2018年04月12日

サツキ


「サツキ」は,

皐月,

と当てる。

R-indicum_satsuki_blossom.jpg

(サツキ(園芸品種)の花 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%84%E3%82%AD


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%84%E3%82%AD

には,

「サツキ(皐月、学名:Rhododendron indicum)はツツジ科ツツジ属に分類される植物で、山奥の岩肌などに自生する。盆栽などで親しまれている。サツキツツジ(皐月躑躅)、映山紅(えいさんこう)などとも呼ばれており、他のツツジに比べ1ヶ月程度遅い5~6月頃、つまり旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われている。」

とある。「皐(皋)」(コウ[カウ])の字は,象形文字で,

「皋は『白+大+十(まとめる)』で,白い光のさす大きな台地を表す。明るい,髙い,広がるなどの意を含む。皐はその略体。」

とあり,

「さわ(沢)」や「沼」,「五月」を意味する。

https://okjiten.jp/kanji2606.html

には,

「『白い頭骨と四本の足の獣の死体』の象形から、『白く輝く』の意味を表し、それが転じて(派生して・新しい意味が分かれ出て)、水面の白く輝く『沢』、『沼』を意味する『皐』という漢字が成り立ちました。」

とあり,少し解釈が違うが,「沼」の意味は,その由来がわからない。「皐然(こうぜん)」と言う言い方があり,「声を伸ばして大声で叫ぶ」という意味もあり,「皐門(こうもん)」という言い方で,「高い」意味もある,とある。

k-2606.gif



その「皐」を当てた,「サツキ」は,『語源由来辞典』

http://gogen-allguide.com/sa/satsuki_ki.html

に,

「サツキは、『サツキツツジ』の下略。サツキは他のツツジに比べ花の咲く時期が遅く、陰暦の五月の 頃に咲くツツジということから、月の名『皐月』が転用されたものであるが、月名の『皐月』は耕作に由来し、田の神に祈るため苗代に挿す花もサツキであるところから、五月に咲くというだけでなく、農民との関わりの深さも名前の由来に関係していると考えられる。」

とある。「田植え」神事と皐との関わりをうかがわせるのは,

https://ameblo.jp/taishi6764/entry-12150689917.html

に,

「田植えをするのは女性の仕事で、忌みごもりをして身を清めた早乙女たちが一列に並んで田に入り、苗代から取り分けた早苗を本田に植え替えていったという。では、なぜ忌みごもりをして身を清めた早乙女が田植えをするかというと、田植えは、実際の農作業であると同時に、田の神の祭りを行う大切な行事だったのです。
早乙女のサも早苗のサも、稲の穂を表していると言われている。
女の物忌みとして、田を植える五月処女(サウトメ)を選定する行事は、卯月の中頃のある1日に「山籠り」として行われる。こうして、山から下りる時には、躑躅(ツツジ)の花をかざして来る。山籠りは、昔は全村の女が村を離れて、山籠りをした。
皐月の田植え前に、五月処女(サウトメ)を定める為の山籠りをしたのである。この山籠りの帰りに、処女たちは、山の躑躅を、頭に挿頭して来る。此が田の神に奉仕する女だと言ふ徴(シルシ)で、処女が花を摘みに行って、花をかざして来る事は、神聖な資格を得た事であって、此時に『成女戒』が授けられるという。」

とあることである。折口信夫の『花の話』には,同趣のことが載る。

「女の物忌みとして、田を植ゑる五月処女(サウトメ)を選定する行事は、卯月の中頃のある一日に『山籠り』として行はれる。さうして、山から下りる時には、躑躅の花をかざして来る。山籠りは、処女が一日山に籠つて、ある資格を得て来るのが本義である。けれども、後には、此が忘れられて、山に行き、野に行きして、一日籠つて来るのは、たゞの山遊び・野遊びになつてしまうた。『山行き』といふ言葉は、山籠りのなごりである。かうして山籠りは、一種の春の行楽になつて了うたが、昔は全村の女が村を離れて、山籠りをした。即、皐月の田植ゑ前に、五月処女サウトメを定める為の山籠りをしたのである。
此山籠りの帰りに、処女たちは、山の躑躅を、頭に挿頭カザして来る。此が田の神に奉仕する女だと言ふ徴シルシである。そして此からまた厳重な物忌みの生活が始まるのである。此かざしの花は、家の神棚に供へる事もあり、田に立てる事にもなつた。此が一種の成り物の前兆になるのである。」

陰暦五月,田植えの時期,それを「皐月」というのにも,その時の頭にかざす花(サツキツツジであろう)を,「サツキ」というには,深いつながりがある。

参考文献;
http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/46314_25549.html
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 03:51| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください