2020年11月27日

さわす


「さわ(は)す」は、

醂す、

と当てる。「味醂」http://ppnetwork.seesaa.net/article/478678846.html?1606334116で触れたように、

柿の渋を抜く、
水に浸して晒す、

の意があるが、この他に、

黒漆で光沢のないように塗る、

意もあり、その場合、

淡(さわ)す、

とも当てる(広辞苑)。また、

醂す、
淡す、

は、

あわす、

と訓ませて、

柿の渋を抜く、

意になり(広辞苑)、

さわす、

と重なる。だから、

渋を去った柿の実、

を、

さわし柿(醂柿)、

というが、

あわしがき(淡柿・漬柿)、

とも言い、

あわせかぎ(「あわしがき」の音轉)、

とも言うのは、憶説だが、

sawasu→awasu、

と子音「s」が脱落したのではないか。

なげすつ(投げ棄つ)→なげうつ(投げうつ)、
さばく(捌く)→あばく、

等々の例もある(日本語の語源)。岩波古語辞典には、「さはし」は、「さはしがき」(醂柿・淡柿)しか載らず、「あわし」(醂し)は、

アハ(淡)と同根、

とのみ載る。しかし、大言海は、

爽(さは)を活用せしめたる語(熟(うむ)す、腐(くさ)す)、

とする。「淡い」は、意味からは、渋が淡くなった、という意味で重なるが、

(雪などが)今にも消えそうである、

の意であり、それをメタファに、

淡白である、

転じて、

情愛や関心が薄い、

意で使う。「濃い」http://ppnetwork.seesaa.net/article/478150705.htmlで触れたように、「淡い」は、

濃いの反、

である。「淡」とは考えにくい気がする。和訓栞に、「さわす」は、

醂の字を訓めり。物の渋みを去りて、サハヤカにするをぃへり、

とある。

漢字「醂」(リン・ラン)は、

会意兼形声。「酉+音符林(つらなる)」

とされ、

たらたらと垂れる発酵した汁、

の意で、「醂柿」は、酒を垂らして渋を去ったたる柿の意とある(漢字源)。ちなみに、「たる柿」とは、

渋柿を空いた酒樽に詰め、樽に残るアルコール分で渋を抜いて甘くした柿。樽抜き、

の意である(デジタル大辞泉)。ために、「醂」には、「ほしがき」の意もある(字源)。「さらす」に、

醂す、

と当てるのは、「醂」の本来の意味に適っている。

さわし柿.jpg

(さわし柿 https://shinyanagi.exblog.jp/21335252/より)

因みに、

さわ師、

とあてる「さわし」は、隠語で、

詐欺行為をするもの、

を言うとある(隠語大辞典)。「醂し」とはちょっと無縁に思えるが。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:49| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください