2022年02月19日

宗と


一生のうち、むねとあらまほしからん事の中に、いづれかまさると(徒然草)、

とある、

むねと、

は、

宗とは仁木右京大夫(うきょうのだいぶ)義長が過分の振る舞ひを徇(しず)めんがためにて候ひき(太平記)、

と、

宗と、

と当て、副詞として、

主として、
もっぱら、

の意で(岩波古語辞典)使い、この場合、

旨、

の字も当てる(大言海)。また、

宗とあると見ゆる大将、横座にゐたり(宇治拾遺)、

と、

大将として、

の意でも使う(明解古語辞典)。さらに、

宗徒、

と当て、

海賊が宗との物、くろばみたる物きて、あかき扇ひらきつかひて(宇治拾遺)、
洛中の勢を集められけれども、宗徒の勢は、摩耶城より追つ立てられて(太平記)、

と、名詞として、

主だったもの、
中軸となるべき、

の意でもつかう(岩波古語辞典)。

宗とあるものの意、

とあり(明解古語辞典)、この「むね」は、

宗、

と当てると、

家の造やうは夏を宗とすべし(徒然草)、
宗とは詩作り給ふ事を好みて(今鏡)、

と、

主とすること、
中心とすること、
専らとすること、

の意(広辞苑・大言海・明解古語辞典)や、

(歌合は)歌を宗としたる事に、(絵を)などわろきものにかかすべき(栄花根合)、

と、

最高の価値として一貫すべきもの、

の意ともなり(岩波古語辞典)、

旨、

と当てると、

方等経の中におほかれど、言ひもてゆけば、ひとつむねに當りて、菩提と煩悩とのへだたりなし(源氏物語)、

こころ、
ことのおもむき、
趣意、

の意で(広辞苑・大言海)、

其の有らゆる深き致(むね)、亦一に十を斯に尽くしつ(三蔵法師傳)、

と、

致、

とも当てる(広辞苑・大言海)。

「宗」は、

心(むね)の義、

「旨」は、

事の宗の義、胸、心と通ず、

とある(大言海)が、別に、「むね(宗・旨)」は、

ム(含・内容のまとまり)+ネ(根幹)、

とし、

宗は、主とすること、旨は、趣旨の意、

とする説(日本語源広辞典)もある。しかし、「むね(宗・旨)」は、

ムネ(棟)・ムネ(胸)と同根。家の最も高いところで一線をなす棟のように、筋の通った最高のもの、

とある(岩波古語辞典)。「胸」は、古形は、

胸先、
胸騒ぎ、

に残るように、

むな、

であり、

身根(むね)の転、

「棟」も、

身根(むね)の転、

とする説があり(大言海)、いずれも、

(人や建物の)根幹、

の意であり、「宗」の意と繋がり、「宗」と「胸」「棟」とは、漢字を当て別けるまで、ひとしく「むね」であった可能性が高い。

「宗」 漢字.gif

(「宗」 https://kakijun.jp/page/0867200.htmlより)

「宗」(慣用シュウ、漢音ソウ、呉音ソ)は、

会意。「宀(やね)+示(祭壇)」で、祭壇を設けたみたまやを示す。転じて、一族の集団を意味する。族はその語尾がつまってkに転じたことば、

とあり(漢字源)、ひいて、祖先、また、祖先神の祭りを主宰する族長の意に用いる、ともある(角川新字源)。

「宗」 甲骨文字・殷.png

(「宗」 甲骨文字・殷 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%AE%97より)

「旨」(シ)は、

会意。もと「匕+甘(うまい)」の会意文字。匕印は人の形であるが、まさか人肉の脂ではあるまい。匕(さじ)に当てた字であろう。つまり「さじ+甘」で、うまい食物のこと。のち指(ゆびで示す)に当て、指し示す内容の意に用いる、

とある(漢字源)が、

「旨」 漢字.gif

(「旨」 https://kakijun.jp/page/0636200.htmlより)

諸説あり、

とありhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%97%A8、中国最古の字書『説文解字』(後漢・許慎)は、

「曰」は「甘」の転で「匕」を音符とするが、後代の研究において否定的(唐韻においても、「旨」は「職雉切」であるが、「匕」は「卑履切」と遠い。但し、「是(承旨切)」に音を借りた「匙(是支切)」や、匙を原義とする「氏(承旨切)」の音は近い)。「匕」は「匕首」即ち小型の刃物であり、それで、食物をとりわけ味わうの意であろうとされる。白川静は「曰」を神意を得たもの(この場合は食物)を封じた容器(サイ)と解する。「意義・内容」の意義は、皇帝が「指」したものからの派生、

と説明する(仝上)。しかし、多くは、

会意形声。意符甘(あまい。日は変わった形)と、匕(ヒ)→(シ さじ)とから成り、さじに取って口でなめる、ひいて「うまい」意を表す(角川新字源)、

会意文字です(匕+日(口))。「さじ」の象形と「口」の象形から、さじで口に食物を流し込む事を意味し、そこから、「うまい」、「よい」を意味する「旨」という漢字が成り立ちましたhttps://okjiten.jp/kanji1158.html

と、「さじ」説を取っている。

「旨」 甲骨文字・殷.png

(「旨」 甲骨文字・殷 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%97%A8より)

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
金田一京助・春彦監修『明解古語辞典』(三省堂)
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:宗と むねと 宗徒
posted by Toshi at 05:00| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください