2023年02月02日

けうがる


武家に宮仕へさする上は、かねて覚悟の事なれども、かやうにけうがる責め様あるべき(諸国百物語)、

とある、

けうがる、

は、

残忍で面白半分な、

と注記がある(高田衛編・校注『江戸怪談集』)。

「けうがる」は、

希有がる、

とあてる、

けうがる、

かと思うが、この「けう」は、

希有、

と当て、

千歳希有(漢書・王莽傳)、

とある、漢語で、

きいう、
けう、

で、

稀有、

とも同義である(字源)。それをそのまま、

「琉球風炉に、チンカラ、なぞといふがありヤス」「ハテけうな名じゃな」(洒落本「文選臥坐(1790)」)、

と、

めったにないこと、
珍しいこと、

の意で使うが、

是に希有の想を発して禅師に白して言はく(「日本霊異記(810~24)」)、
いとあやしうけうのことをなんみ給へし(源氏物語)、

と、

不思議なこと、

の意や、

射手ども、けうのにぞ言ひあへりける(平家物語)、

と、

めったにないほど素晴らしいこと、

の意や、

御房は希有(けうの)事云ふ者かな(「今昔物語(1120頃)」)、

と、逆に、

(多く悪い事について)意外であること、とんでもないこと、

の意で使い、

正俊けうにしてそこをば遁れて鞍馬の奥に逃げ籠りたりけるが(平家物語)、

と、

やっとのことで、
九死に一生を得て、

と、かろうじて危地を脱した場合にも使う。この「けう」は、

「け」「う」は「希」「有」の呉音、

であるが、訛って、

けぶ、

ともいい、漢音の、

きゆう、

とも訓ます。「けう」は、

仏典を通じて受け入れられた語、

と見られるが、中世には、上述のように、「希有にして」「希有の命を生きる」のような慣用句が生じて、九死に一生を得るの意味で、軍記物語に多く用いられる(精選版日本国語大辞典)。

「けうがる」の、

「がる」は接尾語、

で、「希有」の意味から、

そこより水湧(わ)き出(い)づ。けうがりて、方二、三尺深さ一尺余ばかり掘りたれば(古本説話集)、

と、

珍しいことだと思う、
不思議に思う、

の意で使うが、室町時代、

きょうがる、

と発音されるに至り、

興がる、

と混同されて、

判官南都へ忍び御出ある事、けうがる風情(ふぜい)にて通らんとする者あり(義経記)、

と、

風変わりで興味深く感じる、
興味を覚える、

意で使うようになる(岩波古語辞典・学研全訳古語辞典)。その意味で、

残忍で面白半分な、

という上記の訳注は、かなりの意訳になる。

興がる、

は、

興がありの約まれる語なるべし、やうがりと云ふ語もあり、仮名本に多く、ケウガリと書けり(大言海)、
「興が有る」が変化して一語化したもの(精選版日本国語大辞典)、

などとあり、「興」を、

古き仮名文に、多くは、

けう、

と記し、だから、「きょうがる」も、

けうがる、

と表記する(大言海)ことからきた混同のように思える。

ただ、「興がる」は、

お前に参りて恭敬礼拝して見下ろせば、この滝は様かる滝の、けうかる滝の水(「梁塵秘抄(1179頃)」)、
けうがるかな。無証文事論ずるやうやはある(「明月記」建暦二年(1212)一一月一五日)、

と、

普通の在り方と異なる、
異常である、
風変わりである、
奇妙である、
常軌を逸している、
また、
予想と違う。意外である。普通と違っているので面白かったりあきれたりするさまである、

意や、

あやしがりて、すこしばかりかひほりて見に、そこよりみづわきいづ。けうがりて、ほう二三尺ふかさ一さくよばかりほりたれば(「古本説話集(1130頃)」)、

と、

不思議に思う、
あやしがる、

意や、

それそれ又ひかりたるはとおどしかけて興がりけるに(浮世草子・「武道伝来記(1687)」)、

と、

興味深く感じた気持を態度などに表わす、
おもしろがる、

意などで使うなど、

見なれぬことに面白がったり、意外さや不審さを抱いたりする、

意に用い、中世から近世初めには、

常識に反した突飛な言動を指して、

も用い、近世では、

とんでもないことの意で常軌を逸したことをなじる気持で使う、

例が多い(精選版日本国語大辞典)とあり、意味の上からも、表記の上からも、

希有がる、
と、
興がる、

とは重なるところが多いようである。

「希」 漢字.gif

(「希」 https://kakijun.jp/page/0778200.htmlより)


「希」(漢音キ、呉音ケ)は、

会意文字。「メ二つ(まじわる)+巾(ぬの)」で、細かく交差して織った布。すきまがほとんどないことから、微小で少ない意となり、またその小さいすきまを通して何かを求める意になった、

とある(漢字源)。別に、多少の異同はあるが、

会意。巾+爻(まじわる)で、目を細かく織った布を意味。隙間がほとんどないこと、即ち、「まれ」であることを意味。「のぞむ」は、めったにないことをこいねがうことから、

ともhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B8%8C

会意。布と、(㐅は省略形。織りめ)とから成り、細かい織りめ、ひいて微少、「まれ」の意を表す。借りて「こいねがう」意に用いる、

とも(角川新字源)、

会意文字です(爻+布)。「織り目」の象形と「頭に巻く布きれにひもをつけて帯にさしこむ」象形(「布きれ」の意味)から、織り目が少ないを意味し、それが転じて(派生して・新しい意味が分かれ出て)、「まれ」を意味する「希」という漢字が成り立ちました。また、「祈(キ)」に通じ(同じ読みを持つ「祈」と同じ意味を持つようになって)、「もとめる」の意味も表すようになりました、

ともhttps://okjiten.jp/kanji659.htmlある。

なお、「興」(漢音キョウ、呉音コウ)は、「不興」で触れた。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください