2024年01月30日

楝(おうち)


妹(いも)が見し楝(あふち)の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干(ひ)なくにも(万葉集)、

の、

あふち(おうち)、

は、

センダンの古名、

とある(広辞苑)。

センダン、

は、

栴檀、

と当て、

センダン科センダン属に分類される落葉高木、

の一種で、別名、

アフチ、
オオチ、
オウチ、
アミノキ、

などがあり、薬用植物の一つとしても知られ、果実はしもやけ、樹皮は虫下し、葉は虫除けにするなど、薬用に重宝されたhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3とある。

栴檀は双葉より芳(かんば)し、

のセンダンだが、香木の栴檀はインドネシア原産のビャクダン(ビャクダン科)を指し、センダンは特別な香りを持たない(仝上)という。

センダンの花.jpg



平安後期の漢和辞書『字鏡』(じきょう)に、
槤、阿不知乃木、

和名類聚抄(平安中期)に、

楝、阿布智、

とある、

あふち、

の由来は、

花が藤に似て上向きに咲くことから、アフグフジ(仰藤)の義(名言通)、
アハフジ(淡藤)の義(日本語原学=林甕臣)、
五月五日ごろ必ず咲くということから、アフチ(逢時)の義、チはトキ(時)の反(和訓栞)、

等々があるが、藤と絡めて、

仰藤(アフフジ)の約(仰向(アフム)く)にて、葉も花も藤に似て、花は仰ぐという説あれど、似ざるがごとし、又、梟首する木なれば、逢血(アフチ)なりなど云ふ説は、取るに足らず。尚、考ふべし。樗(チヨ)、又、木篇に惡、の字を用ゐる、

とある(大言海)。「木篇に惡」の字を、

あふち、

と訓むのは、

樗を惡木也と注せるに因れる倭字也、

とある(和訓栞)。

センダんの葉と花.jpg


惡木、

とするのは、

梟首するに因りて、

か(大言海)とあるのは、かつて、

梟首(きょうしゅ)、

は、貞丈雑記(1784頃)に、

今時の人梟首(きゃうしゅ)の事を獄門と云也、

とあるように、

獄門、

とも言った、平安時代中期~明治初期の刑罰の一つで、

大衆へのみせしめとして行われたさらし首、

をいい、鎌倉時代までは、

斬首した罪人の首をほこに突刺して京中の大路を渡したのち、その首を左獄ないし右獄の門前にある楝(おうち。センダンの古名)の樹にかけてさらすことが多かったので、いつしか梟首のことを獄門と呼ぶようになった、

とある(ブリタニカ国際大百科事典)。室町時代以降になると、

柱と横木で台をつくって、その上に5寸釘を打った首台を据え、そこへ首を刺してさらした、

が、

獄門、

という呼称はそのまま残った(仝上)。この故に、

楝、

を、

惡木、

とするのだろうと(大言海は)推測したもののようである。なお、

襲の色目.jpg

(「襲の色目」 デジタル大辞泉より)

楝(おうち)、

には、

襲(かさね)の色目、

の意もあり、山科流では、

表は薄色(薄紫色)、裏は青、
また、
表は紫、裏は薄紫、

で、夏に用いる(広辞苑)とある。

おうちいろ.jpg

(おうちいろ 学研古語辞典より)

その、

楝の花に似た薄紫色、

を、

おうちいろ、

といい、

ききょう色、

ともいう(精選版日本国語大辞典)。

「楝」 漢字.gif



「楝」 説文解字・漢.png

(「楝」 説文解字・漢 https://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%A5%9Dより)

「楝」(レン)は、

形声。「木+柬(カン・レン)」、

とある(漢字源)。「柬」は、えらぶ、えりわける意で、類義語は簡。で、手紙の意もある。

「樗」 漢字.gif


「樗」(チョ)は、

会意兼形声。旁が音をあらわす、

としかない(漢字源)。にがき科の落葉高木を意味するが、日本ではみつばうつぎ科の「ごんずい」にこの字を当て、「おうち」にも当てる。

参考文献;
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』(小学館)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 04:58| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください