ぐらい連続して出る」

と言われる。もちろん,プロは,自在に賽の目を操れるらしいけれども。

ある意味,「一点張り」の類語を見ると,

一本槍(一途,ひたすら,一向,一辺倒,真一文字,一筋),

といった,そのことだけしか眼中にないという,状態表現があり,

終始一貫(頑固,粘り強い,性懲りもない,不退転,首っ引き,ワンパターン,心を奪われる),

といった,そのマインドのある面では強さと,頑なさを示す,価値表現となり,さらに,

相手の言うことを素直に聞かないさま(意見を聞かない,聞き分けのない,分からず屋,片意地な,意固地な),

と,相手から見たときの手に余る拒絶感といった,価値表現へとなり,さらには,

頑として撥ねつける硬直さ(非妥協的な,不退転,不服従,容赦のない,強腰)

といった,壁のように立ちはだかるといった,価値表現をも含む。

これは,「一点」というピンポイントを,絶対に譲らないということの,良い悪いは別とした,姿勢への周囲の評価といっていい。

「張る」は,『岩波古語辞典』には,

「糸・綱・布・網などで作られたものを,ぴんとたるみなく引きわたし拡げるのが原義」

とある。『日本語源広辞典』は,

「本来の二音節語『ハル(張)』です。伸ばし,広げる,ふくれる意です。糸をハル,テントをハル,根がハル,腹がハル,氷がハル,勢力をハル,のハルです。また,障子をハル,のハル(貼)などのハルも同源です。広げのばし,糊などで貼り付けることをいいます。漢語の貼付の意です。」

とある。漢字の「張」は,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/453524007.html?1505592049

で触れたように,

「長は,長く頭髪をなびかせた老人の姿。張は『弓+音符長』で,弓に弦を長く伸ばしてはること。ピンと長く平らに伸びる意を含む」

で,

ぴんと伸ばす,

という含意は同じである。『大言海』は,「はる(張)」を,三項に分けて載せる。

広く開く(開帳,凍結等々),
広く開き延ぶる(広げる,引き延べ渡す等々),
張りて付ける(貼る等々),

と区別している。しかし,どうやら,「一点張り」の,多義性は,

張る,

という言葉のもつ,

ぴんと張る,
たるみなく伸ばす,
ふくらます,
一面に満ちふさがる,
緊張させる,
突き出る,

等々の含意をまとわせていることがよく分かる。

参考文献;
https://matome.naver.jp/odai/2134715343486868701

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:56| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください