2022年03月20日

つらつら


倩(つらつら)これを思ふに、惡の彼に在ると、義の我に在ると、天下の治乱、山上の安危に孰れぞ(太平記)、

とある、

つらつらは、

倩々、
熟、
熟々、

等々とも当て、

つらつら思へば、誉れを愛する人は、人の聞(きき)をよろこぶなり(徒然草)、

というように、

つくづく、
よくよく、

の意で使う(広辞苑)。類聚名義抄(11~12世紀)には、

熟、ツラツラ、コマヤカナリ、クハシ、

とあり、さらに、

倩、ツラツラ、

ともある。また、「つらつら」は、

御涙にぞむせびつつ、つらつら返事もましまさず(浄瑠璃「むらまつ」)、

と、

すらすら、

の意でも使うが、これは、

滑々、

と当てる、

なめらかなさま、
つるつる、

の意となる。

倩、
熟、

と当てる「つらつら」は、

「と」を伴って用いることもある。古くは「に」を伴うこともあった、

とされ、

物ごとを念を入れてするさまを表わす語、

なので、

つくづく、
よくよく、
念入りに、

の意で使われるが、詳しく見ると、

巨勢(こせ)山の列々(つらつら)椿都良々々(ツラツラ)に見つつしのはな巨勢の春野を(万葉集)、

と、

じっと見つめるさま、熟視するさま、

の意、

伝燈の良匠にあらずして、強ひて訂(ツラツラ)この事をかへりみる(「霊異記(810~824)」)、

と、

物事を深く考えるさま、
熟考するさま、

の意、

つらつらと歎き居たり(「今昔物語(1120頃)」)、

と、

深く嘆き、また反省するさま、

の意と、

男も草臥て、つらつら寝入ければ(仮名草子「東海道名所記(1659~61頃)」)、

と、

よく寝入るさま、
ぐっすり、

の意と、単純に「よくよく」「つくづく」には置き換えられない含意の幅があり(精選版日本国語大辞典)、また当てた字も違うものもあるようである。

で、「つらつら」の語源を見ると、

絶えず続きての意(大言海)、
不断の意から転じた(日本古語大辞典=松岡静雄)、

として、

連連(つらつら)の義、

とするもの、あるいは、

連ね連ねの約(日本語源広辞典)、
ツラはツレア(連顕)の約(国語本義)、

と、「連」と絡める説が多いが、これは、上記万葉集の、

巨勢(こせ)山の列々(つらつら)椿都良々々(ツラツラ)に見つつ思(しの)はな巨勢の春野を、

を、

連連(つらつら)の意、

とする説(万葉集略解・万葉集古義)からきているようだ(精選版日本国語大辞典)。しかし、

つらつら椿、

の、

つらつら、

は、確かに、

列々、

と使っているように、

連なっている、

意で、

連連、

の意でいいが、

都良々々(ツラツラ)、

は、別の字を当てており、

連連、

とは区別していると見るべきではないか。

他の語源説には、

ツヅラ(蔓)から派生した語(国語溯原=大矢徹)、

と、どちらかというと、

連連、

と、似た発想になる。さらに、

ツラは、ツヨシ(強)のツヨ、ツユ(露)、ツラ(頬・面)と同根(続上代特殊仮名音義=森重敏)、

とする説もある。いずれの語源説も、

よくよく、
念入り、

という意味とのつながりは見えてこない。「つら」は、上記でも、

列々(つらつら)椿、

と当てているように、

連、
列、

と当て、

連なる、
ならぶ、

意である。これが、

途絶えず続く意味から転じ、じっと見つめたり、深く考えるさまを表すようになったと考えられている、

とされる(語源由来辞典)が、

つらなる、

ことが、

よくよく、
念入り、

の意へと意味の外延としては繋がりにくい気がするが、ただ「連連」の、

空間的な連続、

が、

時間的な連続、

へと意味を転化させたということは、他の語の例でもよくあるので十分あり得る。そうみれば、

連連、

にも根拠はある。

なお、「つらつら」を、

熟、

と当てるのは、

「熱」は「熟考」や「熟視」など、「十分に」「よくよく」といった意味からの当て字、

とされ(語源由来辞典)、

倩、

と当てるのは、中世、

記録資料をはじめ、「平家物語」など記録体の影響を受けた文学作品に、「倩」の表記が見られる、

とある。冒頭の「太平記」の例もそれであるが、「倩」は、

漢籍では美しく笑うさま、あるいは、男子の美称であり、この「つらつら」との結び付きの由来はわからない、

とある(精選版日本国語大辞典)。

「倩」 漢字.gif


「倩」(漢音呉音セン、漢音セイ、呉音ショウ)は、

会意兼形声。「人+音符青(靑 セイ)」で、清らかに澄んだ人のこと、

とあり(漢字源)、「妹婿」(マイセン)と、すっきりした男、転じて婿、あるいは、笑ったとき口元がすっきりと美しいさま、の意で、「巧笑倩兮(巧笑倩たり)」(詩経)とある。

「熟」 漢字.gif

(「熟」 https://kakijun.jp/page/1562200.htmlより)

「熟」(漢音シュク、呉音ジュク・ズク)は、

会意。享は、郭の字の左側の部分で、南北に通じた城郭の形。つき通る意を含む。熟の左上は、享の字の下部に羊印を加えた会意文字で、羊肉にしんを通すことを示す。熟は丸(人が手で動作するさま。動詞の記号)と火を加えた字で、しんに通るまで軟らかく煮ること、

とある(漢字源)が、わかりにくい。ただ「熟」は「孰」の後にできた字のようである(角川新字源)。ただ、別に、

会意兼形声文字です(孰+灬(火))。「基礎となる台の上に建っている先祖を祭る場所の象形と人が両手で物を持つ象形」(「食べ物を持って煮て人をもてなす」の意味)と「燃え立つ炎」の象形から、「よく煮込む」を意味する「熟」という漢字が成り立ちました、

ともありhttps://okjiten.jp/kanji971.html、さらに、

形声。「火」+音符「孰 /*TUK/」。{熟 /*duk/}を表す字、
会意形声。「火」+音符「孰」、「孰」は「享」+「丸(←丮)」の会意。「享(古体:亯)」は「郭」の原字で、城郭の象形、「丮」は、両手で工事するさま。「孰」は城郭に付属して建物を意味していたが、音を仮借し、「いずれ、だれ」の意に用いるようになったため、元の意は「土」を付し「塾」に引き継がれた。古体は「𦏧」であり、「羊」が加えられており食物に関連。「享」が献上物をとおして、「饗」と通じていたことから、饗応のための食物をよく煮にる意となったか。藤堂明保は、「享」に関して、城郭を突き抜けるさまに似る金文の形態及び「亨」の意義などから、城郭を「すらりと通る」ことを原義としていることから、熱をよく通すことと解している。なお、「亨」に「火」を加えた「烹」も「煮にる」の意を有するhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%86%9F

と、異説が併記されているので、諸説あることがわかる。漢字源は、藤堂説である。

「孰」 漢字.gif


ついでに、「孰」(漢音シュク、呉音ジュク)は、

会意文字。「享(築き固めた城)+手のかたち」。塾(ジュク ついじ)・熟(奈河までく煮る)などの原字。また、その音を借りて、選択を求める疑問詞(孰れ)に用いる、

とある(漢字源)が、

形声。「享(建物)」+音符「丮 /*TUK/」。{塾 /*duk/}を表す字。のち仮借して{孰 /*duk/}に用い、「いずれ、だれ」の意味を表す、
会意。「享」+「丸(←丮)」の会意。「享(古体:亯)」は「郭」の原字で、城郭の象形、「丮」は、両手で工事するさま。城郭に付属した建物を意味していたが、音を仮借し、「いずれ、だれ」の意に用いるようになったため、元の意は「土」を付し「塾」に引き継がれた。説文解字の親字には採用されてはおらず、「熟」の原字である「𦏧」が採られている。また、「𦎫」には「孰也」との記載がある、

と諸説併記であるhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%AD%B0

「孰」 漢字.png

(「孰」 金文・西周 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%AD%B0より)

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:34| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください