2019年12月20日

卯の花


「卯の花」は、

卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ

という童謡でお馴染みの、

うつぎ、

の別名であり、「うつぎ」は、「うづき」http://ppnetwork.seesaa.net/article/457762501.htmlで触れたように、

空木、

の意味で、茎が中空であることからの命名であるとされる。しかし、異説もあり、

ウ(兎)の毛のような白い花が咲くから(名語記・本朝辞源=宇田甘冥)、

ともある(日本語源大辞典)。陰暦四月の、

「卯月」は、

卯の花月、

とも呼ばれ、「卯月」の由来は「うつき」とする説があるほどである。ただ、「卯の花」説は、他の月の命名との一貫性が損なわれる気がするので、ちょっと難点があるが。

ウツギ.jpg



また「卯の花」は、

おから、

の別名でもある。さらに、

襲(かさね)の色目、

の意ともされる。「色目」とは、

十二単などにおける色の組み合わせ、

をいい、

衣を表裏に重ねるもの(合わせ色目、重色目)、
複数の衣を重ねるもの(襲色目)、
経糸と緯糸の違いによるもの(織り色目)、

等々があるhttp://www.kariginu.jp/kikata/kasane-irome.htm。その代表的なものは表裏に重ねる、

襲の色目(かさねのいろめ)、

がある。

卯の花襲(かさね)、

とは、

は女房装束の袿(うちき、うちぎ)の重ねに用いられた襲色目に、四月薄衣に着る色のひとつとしてあるhttp://www.kariginu.jp/kikata/5-2.htm、山科流では、表は白、裏は萌黄(もえぎ)。四五月にもちいる、という(広辞苑)。

卯の花襲.gif



当時の絹は非常に薄く裏地の色が表によく透けるため、独特の美しい色調が現れる。襲色目は、http://www.kariginu.jp/kikata/5-2.htmに詳しい。

おから.jpg


「おから」を、「卯の花」と呼ぶのは、

「絞りかすの意味。茶殻の『がら』などと同源の『から』に丁寧語の『御』をつけたもので、女房言葉のひとつ。『から』の語は空(から)に通じるとして忌避され、縁起を担いで様々な呼び名に言い換えされる。白いことから卯の花(うのはな、主に関東)、包丁で切らずに食べられるところから雪花菜(きらず、主に関西、東北)などと呼ばれる。『おから』自体も『雪花菜』の字をあてる。寄席芸人の世界でも『おから』が空の客席を連想させるとして嫌われ、炒り付けるように料理することから『おおいり』(大入り)と言い換えていた」

とあるhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%89

「おからのカラ(空)をきらって、ウ(得)の花としたという説もあるが、これは良くない。ウは『憂』に掛けたりすることが多い」

と一蹴したたべもの語源辞典は、

「雪花菜というのも、雪の白いことで、雪見菜は白い花、卯の花も白い花である。白い卯の花をおから(白い色が似ている)と見立てたのが正しい」

と言う。ひねくらず、卯の花に見立てた心持でいいのかもしれない。

参考文献;
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:卯の花
posted by Toshi at 05:35| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください