2018年02月10日

たけなわ


「たけなわ」は,

酣,
闌,

と当てる。

物事の一番の盛り,真っ最中,
少し盛りを過ぎたさま,

といった意味になる。「真っ最中」の意から,転じて「少し盛りを過ぎた」となったとみられる。下から上を見るのと,上から下を見るのと,視点の違いということか。

『時代別国語大辞典上代編』には,

「たけなは[酣]形状言。たけなわ。物事の(主に酒宴の)最中、あるいは盛りを過ぎた状態。『酒酣(たけなは)之後、吾則起歌』(神武前紀)『夜深酒酣(たけなはニシテ)、次第儛訖』(顕宗前紀)『酣タケナハニ・闌タケナハタリ』(名義抄)【考】『酣』は、酒を楽しむ・酒宴最中・盛んなの意。第三例名義抄にみえる『闌』は『言希也、謂、飲酒者、半罷半在、謂之闌』(漢書高帝紀顔師古注)とあるように、盛りを過ぎたさまを表わす。真最中から盛り過ぎという意味の幅は、このような語に自然なものかと思われる。タケナハのタケは日(ヒ)長(タ)クなどのタク(下二段)であろうが、その日長クにも、真昼(朝おそく)をさす場合から、日の傾く夕方を指す場合までがあるようで、タケナハもその例外ではあるまい。」

とあり,「たけなわ」の持つ,盛りと,盛りの陰りとの含意の説明はおもしろい。

「酣」の字は,

「『酉+音符甘(含み味わう,うまい)』。甘は,中に封じ込める意を含む。酒に封じ込められてうまさに酔った状態をいう」

とあり,まさに,

たけなわ,

と同義である。「闌」の字は,

「門+音符柬(カン・ラン ひきしめる,おさえとめる)」。出入りを抑える門の意から,てすり,遮るなどの意に転じ,欄干の欄と同じ」

とある。遮るという意味と同時に,「たけなわ」の意味もあり,古代人は,まさに熟知して,「たけなわ」にこの字に当てた。『大言海』は,

「タケは,長(た)る意,ナハは,オソナハルの類」

とある。「おそなはる」を見ると,

「ナハルは,延びゆく意と思はる,畳(たた)なはる,糾(ただ)なはるなどもあり」

とある。『岩波古語辞典』は,

「タケはタケ(丈・長・闌)・タケシのたけ。高まる意」

とある。『大言海』とほぼ同じである。「たけ」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/443380153.html

で触れたことがあるが,『日本語源広辞典』は,

「身の丈などのタケも,タカ(高・竹)と同じ語源」

とあり,

「長く(タク)は,高さがいっぱいになることの意で使います。時間的にいっぱいになる意のタケナワも,根元は同じではないかと思います。春がタケルも,同じです。わざ,技量などいっぱいになる意で,剣道にタケルなどともいいます。」

とある。『広辞苑』も,「たけ(長・丈)」は,

「動詞「たく(長く)」と同源」と載る。『大言海』には,

「高背(タカセ)の約。長(タケ)の義」

とあり,意味は,

上に長きこと,立てる高さ,
転じて,長さ,
十分の程,あるかぎり(あるたけ),

と意味の変化が載る。『大言海』は,「たく(長)」について,

「高(タカ)の活用,深(ふか)ノフクルの類」

とし,『岩波古語辞典』は,「たけ(長け・闌け)」

「たか(高)の動詞化,髙くなる意。フカ(深)・フケ(更)・アサ(浅)・アセ(褪)の類」

とする。『日本語源大辞典』も,「たけ」については,

タケ(長)の義,

タカキ(高)の義,

の二系統に分かれる。『日本語源広辞典』の言う,

「長く(タク)は,高さがいっぱいになることの意で使います。時間的にいっぱいになる意のタケナワも,根元は同じではないかと思います。」

というように,長さや高さという空間的な表現を時間に転用することは,十分考えられる。『日本語源大辞典』は,

「ある行為・催事・季節などがもっともさかんに行われている時。また、それらしくなっている状態。やや盛りを過ぎて、衰えかけているさまにもいう。最中(さいちゅう)。もなか。まっさかり。」

と長さと高まりとが重なり合うイメージになっていく。そう見て,「たけなわ」の諸説を見ると,

タケは、丈の長くなることをいうタケルから。ナハは遅ナハルなどのナハと同じ〈本朝辞源=宇田甘冥〉,
タケシ(長)の意から〈国語の語根とその分類=大島正健〉,
タケはタク(長・闌)・タケブ・タケルと同根〈小学館古語大辞典〉,
ウタゲナカバの約〈古事記伝〉,

長さとピークになっていく盛り上がりの頂点,という意味では,「たけなわ」には,

長さ,

髙み,

の二重の意味がダブっている。

なお堀井令以知編『語源大辞典』は,

「古事記伝の説、ウタゲナカバの略からとするのはいかがであろう。」

と疑問を呈しているとか。

参考文献;
http://tatage21.hatenadiary.jp/entry/2016/02/16/012653
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1

スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8

ラベル:たけ たけなわ
posted by Toshi at 05:19| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください