2018年02月07日

虎嵎を負う


「虎嵎を負う」(とらぐうをおう)という言い回しがある。見たのは,石川淳『森鷗外』である。

「自分のみじんまくはとうにどこかで附けておいて,外部にむき直ったひとのことばである。作者は檀上に立って咆哮する徒ではないが『北條霞亭』に至るまでの生涯の大事業が陰然とうしろに聳えている。あたかも嵎を負う虎である。」(「古い手帳から」)

因みに,「みじんまく」とは,東京方言(江戸方言かも知れない)という。

身慎莫,

とあてて,

身なりを整えること,とある。みじたく,

と『デジタル大辞泉』にあるが,『江戸語大辞典』にも載り,

身の始末,

の意である。単なる身づくろいではあるまい。「身の始末」という言い方が,この場合ふさわしい。

虎.jpg



「嵎を負う虎」は,一般には,

虎嵎を負う,

という諺として使われる。出典は『孟子』である。前に読んだときには,あまり引っかからず,流したらしい。

「嵎」の字は,

「『山+音符禺(グウ)』で,窪んだ山のくま」

で,隅(すみ),寓(隅に引っ込んだ仮住まい)と同系,とある。

くま,山のくぼんだすみ,

とある。「くま」は,

隈,

道や川などの湾曲して入り組んだ所,

という意味である。
奥まって隠れたところ

という意味だが,「隈」字は,

「禺(グウ)は,頭の大きい人まねざるを描いた象形文字で,似たものが他にもう一つある,の意を含む。隈は『阜(土盛り)+音符禺』で,土盛りをして□型や冂型にかこんだとき,一つ以上同じような角のできるかたすみ」

を指す。

「虎嵎を負う」は,『故事ことわざ辞典』には,

「(『嵎』は,山の折れ曲がった,山ふところのようなところ)虎が山ふところを背にして身構える。英雄が一方に割拠して威力を示すことのたとえ」

とある。

http://nekojiten.com/kotowaza/tora/toraguu.html

には,

「虎が山の一角を背にしてかまえる。転じて、勢力のある英雄が一地方にたてこもって勢いを振るうたとえ。また、非常に勇猛なさま。」

とある。この方がわかりやすい。いわば,ただ,

虎が山の一角を背にしてかまえる,

という状態表現に過ぎなかったものが,それを,転じて,

非常に勇猛なさま,

という価値表現に変えたということだろう。この「負う」は,

http://gaus.livedoor.biz/archives/24229536.html

によれば,

何かを背後にして頼みにする意味,

になる。

実は,『孟子』の原文は,「盡心章句下」23にあり,斉で飢饉があり,陳臻(ちんしん)が,前に先生がしてくださったように,王にすすめて米蔵を開いて,施米をして下さるだろうと頼みにしていますが,二度は出来ないことなのでしょうか,と尋ねたのに対して,孟子が答えた中に出てくる。

孟子曰く、是れ馮婦(ふうふ)を為(まね)するなり。晉人に馮婦といえる者あり,善く虎を搏(てうち)にせり。卒(のち)に善士と爲りて野に之(ゆ)けるとき,衆虎を逐(お)えるあり。虎嵎(ぐう)に負(ちたの)み,敢て攖(ちか)づくものなし。馮婦を望み見て,趨(はし)りて之を迎う。馮婦臂を攘(かか)げて車を下る。衆皆之を悦びしも,其の士たる者之を笑えり。

ここでは,馮婦の,

嵎を負う虎,

に素手で立ち向かう振る舞いを喩えに,二度もそんな振る舞いは出来ないと言ったにすぎない。しかし,この孟子が喩えで言わんとしたのは,

馮婦と同様に素手で虎に向かうようで,とうていできない,

という意味なのか,

馮婦と同様に素手では,虎に向かうことははできない,

という含意を込めたものなのか,『孟子』の訳注者(小林勝人)は,括弧つきで,

「(今更このわしが施米をすすめたとて,どうなろう。馮婦の二の舞は御免だ)」

と,訳に付け足している。しかし,もう少し含みのある喩えに思える。

ところで,馮婦の「嵎を負う虎」に向かう振る舞いに,孔子の,

暴虎馮河,

を思い出す。

暴虎馮河し,死して悔いなき者は,吾与にせざるなり。必ずや事に臨みて懼れ,謀を好みて成さん者なり」

と。昨今の勇ましい暴虎馮河な連中に聞かせたいものだ。

参考文献;
小林勝人訳注『孟子』(岩波文庫)
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)
尚学図書編『故事ことわざの辞典』(小学館)
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1

スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8

ラベル:虎嵎を負う
posted by Toshi at 05:11| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください