2019年09月20日

瓢箪鯰


「瓢箪鯰」は,

ひょうたんで鯰を押さえる,

という諺の名詞化,

つかまえどころがないもの,

の意である(広辞苑)。正確には,

ぬらぬらしてなかなかつかまえることのできないこと,

転じて,

ぬらりくらりとして要領を得ないさま,

の意とある(精選版 日本国語大辞典)。

まるく滑らかな瓢箪でぬるぬるした鯰をとらえようとする,

を喩えとして,

とらえどころのないこと,要領ををえないこと,

を言う(故事ことわざ辞典)のに使う。江戸語大辞典には,

瓢箪で鯰を和える,

という言い回しも,同趣と載る。

「世の中の事は万事胡蘆子(ひょうたん)で鯰をへるが如く」(安永八年・竜虎問答)

とある。「瓢箪」は,漢語で,

瓢(ひょう 瓠、匏とも表記),
瓢瓠(ひょうこ),
胡盧(ころ 葫盧,葫蘆,葫盧,壺盧,とも表記),

とも言うhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%B3。「瓢」(漢音ヒョウ,呉音ビョウ)は,

「会意兼形声。票は『要(細い腰)の略体+火』の会意文字で,火が細く軽く舞い上がること。瓢は『瓜(ウリ)+音符票』で,腰が細くくびれて軽いひょうたん」

とある(漢字源)。「ひょうたん」の意である。「箪」(タン)は,

「会意兼形声。『竹+音符単(タン 平らで薄い)』。薄い割竹であんだ容器のこと」

であり,和語では,

ひさご,
ふくべ,

という。この植物の果実を加工して作られる「ひょうたん」は,

「瓢」の「箪(容器)」

という意味になる(仝上)。

300px-Hyônen_zu_by_Josetsu.jpg

(大巧如拙筆「瓢鮎図」(室町時代)。京都・退蔵院蔵。鮎は鯰 (なまず) 。瓢箪で鯰を押えるという禅の公案図。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%93%A2%E9%AE%8E%E5%9B%B3より。)


「瓢箪」は,

「『瓢』はひさご,『箪』は竹製のまるい飯櫃」

とある(広辞苑)が,日本語源大辞典に,

ひさごとかたみ,

とある。つまり,

「酒などを入れるひさご(瓢)と,飯を盛るかたみ(筺)。『箪』は,竹で編んだ目の細かいかご,すなわちかたみをいう」

とある。この本来「瓢」と「箪」は別物である。大言海は,「へうたん」の項で,

「簞(タン)は,竹の組籠なり,簟(テン)にあらず,一簞食一瓢飲を,朗詠集に瓢箪屡空と熟語に用ゐたるより,一物に誤用す」

とする。「一簞食一瓢飲」とは論語で,顔回を評した言葉。

子曰。賢哉回也。一簞食。一瓢飮。在陋巷。人不堪其憂。回也不改其樂。賢哉回也(子曰、賢なるかな回や。一箪(いったん)の食(し)、一瓢(いっぴょう)の飲(いん)、陋巷に在り。人は其の憂いに堪えず。回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や)

に由来する。日本語源大辞典も,

「瓢と箪は別物の器を指したが,『和漢朗詠集』で『瓢箪しばしば空し 草顔淵が巷に滋し〈橘直幹〉』と熟語に用いられてから,瓢の意味だけに誤用されるようになった」

としている。しかし多く「ひざご」の形で使われ,「ひょうたん」という言葉が一般に使われ出したのは,室町期以降のようである。「ひさご」は,古くは,

ヒサコ,

であり,

「ユウガオ・フクベ・ヒョウタンといったユウガオ科の腰のくびれた植物の果実から作った容器を,古くはヒサコと称した。『十巻本和名抄』にも『奈利比佐古』がみえる。ひしゃく,しゃくしの語はヒサコに由来する」

室町期に,ヒサコ,ヒサゴが用いられた。

「瓢箪」は,縄文時代草創期から前期にかけての遺跡である鳥浜貝塚から種子が出土していると言い,日本書紀』(720年成立)の中で瓢(ひさご)として初めて登場する。その記述によると,

「仁徳天皇11年(323年)、茨田堤を築く際、水神へ人身御供として捧げられそうになった茨田連衫子という男が、ヒョウタンを使った頓智で難を逃れた」

というhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%B3

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:瓢箪鯰
posted by Toshi at 04:24| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください