2021年07月02日

おかぼれ


「おかぼれ」は、

岡惚れ、

と当てるが、「うぬぼれ」http://ppnetwork.seesaa.net/article/440529875.htmlで触れたように、「岡惚れ」の「岡」は、

岡目八目、

の岡であり、

傍目八目、

とも当てるように、

他人のすることを脇から見ていることをホカミ(外見、他見)といったのが、オカミ・オカメ(傍見、岡目)になって、第三者の立場でものを見ることをいう、

とある(日本語の語源)。「おかめ(をかめ)」を、

傍目(ヲカメ)、傍見(ヲカミ)、

とする(大言海)の他、

ホカメ(外目)、

とする(古今要覧稿・両京俚言考)ものもある。いずれも、同じ趣旨だが、この「岡」は、

傍の意だが、一説に、本に対する仮の意、

があるとするものもある(江戸語大辞典)。

「岡目八目」は、

当局者(当事者)迷、

の逆で、

傍で見ている者の方が、打っているひとより八目も先を見越している、という意だが、中国では、

当事者迷、旁观者清、

というらしい。

「岡惚れ」は、江戸期から使われたようだが、今日死語かもしれない。

傍から惚れる、

意で、

ちょっと接しただけで惚れること、深く接して人物を知ったうえでもないのに惚れること、

だが(江戸語大辞典)、

相手の心も知らず自分だけ密かに思慕すること、

の方がいい解釈に思える(岩波古語辞典)。だからか、

本惚れに対する仮惚れ、

の意とある(仝上)。また、

傍惚(おかぼ)れ、

とも当てる。

おかっぽれ、

と表記した方が、その軽さをよく言い表している。

で、他人が仲の好いのをはたでねたむことをホカヤキ(傍妬き)といったのが、

オカヤキ(傍妬き)、

に転音したのもこの類だ(日本語の語源)。これは、

岡焼餅、

ともいい、

本焼餅に対する仮焼餅、

の意で、

岡目焼餅(外目焼餅とも当てる)、

とも言うらしい(江戸語大辞典)。

やはり、「岡」を当てる、

岡持ち、

は、ホカモチバコ(他持ち箱)の転らしい(日本語の語源)。

また「岡」を当てる、俗に、

岡っ引き、

という、

町同心の手先に使われ、違法者を探知して、捕吏の手引きをする者、

つまり、目明しの異称である、

岡引、

は、

傍にいて手引すること、一説に、同心の捕縛するのが本引きで、これに対して仮引きの意、

とある(江戸語大辞典)。

「岡場所」の「岡」も、

公許の吉原に対して、その外の(「わきの」)場所、

の意で、やはり、

本場所に対して、仮場所の意、

があり、

寛延・宝暦頃(1748~64)から言い始めた呼称で、官許の遊里すなわち吉原以外の私娼地、

とある。別に、

さと・くるわ(廓)の対、

とある(江戸語大辞典)。全盛を極めたのは、安永・天明(1772~1789)期と化政期(1804~30)とで、その数86ヵ所に及んだ、という。後に、

品川・新宿・板橋・千住、

の四宿が準官許地とされ、それ以外は、寛政(1787~93)・天保(1841~43)両度の改革で禁廃された(仝上)、とある(仝上)。

「岡惚れ」は、

傍から惚れる、

でいいと思うが、異説がある。

ヲカは、小高い岡から遠望するという意(すらんぐ=暉峻康隆)、

はまだいいとして、

オカはカオ(顔)の倒置語で、カオボレ(顔惚)の意、また、岡は岡場所とする説もある(ことばの事典=日置昌一)、

というのはどうだろう。

「岡」 漢字.gif


「岡」(コウ)は、

会意。岡は「山+网(つな)」。网は網(モウ あみ)の原字であるが、ここでは綱(コウ つな)を示すと考えたほうがよい。固く真っ直ぐな意を含む、

とある(漢字源)が、別に、

形声文字です(网+山)。「網」の象形(「網」の意味だが、ここでは、「亢」に通じ(「亢」と同じ意味を持つようになって)、「アーチ形」の意味)と「山」の象形から、「アーチ形の山」、「丘」を意味する「岡」という漢字が成り立ちました、

ともあるhttps://okjiten.jp/kanji1952.html

「傍」 漢字.gif

(「傍」 https://kakijun.jp/page/1204200.htmlより)

「傍」(漢音ホウ、呉音ボウ)は、

会意兼形声。方は鋤の柄が両わきに張り出た形を描いた象形文字。旁は、それに二印(ふたつ)と八印(ひらく)を加え、両側に二つ開いた両脇を示す。傍は「人+音符旁(ボウ)」で、両脇の意。転じて、かたわら、わきの意を表す、

とある(漢字源)が、別に、

会意兼形声文字です〈人+旁〉。「横から見た人」の象形と「帆(風を受けるための大きな布)の象形と柄のある農具:すきの象形(並んで耕す事から「並ぶ・かたわら」の意味)」(「左右に広がった部分・かたわら」の意味)から、「かたわら」、「よりそう」を意味する「傍」という漢字が成り立ちました、

との解釈もあるhttps://okjiten.jp/kanji1175.html

なお、「ほれる」http://ppnetwork.seesaa.net/article/446808988.htmlについては触れた。

参考文献;
前田勇編『江戸語大辞典 新装版』(講談社)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
田井信之『日本語の語源』(角川書店)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 04:07| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください