2018年06月12日

逐電


逐電は,『広辞苑』に,「ちくてん」で載り,

「チクデンとも。稲妻を追いかける意」

とあり,『デジタル大辞泉』には,

「古くは『ちくてん』とも。」

とある。今日だと,

行方をくらます,

意で用いることが多いが,

極めて早く行動すること,

という意味も載る。『岩波古語辞典』には,「ちくてん」で,

「電光を逐(お)う」

とある。「逐電」の「逐」(漢音チク,呉音ジク)の字は,

「『豕(いのしし)+辶(すすむ)』で,いのししを追いつめることを表す。」

で,あとをつけて一歩一歩追いつめる,という意味である。

「電」(漢音デン,呉音テン)の字は,

「原字は申で,いなずまの姿をえがいた象形文字。のち『臼(両手)+|(のばす)』の会意文字。電は『雨+音符申(のびる)』で,さっと長くのびるいなづま」

を示し,稲妻,雷の光,を意味する。つまり,逐電は,

雷光を逐う,

という意であり,そこから,

極めて早く行動すること,

とつながったと思われる。『字源』は,「逐電」を,

電光を遂ふ如く極めて早し,

としている。これが原義と思われる。因みに,「逐う」の類語は,

追う,

だが,「追う」は,

逃げるものを追いかけ捕える義,

とあり,「逐う」は,

此の方より,物をおひ払う義。駆逐と連用す。逐臣とは,国外へ,逐ひ払ひたる臣を云ふ。また追と同じくものを追い回す義にも用ふ」

とある。「逐」には,「放逐」とか,追放の含意があることは,着目していい。

なお『大言海』には,こうある。

「相馬の語に起こる。劉勰,新論『九方諲之相馬也,雖未追風逐電,絶塵滅影,而迅足之勢固已見矣』。朱子題跋『天馬脱銜,追風逐電』」

「新論」は,北齊·劉晝「新論·知人」らしい。これを見る限り,

追風逐電,

と対句になってしいて,とかく迅速であることを言っているようだ。

追風逐電

が成語であるらしく,

https://tw.18dao.net/%E6%88%90%E8%AA%9E%E8%A9%9E%E5%85%B8/%E8%BF%BD%E9%A2%A8%E9%80%90%E9%9B%BB

形容速度極快,多指馬飛速賓士,

と釋義が載っている。

追風逐日,

とも言うらしい。この限りでは,迅速さを言うのみだから,

御使逐電帰参,

という用例が載る。「逐」の字の持つ,

追放,

の含意のせいだろうか,

http://railway.cocolog-nifty.com/hyogen/2010/03/post-ebf6.html

に,

「逐 は『追いかける』意なので、逐電 は『稲妻を追いかけるごとく素早く逃げる』語意になるのだが、これとて『逃げる』という意味はこの二文字のどこにもないわけで、実際もともとの中国の用法では『逃げる』の意は含まれない。だからこれは、日本での慣用によってたまたま定着した意味なのであろう。」

とあるように,日本では,

「未だ了(をは)らざるに成通卿逐電」

と,逃げる意に転じている。「逐」には元々「追う」意であり,せいぜい追い払われる意があっても,逃げるでは,180度変わっている。この転換は,視点が,

追われる,

という状態表現から,主体の,

逃げる,

という表現に転換しているところも,面白い。

なお,類義語「駆落ち」については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/436373236.html

で触れた。この「駆落ち」も,本来,

戦いに負けて他所へ逃げ走ること,没落,

という意味なのに,逃げる意味が,

「恋し合う男女が連れだって密かに他の地へ逃亡すること」

へと転じている。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:20| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください