2021年11月26日

綺ふ、


「綺(いろ)ふ」は、

武蔵守が行事、よろづ短才庸愚の事ある間、暫く綺ひを止むる処なり(太平記)、
佐兵衛督を政道に綺はせ奉る事、あるべからず(仝上)、

と使われる場合、

関与すること、
関わること、

の意である。「いろふ(う)」は、

色ふ、
彩ふ、
艶ふ、

と当てると、

色が美しく映える、彩が多彩である、
あるいは、
飾る、文飾する、

意であり、

綺ふ、
弄ふ、

と当てると、

関与する、
干渉する、

という意となる(広辞苑・大言海)。ただ、前者の場合にも、

いかばかり思ひ置くとも見えざりし露にいろへる撫子の花(和泉式部集)

綺ふ、

と当てるとするものもある(岩波古語辞典・精選版日本国語大辞典)が、類聚名義抄(11~12世紀)に、

綺、イロフ、

と、

艶、イロフ、ウルハシ、

と区別しているので、

「いろふ(う)」は、

綺ふ、

と当てたものと思われる。この「いろふ」は、

弄ふ、

と当てると、

かやうのもの(死人の入っている棺)をばいろはぬ事なりけりと逃げにけり(御伽草子・「むらまつ物語」)、

と、

手をふれる、
いじる、

意となる(岩波古語辞典)。これが訛って、

包は解くに及ぶまじいらうてみても五十両(浄瑠璃「冥途飛脚」)、

いらふ(う)、

ともなり、

いじる、もてあそぶ、

意だが、少し転じて、

あんまり深切が過ぎて、人をいらふ様な言ひ分(浄瑠璃「極彩色娘扇」)、

とからかう、おもちゃにする、

といった意になっていく。さらに、

船宿するによって、裏の離れをいらうたばかり(歌舞伎「桑名屋徳蔵入船物語」)、

と、

手を加える、手入れをする、修理する、

という意でも使われている(精選版日本国語大辞典)。ただ、

「いらふて」「いらうて」などは「イローテ」と読んだと思われるから、「いろう」と厳密には区別しにくい、

とある(仝上)ので、口語上は、「いろふ(う)」と「いらふ(う)」の区別はつけにくいようだ。

この「いろふ」の語源は、

入り追ふの約か、殊に入り込んで追う意、

しか見当たらない(仝上)。この含意は、

深入りする→踏み込む→関わる→いじる、

などといった意味の広がりになるのだろうか。

方言に多く残り、「いらう」は、

さわる、
いじる、

意である(愛知県三河・福井県若狭・近畿・中国・四国など)が、

大阪では「いらう」、
東京では「いじる」、

と使うようだ(精選版日本国語大辞典)。他に、

干渉する、

意で使う方言(熊本)もあるhttps://www.weblio.jp/content/%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%86

飴っこいらうが?

の「いらふ」(下北弁)は、

要る、

の意で、他に、

借りる、

意で、

いらう、

を使う(山梨・静岡)場合があるが、

天下の百姓の貧乏しきに由りて、稲と資財とを貸(いらへ)よ(日本書紀)、

の、

いらす、

借りる、

意とつながるようである。

「綺」 漢字.gif

(「綺」 https://kakijun.jp/page/1482200.htmlより)

「綺」(キ)は、

会意兼形声。「糸+音符奇(まっすぐでない、変わった形)」、

とあり(漢字源)、「あや」「あやぎぬ」の意で、その意味では、「色ふ」に、「綺」を当ててもおかしくはない。別に、

会意兼形声文字です(糸+奇)。「より糸」の象形(「糸」の意味)と「両手両足を広げた人の象形と、口の象形と口の奥の象形(「かぎ型に曲がる」の意味)」(「普通ではない人、優れている人」の意味)から、「目をうばうような美しい模様を織りなした絹」を意味する「綺」という漢字が成り立ちました、

ともあるhttps://okjiten.jp/kanji2359.html。現存する中国最古の字書『説文解字(100年頃)』には、

綺、文繪(あやぎす)也、

とある(大言海)。

「綺」 成り立ち.gif

(「綺」 成り立ち https://okjiten.jp/kanji2359.html

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:弄ふ いろふ 綺ふ
【関連する記事】
posted by Toshi at 05:09| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください