2017年10月09日

たしなむ


「たしなむ」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/397596781.html

で触れた。語源は,

タシナム(堪え忍ぶ)の変化,

だという。転じて,

深く隠し持つ,
常に心がける,
謹む,
遠慮する,
身辺を清潔にする,
有ることに心を打ちこむ,

といった意味になる,とある。ニュアンスは,嗜みは,

身につけておくべき芸事の心得を指し,「素養」よりも技術的な側面が強い,

とある。では,素養はというと,

日ごろから修養によって身につけた教養や技術を指し,「心得」や「嗜み」に比べ,実用面より知識に重きを置く,

とある。では,教養はというと,

世の中に必要な学問・知識・作法・習慣などを身につけることによって養われる心の豊かさを指す,

とある。どうも,心映えに関わる気がする。心映えについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/388163582.html

で触れたが,心ばえも,

心延えと書くと,

その人の心が外へ広がり,延びていく状態をさし,

心映え

と書くと,「映」が,映る,月光が水に映る,反映する,のように,心の輝きが,外に照り映えていく状態になる。心情的には,

おのずから照りだす,

心映え

がいい。つまり,内側のその人の器量が,外へあふれて出るよりは,おのずから照りだす,というのが,

嗜む,

というつつましさに似合っている。どうも,嗜みは,教養,素養,作法よりも,それをもっているとは言わなくても,そこはかとなく滲み出てくる,そんなニュアンスである。

「たしなむ」は,実は,

嗜む,

の他に,

窘む,

とも当てる。漢字を先に見ておくと,「嗜」の字は,

「耆(キ)は『老(としより)+旨(うまい)』の会意文字で,長く年がたって深い味のついた意を含む。旨は『匕(ナイフ)+甘(うまい)』の会意文字で,ナイフを添えたうまいごちそう。嗜は『口+耆』で,深い味のごちそうを長い間口で味わうこと。旨(シ)と同系のことばだが,『主旨』の意に転用されたため,嗜の字でうまい物を味わうという原義をあらわした。」

とあり,

それに親しむことが長い間の習慣になる,

という意味となる。「窘」の字は,

「『穴(あな)+音符君』。君は(尹は,手と丿印の会意文字で,滋養下を調和する働きを示す。もと,神と人との間をとりもっておさめる聖職のこと。君は『口+音符尹(イン)』で,尹に口を加えて号令する意を添えたもの。人々に号令して円満周到におさめるひとをいうので)丸くまとめる意を含む。穴の中にはいったように,まるく囲まれて動けないこと」

で,

「外を取り囲まれて,動きが取れなくなる,自由がきかないさま」

の意となる。『大言海』は,「たしなむ」を,四項目立てている。

まず,

「窘む」

と当てて,

「足無(たしなみ)の意か」

とした上で,

窮して,苦しむ,
研究す,

の意味を載せる。次は,

矜持,

と当てて,

行儀の正しからむやうにする,

の意を載せる。その次に,

嗜む,

と当てて,

「窘(たしな)みて好む意か」

とし,

たしなむ,好む,
転じて,予(かね)て心掛く,
戒む,
つつしむ,

の意を載せる。そして,最後に,

窘む,

と当てて,

苦しむ,悩ます,困らす,

の意を載せる。どうやら,「矜持」は,「たしなみ」の心がけの延長線上にあるとして,「窘む」と「嗜む」と当てる字を分けて区別しているが,

たしなむ(tasinamu),

という和語が,そもそも端緒としてあるということを思わせる。『岩波古語辞典』には,

「たしなみ」

として載り,

「タシナシの動詞形」

とし,

困窮する,窮地に立つ,
苦しさに堪えて一生懸命つとめる,
強い愛情をもって心がける,
かねて心がけ用意する,
気を使う,細心の注意を払う,
つつしむ,

と意味が載る。「たしなし」を見ると,

「タシはタシカ(確)・タシナミなどのタシ。窮迫・困窮,またそれに堪える意。ナシは甚だしい意」

とあり,

窮迫状態にある,
はげしく苦しい,
老いやつれて病み,また物事に失意のさまである,

という意味になる。ということは,「たしなむ」は,

困窮状態にある→それに堪えて懸命につとめる→困窮にあらかじめ心がける→いましめ,つつしむ,

と,困窮の状態表現から,それに堪える価値表現へと転じ,そういう状態にどれだけ予め備える心がけへと転じ,それを戒めとか慎みといった価値表現まで広げた,という流れになる。そう考えると,

窘む,

と当てた方が,原義に近く,

嗜む,

は,その意味が拡大し,心がけの価値表現へと転じた意味だと知れる。とすると,「嗜む」には,

常に心がける,

という含意があるということになる。『日本語源広辞典』は,

「タシナム(堪え忍ぶ)」の変化です。転じて,深く隠し持つ,常に心がける,慎む,遠慮する,身辺を清潔にする,細かく気を使う,あることに打ち込む」

としている。含意は良く見える。

https://www.waraerujd.com/blank-42

は,

「たしなむ程度の『たしなむ』は、好んで親しむという意味で、『俳句をたしなむ』『お茶をたしなむ』などと用いる。漢字では嗜好品(コーヒーやタバコなど習慣性のある飲食物)の『嗜』を使って『嗜む』と書く。『酒をたしなむ』と言った場合、酒が好きでよく飲むという意味だが、あくまでその味わいや場の雰囲気が好きなのであって、浴びるほど飲んだり、中毒症状を呈したりはしないという意味合いを含む。同様に、酒の飲み方や飲む量について言う『たしなむ程度』も、酒は好きだけれど、多量には飲まない(飲めない)という意味で使う。」

とあるが,ここには,「心がけ」と「つつしみ」の含意を込めてみる必要がある。『由来・語源辞典』

http://yain.jp/i/%E8%BA%AB%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%BF

は,「身だしなみ」で,

「好みや嗜好を表すほか、以前からの心がけ、心構えなどを意味する。」

としているのは妥当だろう。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)


ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:18| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください