2018年07月19日

かこつ


「かこつ」は,

託つ,
喞つ,

と当てる。

「無聊を託つ」

の「かこつ」である。「託」(タク)の字は,

「乇(タク)は,植物の種がひと所に定着して,芽をふいたさまを表す会意文字。ひと所に定着するという意味を含む。家を建ててそこに定住するのが宅(タク)である。託はそれを音符とし,言を加えた字で,言葉で頼んでひと所に預けて定着させること」

であり,「たよりにする「かこつける」「ことよせる」という意味である。「喞」(漢音ショク・シツ,呉音ソク・シチ)の字は,

「『口+音符即』。激しい鳴声を表す擬声語」

で,「喞喞(ショクショク,ソクソク)」で,虫などがちっちっとしきりに鳴く声で,そこから,嘆息の声の意。嘆く意から当てたのだろか。我が国だけの使い方である。

「かこつ」は,

他のせいにする,口実とする,
自分の境遇などを嘆く,愚痴をこぼす,

という意味になる(広辞苑)が,『岩波古語辞典』をみると,

口実とする,
相手に言いがかりをつけて責める,
相手に愚痴・不平を言う,
関係があるとして,相手に寄りかかって頼みとする,

という意味がある。これは,「かこつ」の由来に起因する。『岩波古語辞典』には,

「カコトの動詞化,相手に関係があるとして,自分の行為の口実にし,また相手に原因や責任をかぶせるように言うのが原義」

とある。「かこと」は,

託言,

と,『岩波古語辞典』にはあり,

「物事の原因・理由・責任を他人や他のことにかこつける言葉の意」

とあり,

言い訳,口実,
(関係ありとする)非難,言いがかり,
不平,愚痴,

の意味である。『大言海』は,「かこつ」を,

「假言(かこと)の末音を活用せしめたる語。独語(ことりごと)をヒトリゴツ,告言(のりごと)をノリゴツとする,同例」

としているが,「託言」(かごと)をみると,

「假言(かりごと)の略。誓詞(ちかひごと),ちかごと,同例」

としているので,『岩波古語辞典』と同じである。「かごと(託言)」の意味を,

かこつける言,

つまり,

言寄せる
何かのせいにする,
かずける,

のが原義で,転じて,

嘆き言う,
侘び思う,

と『大言海』がしているのが,意味の流れとして正確なのだろ。「假言」とは,

かずける,

つまり,

被ける,

人の頭に被らせる,

である。遅刻を電車の遅れに被けるみたいなものである。それは,「口実」であり,「嘆き」に転じても,どこか人のせいにしている含意が残る。

「かこつける」という言い方を,今日ではすることが多い。「かこつく」の口語である。『岩波古語辞典』は,

「カコチツケの略」とするが,『大言海』の,

假言(かごと)付くの略,

とするのと同じであると思われる。「志不可起」「亮々草子」も「假言付く」としているようだ(『日本語源大辞典』)し,『日本語源広辞典』も,

カコツ(仮言・託言)+クの下一段化」

と,ほぼ重なる。つまりは,「被ける」である。

こうみてみると,

無聊を託つ,

は,ただ嘆いているというよりは,無聊に託けて,何もしていない自分を言い訳している,という含意があるように思えてくる。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:00| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください