2023年08月20日

佉羅陀山(からだせん)


我が身は罪業重くして、終(つい)には泥犂(奈利 ないり)へ入りなんず、入りぬべし、佉羅陀山(からだせん)なる地蔵こそ、毎日の暁(あかかつき)に、必ず来りて訪(と)ふたまへ(梁塵秘抄)、

の、

佉羅陀山(からだせん)、

は、

Kharādiya、

の訳語で、

佉羅多山、

とも当て、

きゃらだせん、

とも訓ます(精選版日本国語大辞典・デジタル大辞泉)、

七金山、

の一つ。須彌山に近い山で、地蔵菩薩の住む所といわれる(仝上)。

須弥山の周囲.jpg


七金山(しちこんせん・しちこんぜん)、

は、須彌山(しゅみせん)を中心として、そのまわりをめぐっているといわれる、

七つの黄金でできた山、

を言い、

持双(じそう)山・持軸(じじく)山・檐木(えんぼく)山・善見(ぜんけん)山・馬耳(ばじ)山・象耳山(ぞうじ)・尼民達羅山(にみんだつら)、

を指す(仝上・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E5%BC%A5%E5%B1%B1)。別に、

持双山・持軸山・檐木山・善見山・馬耳山・障礙山・持地山(精選版日本国語大辞典)、

持双山・持軸山・檐木山・善見山・馬耳山・象鼻山・持辺山(デジタル大辞泉・広辞苑)、

ともあるのは、音訳のためかと思われる。

各山の間は、

淡水の香水海、

によって隔てられている(仝上)という。「須弥山」、「鐵圍山」で触れたように、須彌山(しゅみせん)を中心とし、鉄囲山(てっちせん)を外囲とし、の間にある、

持双山・持軸山・檐木山・善見山・馬耳山・象耳山・尼民達羅山、

の、

七金山を数えて、

九山、

とし、九山の間にそれぞれ大海があり、海は

七海が内海、

で、八功徳水をたたえ、

第八海が外海、

で、

鹵水(ろすい)海、

これらを、

九山八海(くせんはっかい)、

という(仝上)。この中の四方、東には、

半月形の毘提訶洲(びだいかしゅう、勝身洲)、

南に、

三角形の贍部洲(南洲あるいは閻浮提)、

西に、

満月形の牛貨洲(ごけしゅう)、

北に、

方座形の倶盧洲(くるしゅう)、

の四大陸が浮かび、南に位置する贍部洲(せんぶしゅう)は我々が住んでいる世界とされる(仝上)。

三千世界」、「須弥山」、「鐵圍山」については触れた。

須弥山図.jpg


参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

【関連する記事】
posted by Toshi at 03:23| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください