2019年09月04日

あくせく


「あくせく」は,

齷齪,
偓促,

と当てる。「齷齪」の訓み,

あくさく,

の転訛である。だから「齷齪」は,

あくさく,
あくそく,
そそくさ,

とも訓ませる。そのせいか,

あくせく 83.8%
あくそく  9.5%
あくさく  5.4%
そそくさ  1.4%

と,訓み方がわかれる(https://furigana.info/w/%E9%BD%B7%E9%BD%AA)。「あくせく」への転訛は,

「『あくさく』から『あくせく』の音変化は、『急く(せく)』からの類推と思われる」

とする説もある(語源由来辞典)。

心が狭く,小さなことにこだわること,
休む間もなくせかせかと仕事などをすること,

の意である。「齷」(アク)は,

「会意兼形声。『齒+印符屋(つまる,ふさがる)』。歯の間がせまくつまっていること」

とある(漢字源)。「つまってちいさいさま」の意である。「齪」(サク,セク)は,

「会意兼形声。『齒+音符足(=促 せかせかする,間が狭い)』」

とあり(仝上),せまい,せせこましい,という意味である。「齷齪」は,

歯の細かく密なる義,

転じて,心が狭し,こせつく,

という意味が転じた(字源)とある。つまり,歯の間の狭いというだけの状態表現が,「こせこせ」「あくせく」と価値表現へと転じたことになる。さらに,

細かいことを気にして落ち着かないさま,

目先のことにとらわれて,気持ちがせかせかする,

と,その価値表現の幅も広い。要は,

せっついている,

ということである。中国語では,さらに,

汚い,不潔な,
卑しい,卑怯な,
度量が狭い,

と,その貶め方がきわまるらしいhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E9%BD%B7%E9%BD%AA。笑える国語辞典にも,

「現代中国語では、やはり『齷』も『齪』も『齷齪』にしか使わず、こちらは『汚れている、汚い』という意味で用いられているようである」

とある。

大言海は,「あくさく」の項に,

「六書故『人之曲(こまかに)謹者,曰齷齪』。集韻『齷齪,迫(せまる)也』。アクセクと訛りて,普通語となれるは昔教科書なりし,文選より出しならむ」

とある。文選には,

「小人自齷齪,安(いずくんぞ)知嚝士懐(おもひ)」(嚝士は,心嚝き人なり)

とあるとか(仝上)。

「齷齪」は,和語でいうと,

こせつく,

だが,これは,擬態語,

こせこせ,

から来ている。「こせこせ」は,

コ(小)セ(狭)の繰り返し(日本語源広辞典),
コセはコソ(小狭)の意(大言海),

らしく,鎌倉時代から見られる。

「意味は,…(どうでもよい細かなことにこだわったり,些細な事を必要以上に気にしたりするなど,気が小さく,考えや行動にゆとりや落ち着きが無い様子)。『栂尾明恵上人遺訓』に『こせこせと成ける者哉と』ある。この『こせ』をもとに鎌倉・室町時代には『こせがむ』『こせびる』『こせめく』など,細かなことにこだわる意の動詞が現れた。今日の『こすい』『こすっからい』のもとの形容詞である『こすし』も室町時代からみえる」

とある(擬音語・擬態語辞典)。

参考文献;
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 03:47| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください