2022年04月04日

尻目


「尻目」は、

しりめ、

と訓ませ、

後目、

とも当て、

同期を尻目に、彼一人出世していった、
騒ぎを尻目に、悠々と立ち去った、

などというように、

~を…に、

の形で、

~を無視して、かまわず事を行う、
目の隅に置いただけで全く無視する、

意(広辞苑)で使うことが多いが、

ただ一打ちに打ち拉がんと、尻目に敵を睨んで(太平記)、

というように、

横目、

の意(兵藤裕己校注『太平記』)で使ったり、

しりめに見おこせ給ひて(源氏物語)、

と、

顔を動かさず、ひとみだけ動かして、後方を見やること、またその目つき、

の意で、

流し目、

の意でも使う(広辞苑・岩波古語辞典)。「横目」は、

横目づかい、

という言い方をするように、

顔を前に向けたまま横を見ること、
わき目、
ながしめ、

の意であり、その意味で、目の使い方としては、

尻目、

と重なる。しかし、それをメタファに、

その後、思ひかはして、また横目することなくて住みければ(宇治拾遺物語)、

と、

他に心を移すこと、

の意で使い、「尻目」とは意味が離れる。「尻目」は、

しりめ恥ずかしげに見入れつつ(狭衣物語)、

と、

相手を蔑視したり、無視したりする場合にも用いられるが、中古においては、多く女性が打ち解けたときのしぐさとして、また、近世においては、女性の媚を含んだ流し目という意味あいで使われた、

と(精選版日本国語大辞典)、「流し目」の方へシフトしたようである。特に、

尻目に懸く(懸ける)、

という言い方は、

言(こと)にいでて、などて言ひなし給ふと思ふがにくければ、のどやかにしりめにかけて見やりたれば(夜の寝覚)、

と、

人を見下したり無視したりする態度、
さげすむさま、

の意でも使うが、

中将かくとは知らず、しりめにかけ、うちゑみたる気色(きそく)をしてぞ通られける(御伽草子「しぐれ」)

と、

秋波を送る、

意や、

過し所縁(ゆかり)とてもろこしに笑はせ、かほるが尻目に懸られ(好色一代男)、

と、

媚びた目つきをする、
色目を使う、

意で使ったりする(広辞苑・精選版日本国語大辞典)。

「しり」http://ppnetwork.seesaa.net/article/454328830.htmlで触れたように、かつては、

まへ⇔しりへ

のちには、

まへ⇔うしろ

と対で使われ、「しり」は、

口(くち)と対、うしろの「しろ」と同根、

で、前(さき)・後(しり)と対でもある(岩波古語辞典)。

「尻」 漢字.gif


「しり」http://ppnetwork.seesaa.net/article/454328830.htmlで触れたように、「尻」(コウ)は、

会意兼形声。九は、手のひどく曲がった姿で、曲りくねった末端の意を含む。尻は「尸(しり)+音符九」で、人体の末端で奥まった穴(肛門)のあるしりのこと、

とあり(漢字源)、別に、

会意兼形声文字です(尸+九)。「死んで手足を伸ばした人」の象形と「屈曲して尽きる」象形から、人体のきわまりにある「しり」を意味する「尻」という漢字が成り立ちました、

との解釈もあるhttps://okjiten.jp/kanji2065.html

「尻」 甲骨文字・殷.png

(「尻」 甲骨文字・殷 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B0%BBより)

「尻」 説文解字・漢.png

(「尻」 説文解字・漢 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B0%BBより)


「目」(漢音ボク、呉音モク)は、

象形。めを描いたもの、

であり(漢字源)、

のち、これを縦にして、「め」、ひいて、みる意を表す。転じて、小分けの意に用いる、

ともある(角川新字源)。

「目」 漢字.gif

(「目」 https://kakijun.jp/page/0588200.htmlより)

「目」 甲骨文字・殷.png

(「目」 甲骨文字・殷 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%9B%AEより)

「目」 金文・西周.png

(「目」 金文・西周 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%9B%AEより)

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:26| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください