2018年06月11日

あおる


「あおる」は,

煽る,

と当てるが,

風や火の勢いで物を動かす,
物を前に進めようと手や足を動かす,
そそのかす,
鐙で泥障(あおり)を蹴って馬を急がせる,
写真撮影で低い位置からカメラを上向きにする,

等々の意味がある。『由来・語源辞典』

http://yain.jp/i/%E7%85%BD%E3%82%8B

は,「煽る」の語源を,

「もとは、乗馬で、鐙(あぶみ)で障泥(あおり)を蹴って馬を急がせることをいった。障泥は、馬の両脇腹を覆う革製の泥除けのこと。」

とする。『岩波古語辞典』も,「あふ(煽)り」の項で,

鐙で馬の原を蹴って進ませる,
風などが吹き動かす,

と意味を並べている。『日本語源大辞典』も,

「鐙で馬の泥障(あおり)を蹴って急がせる」

と載せる。「あおり」は,

障泥,
泥障,

と当てる。「泥障」は,

鞍の下に切付(きりつき)・肌付(はだつき)という韉(したぐら)を載せる。泥障は革製のものを言い,切付が小型化したため,鐙は重みで内屈して乗りにくくなるので,それを支えるために堅い革板を垂れたのが始まりであり,また鐙で馬に合図するのに,重い鐙で馬腹を傷つけるのを防ぐために付けた,

とされる。室町時代末期,つまり戦国期に流行した,という。しかし,『大言海』は,「あふる」について,

「あふる(翻る)」 あふぐ(扇ぐ)の自動詞。風に吹かれて動く,
「あふる(煽る・翻る)」 「あふ(翻)るの他動詞。吹き動かす。
「あふる(足触る)」乗馬して両の鐙にて馬の両脇を挟み打つ,

と,別項を立てる。「あふる(足触る)」は,

「足触(あしふ)るの略(足塞(なへ)ぐ,あなへぐ)。名詞形に足觸(アフリ,障泥と云ふ,四段活用の,触るなり。自動を他動に用ゐる…,アオルと発音するは,倒(たふ)る,たおる。扇(あふ)ぐ,あおぐの例なり)

とある。

105760.jpg



『日本語源大辞典』に,「あおる(煽る)」の語源は,

アシフル(足振)か(名語記),
アシフル(足觸)の略(大言海),

「あおり(泥障)」の語源は,

アオ(煽)ルの連用形から(広辞苑),
アフル(足触)の名詞形(名語記・東雅・大言海),
アブミスリの中略であろう(類聚名物考),
アハリ(足張),またはアヲリ(足折)の義(日本釈名),
馬に乗る時のに足を折りかがめる意のアヲリ(足折)からか(和句解)

等々あるが,普通に考えれば,

アフル(足触),

だろう。しかし,それと,

あおる(煽る),

という言葉の,

風や火の勢いで物を動かす,
物を前に進めようと手や足を動かす,
そそのかす,

という意味とはつながらない。腹を蹴って,馬に合図するのは,進めという意ではあっても,必ずしも「煽る」意ではない。「煽」(セン)字は,

「扇は,『戸+羽』の会意文字で,門に付けられた羽のような扉をあらわし,扉に似た形をしてぱちぱちと風をあおるうちわもあらわす。煽は『火+音符扇』で,火をあおること」

で,明らかに,

扇ぐ,

意である。それなら,

煽る,

に通じる。『日本語源広辞典』は,

「アフル(風を起こして物を動かす)です。」

とし,それが,

呷る,

にも通じるとする。これが正解だろう。因みに,「アオリイカ」の「アオリ」とは,

泥障,

の意である。「幅広いヒレ」が泥障(あおり)に似ているからとか。

萊氏擬烏賊.jpg



参考文献;
笠間良彦『図説日本甲冑武具事典』(柏書房)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:42| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください