2022年05月23日

人屋


もとはいみじき悪人にて、人屋(ひとや)に七度ぞ入りたりける(宇治拾遺物語)、

の、

人屋、

は、

牢屋、

の意味(中島悦次校注『宇治拾遺物語』)とある。

「人屋」は、

じんおく、

と訓ませると、

京中には辻風おびたたしう吹て、人屋多く転倒す(平家物語)、

と、

人の住む家屋、

の意となる(広辞苑)が、

ひとや、

と訓ませると、

獄、
囚獄、

とも当て、

罪人を捕らえて閉じ込めておく屋舎、
牢屋、
牢獄、

の意となる(仝上)。和名類聚抄(931~38年)には、

獄、牢、囹圄、比度夜、牢罪人所也、

とある。また、霊異記(平安初期)の訓釋には、

囹圄、ヒトヤ、

とある。「囹圄」は、

れいご、

と訓ませる(「圄」の呉音)が、漢語では、

れいぎょ、

とも訓み(字源・大言海)、

牢屋、

の意で、

囹圉(レイギョ・レイゴ)、

ともいう(漢字源)。「囹」(漢音レイ、呉音リョウ)は、

領、

圄(漢音ギョ、呉音ゴ)は、

禦、

の意(唐代『初学記』)で、

囚徒を領録して禁禦する、

とある(字源・大言海)。前漢の経書『禮記(らいき)』月令篇に、

司に命じて、囹圄を省き、桎梏を去り、肆掠(しりやく)すること毋(な)く、獄を止めしむ、

とある(大言海・精選版日本国語大辞典)。

「人」 漢字.gif

(「人」 https://kakijun.jp/page/0206200.htmlより)

「ひと」http://ppnetwork.seesaa.net/article/483976614.html?1651364003で触れたように、「人」(漢音ジン、呉音ニン)は、

象形。人の立った姿を描いたもので、もと身近な同族や隣人仲間を意味した、

とあり、その範囲を、

四海同胞、

にまで広げ、それを仁と呼んだ(漢字源)、とある。

立っている姿には違いないが、

人が立って身体を屈伸させるさまを横から見た形にかたどる(角川新字源)、
人が立っている姿の側面を描いたものhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%BA%BA

ともある。

「屋」 漢字.gif

(「屋」 https://kakijun.jp/page/0948200.htmlより)

「屋」(オク)は、

会意文字。「おおって垂れた布+至(いきづまり)」で、上からおおい隠して、出入りをとめた意をあらわす。至は室(いきづまりの部屋)・窒(ふさぐ)と同類の意味を含む。この尸印は尸(シ しかばね)ではない。覆い隠す屋根、屋根で覆った家のこと、

とあり(漢字源)、

テント状の建物が原義、

とあるhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B1%8Bが、

尸(居の省略形。すまい)と、至(矢がとどく所)とから成る。居住する場所を求めて矢を放つことから、住居の意を表す(角川新字源)、

会意文字です(尸+至)。「屋根」の象形(「家屋」の意味)と「矢が地面に突き刺さった」象形(「至(いた)る」の意味)から、人がいたる「いえ・すみか」を意味する「屋」という漢字が成り立ちましたhttps://okjiten.jp/kanji464.html

ともある。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
簡野道明『字源』(角川書店)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:11| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください