2022年05月25日

非時


南の京の永超僧は、魚なきかぎりは、時・非時もすべてくはざりけり(宇治拾遺物語)
道心、社僧となりて、……糧料など乏しくて、……心ざし有る人にたよりて、斎(とき)・非時を乞い侍る(曽呂利物語)、

などとある、

時(とき)、

は、

斎(とき)、

で、

仏家で、午前中に取る食事、午後は食しないと戒律で定めている、

とあり(広辞苑)、

斎食(さいじき)、
時食(じしょく)、

ともいい(広辞苑)、

食すべき時の食事、

の意で、

インド以来の戒律により午前中に食べるのを正時、

とし、午後は食すべき時ではない時刻の食の意で、

非時(ひじ)、

とある(デジタル大辞泉)が、正確には、

日中から後夜(ごや)までは食事をとってはならない定めだった、

ので、

非時者、従日中至後夜後分、名為非時、……従日中至後夜後分、明轉滅没、故名非時(薩婆多毘婆沙)、

と、

非時、

といい、この間に取る食事を、

佛經戒比丘非時食、蓋其法過午則不食也、西蜀僧招客暮食、謂之非時(老学庵筆記)、

と、

非時食(ひじじき)、

あるいは、

非食(ひじき)、

といった(字源・岩波古語辞典・広辞苑)。因みに、「後夜」は、仏語で、一日を昼夜六つ、

晨朝、日中、日没、初夜、中夜、後夜、

に分けた、夜間の後の時分、

夜半から朝までの間、

をいう(精選版日本国語大辞典)。

「非時」については、

鑑真和尚、日本へ渡り給ひたりし昔は、寺寺はただ一食にて、朝食一度しけり(鎌倉後期の仏教説話集『雑談集』)、

とあり、続けて、

次第に器量弱くして、非時と名づけて、日中に食し、後には山も奈良も三度食す(仝上)、

ということで、

非時食、

という矛盾したものが生まれ、

正午過ぎの食事、

となる(大言海)。

つまり、

斎(とき)⇔非時、

の対となる。

在家でも、

特に八斎戒をまもる斎日には、正午を過ぎてからは食事をしない、

とある(精選版日本国語大辞典)。「八斎戒」とは、「六斎日(ろくさいにち)」(特に身をつつしみ持戒清浄であるべき日と定められた六日)などに、

在家信者が一昼夜の間だけ守ると誓って受ける八つの戒律、

つまり、

生き物を殺さない、
他人のものを盗まない、
嘘をつかない、
酒を飲まない、
性交をしない、
午後は食事をとらない、
花飾りや香料を身につけず、また歌舞音曲を見たり聞いたりしない、
地上に敷いた床にだけ寝て、高脚のりっぱなベッドを用いない、

の八戒。おもに原始仏教と部派仏教で行われた(仝上)、とある。

なお、

食すべき時の意、

の「斎(とき)」http://ppnetwork.seesaa.net/article/460543513.htmlについては触れた。

「非」 漢字.gif

(「非」 https://kakijun.jp/page/hi200.htmlより)

「非」(ヒ)は、「非想非々想天」http://ppnetwork.seesaa.net/article/485982512.htmlで触れたように、

象形。羽が左と右とに背いたさまを描いたもの。左右に払いのけるという拒否の意味をあらわす、

とある(漢字源)。「羽」(ウ)の

二枚のはねをならべおいたもの、

と比べると、その意味が納得できる(仝上)。

「時」 漢字.gif


「時」(漢音シ、呉音ジ)は、「とき」http://ppnetwork.seesaa.net/article/460526964.htmlで触れたように、

会意兼形声。之(シ 止)は、足の形を描いた象形文字。寺は「寸(て)+音符之(あし)」の会意兼形声文字で、手足を働かせて仕事をすること。時は「日+音符寺」で、日が進行すること。之(行く)と同系で、足が直進することを之といい、ときが直進することを時という、

とあり(漢字源)、日の移り変わり、季節、時期などの意を表すに至る(角川新字源)。別に、

会意兼形声文字です(止+日)。「立ち止まる足の象形と出発線を示す横一線」(出発線から今にも一歩踏み出して「ゆく」の意味)と「太陽」の象形(「日」の意味)から「すすみゆく日、とき」を意味する漢字が成り立ちました。のちに、「止」は「寺」に変化して、「時」という漢字が成り立ちました(「寺」は「之」に通じ、「ゆく」の意味を表します)、

とありhttps://okjiten.jp/kanji145.html、結果としては、同じになる。

「斎」 漢字.gif


「齋」 漢字.gif

(「齋」 https://kakijun.jp/page/sai200.htmlより)

「齋」(漢音セイ、呉音セ)は、「齋(斎)」(とき)http://ppnetwork.seesaa.net/article/460543513.htmlで触れたが、

会意兼形声。「示+音符齊(きちんとそろえる)の略体」。神を祭るとき、心身を清めととのえる意を表す、

とある(漢字源・角川新字源)。別に、

会意兼形声文字です(斉+示)。「穀物の穂が伸びて生え揃っている」象形(「整える」の意味)と「神にいけにえを捧げる台」の象形(「祖先神」の意味)から、「心身を清め整えて神につかえる」、「物忌みする(飲食や行いをつつしんでけがれを去り、心身を清める)」を意味する「斎」という漢字が成り立ちました、

とあるhttps://okjiten.jp/kanji1829.html

なお、「時(とき)」http://ppnetwork.seesaa.net/article/460526964.htmlについては触れた。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:09| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください