2018年10月09日

オトリ


「おとり」は,

囮,

と当てる。

他の鳥獣を招きよせてとらえるための鳥獣,

の意とあり(『広辞苑第5版』),これだと意味が分かりにくいが,

鳥や獣を捕らえようとするとき、誘い寄せるために使う同類の鳥・獣,

だと,その意がよく通じる(『デジタル大辞泉』)。

椋 (むく) の木におとり掛けたり家の北,

という子規の句があるそうである。

この意をメタファに,

他の者を誘いよせるために利用する手段,

という意に広がったらしい。

媒鳥,

とも当てるらしいので,分かりやすい。『広辞苑第5版』には,

ヲキとリ(招鳥)の略か,

と載る。鳥獣というより,鳥を捕える手段だったのではないか。『大言海』には,

「招鳥(をきとり)の略。説文『率鳥者,繋生鳥以来之,名曰囮』」

とあり,

「鳥を繋ぎ置きて,他鳥を誘い捕ふるに用いるもの」

とある『倭名抄』には,

「媒鳥,少養雉子,至長狎人,能招引野雉者,乎度利」

とあり,『字鏡』には,

「囮,袁止利,鳥以呼鳥」

とあり,『東雅』には,

「囮,テテレ,云々,テテレとは,トトリト云ふ語の轉ぜしに似たり。ヲトリと云ふは,招引之義なるに似たり」

とあり,いずれも,鳥,あるいは特定して雉としているので,鳥を捕える手段であったらしいことがわかる。

餌の意で,人を引き寄せる手段という意味に転じたのは,江戸時代と思われる。『大言海』には,『東海道中膝栗毛』(享和)の,

「兩側より,旅雀のヲトリに出しておく留女の顔…」

と,遂に人を招く「招鳥」に使われるようになる。

d1107d1.jpg



『日本語源広辞典』も,

「オキ(招くの連用形)+鳥」の音韻変化,

とする。「招き」は,

「神や尊重するものなどを招きよせる」

とある(『岩波古語辞典』)。

正月(むつき)立ち春の来たらばかくしこそ梅を招(を)きつつ楽しき終へめ,

という万葉集の歌があるらしい。この含意と,「をとり」(囮)のいみとは,どうも重ならない気がするが,

招餌(をきえ),

という言葉があり,

鷹を招きよせる餌,

とあり(大言海),

拾遺集の,

「おしあゆ,『はし鷹のをきゑにせんと構へたる,オシアユがすな,鼠とるべく』」

の例があり,やはり,「招(おき)鳥」だと納得する。ただ,オトリにするにしても,その仕方で,

鳥の脚に緒をつないで,余鳥を捕える媒とすることから,ヲトリ(緒鳥)か(言元梯),
ヲトリ(雄取)の義(和訓栞・柴門和語類集),
ヲソトリ(偽鳥)の義か。ヲソは野鳥の義(名言通),

等々の異説もある。

なお,「囮」(カ,ガ)の字は,まさに「他の鳥を招きよせるため籠に入れて見せびらかす飼い鳥」の意。

「会意兼形声。化は,立ったひとがしゃがんだ形に姿を変えたことを示す会意文字。囮は『囗(かこい)+音符化』で,姿を変えて相手をだますオトリを,かこいの中に入れたことを表す」

である。

偽客の意のサクラについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/439884163.html

で触れた。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:オトリ 媒鳥
posted by Toshi at 04:40| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください