2018年04月22日

つばさ


「つばさ」は,

翼,

と当てるが,「はね」との違いについて,

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BC

は,

「日本語では、『鳥の翼』(英語: wing)を表す言葉には『つばさ(翼)』『はね(羽)』の2語があり、いずれも万葉集より用例がある。
葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆ (13#3345)
梅が枝に鳴きて移ろふ鴬の羽白妙に沫雪ぞ降る (10#1840)
『つばさ』がもっぱら『鳥の翼』の意味であったのに対し、『はね』はより広い語義をもち、『昆虫の翅』を指すのにも用いられる。さらに、『矢羽根』『赤い羽根』『羽根ペン』というように、『羽根』と書けば 英語: feather の意味になる。英単語 feather 『羽根』がギリシア語 pteron 『翼』と同じ語源をもち、古くは複数形で『翼』を意味したことからも分かるように、『翼』と『羽根』とは互いに距離の近い概念であると言えよう。」

としている。「はね」は,

羽,
羽根,
翅,

と当てる。「翼」(漢音ヨク,呉音イキ)は,

「原字はつばさを描いた象形文字。のちそれに立をそえて,つばさを立てることを示す。竓(ヨク つばさ)はその系統を引く字。翼は『羽+音符異(イ)』で,ひとつのほかにもうひとつ別のがあるつばさ」

とある(『漢字源』)しかし,


k-1455.gif
https://okjiten.jp/kanji1455.htmlによる)

https://okjiten.jp/kanji1455.html

は,

「『鳥の両翼』の象形と『人が鬼払いにかぶる面をつけて両手をあげている』象形(「敬い助ける」の意味)から、
『両翼・つばさ』を意味する『翼』という漢字が成り立ちました。」

とする。いずれかの判断はつきかねるが,「ふたつ」の意味で,『漢字源』のように思える。

「羽」(漢呉音ウ)の字は,

「二枚のはねをならべたもの」

で,両翼の象形文字。この字は,虫の羽根の意でも使う。

k-227.gif
https://okjiten.jp/kanji227.htmlより)

「翅」(漢呉音シ)の字は,

「羽根+音符支(江田まっすぐで短い)」

で,「鳥・昆虫」のまっすぐ伸びた短い羽を意味する。魚の鰭の意もある。

Wing_of_the_sparrow2.jpg
(スズメの翼。揚力を発生させる構造を見ることが出来る https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BCによる)

さて,「つばさ」の語源であるが,『日本語源大辞典』は,

トブサ(鳥総)の転か(名言通・和訓栞・大言海),
鳥羽総の義(日本語源=賀茂百樹),
トブフサデ(飛房手)の義(日本語原学=林甕臣),
ツヨキハサキの義か(和句解),
ツは鳥に関する名称に付ける接頭語。ハサはハサキ(羽先)の略か(万葉集類林),
ツラハ(連羽)の義(言元梯),
ツバフサ(強羽総)の約(日本古語大辞典=松岡静雄),
鳥をハサムの義から(日本釈名),

と諸説挙げるが,決め手がない。『日本語源広辞典』は,

「ツ(鳥)+フサ(総)」。鳥の総の意,
「ツ(飛)+フサ(総)」。飛ぶための総の意,

の二説を挙げる。確かに,

とり

の項で触れたように,「とり」は,『ト』は『飛ぶ』の意味で,

「ト(飛ぶ)+り(接尾語)」

なのだとすれば,「とり」の「と」が「つ」転訛,たとえば,

tobusat(飛ぶ)→tubasa(翼),

という転訛はなくはないが,むしろ「つばめ」

http://ppnetwork.seesaa.net/article/458420611.html

で触れた『日本語の語源』が,「つばめ」の音韻変化説を,

「『黒む』という動詞は『黒くなる。黒みを帯びる』という意味である。…春来て秋帰る燕は人家に巣くってかくべつ馴染みの深い小鳥であるが,大昔の人はこれをツバサクロム(翼黒む)鳥と呼んだ。『サ』を落としたツバクロムは『ロ』の母音交替[oa],『ム』の母音交替[ue]の結果,ツバクラメに転音した。(中略)さらに語尾を落としてツバクラ・ツバクロになった。(中略)ツバクラメの省略形がツバメである。(中略)筑後久留米(浜荻)・広島・愛媛・佐賀・長崎・香川県では,最古のツバサクロム鳥の省略語として,燕のことをツバサと呼んでいる。」

として,ツバメの転訛としての「ツバサ」の方が,無理に接頭語や言葉合わせをするよりも,飛ぶものの代表として「つばめ」が妥当かどうかは措くとして,興味が引かれる。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95


ラベル: 羽根
posted by Toshi at 04:08| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください