2020年03月01日

すさぶ


「すさぶ」は、

荒ぶ、
進ぶ、
遊ぶ、

と当てる。「荒」「進」「遊」の漢字は、「すさぶ」の持つ意味の幅を当て分けたように見える。

「すさぶ」は、

すさむ、

ともいう。「すさむ」も、

荒む、
進む、
遊む、

と当てる。「すさむ」と「すさぶ」のどちらが先かは判然とせず、「すさむ」は、

すさぶの転、

とする(岩波古語辞典)のと、

すさむの音韻変化、

とする(日本語源広辞典)のと、分かれる。「すさぶ」は、

おのずと湧いてくる勢いの赴くままにふるまう意。また、気の向くままに何かをする意。奈良時代には上二段活用、平安時代から多く四段活用、

とある(岩波古語辞典、広辞苑)。意味の幅は、

勢いのままに盛んに~する、勢いのままに荒れる(「朝露に咲きすさびたるつき草の日くたつなへに、消(け)ぬべく思ほゆ」万葉集)、
気の向くままに~する、興にまかせて~する(「もろともに物など参る。いとはかなげにすさびて」源氏)、
もてあそぶ(「窓近き竹の葉すさぶ風の音にいとど短きうたた寝の夢」新古今)
勢いのままに進みはてて衰える(「雲間なく降りもすさびぬ五月雨筑摩の沼の水草なみよる」堀河百首)

といった感じだが(岩波古語辞典)、古い、「すさぶ」(上二段)は、

荒、
進、

と当て、

動き出す(動作の発作)、
その方へのみ頻りに進む、
荒るる、
迷い耽る(酒食にすさぶ)、

の意とし(大言海)、「すさぶ」「すさむ」の用途の幅について、

進、
荒、

と当てる「すさぶ」(四段)は、

愈々、進む、
荒(すさ)び行きて闌(すが)るる、衰え止む、

とし、

遊、

と当てる「すさぶ」(四段)は、

心に入れず、何となく、はかなく物はす、遊び慰む、

の意とし、

進、
荒、

と当てる「すさむ」(四段)は、

愈々進む、甚だしくなり行く、
迷い耽る、

の意とし、

進、
荒、

と当てる「すさむ」(下二段、他動詞)は、

荒ましめ、闌(すが)れしむ、棄つ、

意であり、

賞、
翫、

と当てる「すさむ」(下二段)は、

心の荒みに賞翫ス、遊(すさび)のものとす、

意とし(以上、大言海)、「すさぶ」「すさむ」が活用などを変えつつも、そんなに意味を変えていないことがわかる。

大言海は、「すさぶ」を、

進み荒(さ)ぶるの約、

とするが、

おのずと湧いてくる勢いの赴くままにふるまう、

意とするなら、元々は、

すすむ、

の意に、

愈々進む、

の意を持たせたのではあるまいか、とすると、日本語源広辞典のいうように、

すすむ→すさむ→すさぶ、

と音韻変化した、という見方も頷けてくる。

「すすむ」について、

ススは、ススシキホヒ・ススノミのススと同根。おのずと湧いてくる勢いに乗って進行・行動する意、

とする考え(岩波古語辞典)が、「すさぶ」の、

おのずと湧いてくる勢いの赴くままにふるまう、

意とほぼ重なるのである。ちなみに、「すすしきほひ」は、

すすし競ひ(「すすし競ひ 相よばひ しける時は 焼太刀の」万葉集)、

と当て、

進んで競り合う、

意であり(岩波古語辞典)、「すすのみ」は、

荒れ狂う、

意で、勢いのままに動く意、とある(仝上)。「すさぶ」は、「すすむ」の意が強まり、別語へと変化したもの、とみられる。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:54| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください