2024年06月15日

蹉跎


宿昔青雲志(宿昔(しゅくせき) 青雲の志)
蹉跎白髪年(蹉跎(さた)たり 白髪の年)
誰知明鏡裏(誰か知らん 明鏡の裏)
形影自相憐(形影(けいえい) 自ら相憐まんとは)(張九齢・照鏡見白髪)

のタイトル、

照鏡、

とは、

鏡に顔をうつしてみること、

とあり(前野直彬注解『唐詩選』)、

ある日、鏡を見たら、頭のしらがが目についた。わが身の老いの実感と、なすこともなく過ぎ去った生涯への追想をこめた詩、

と注釈がある(仝上)。また、

形影(けいえい)、

は、

形は姿、影はその影、

の意で、ここでは、魏の曹植が、

躬を責むる詩を上(たてまつ)る表、

で、

形影相弔(とむら)い、五情愧赧(きたん)す、

とあるのを踏まえ、

鏡にうつった影、

の意とある(仝上)。

蹉跎(さた・さだ)、

は、

時機を失すること、
むなしく時を過ごしてしまうこと、

とあり(仝上)、

蹉跎歳月(さたさいげつ)、

という四字熟語もある(四字熟語辞典)。

蹉跎、

は、「楚辞」九懐に、

楚辞曰、驥垂雨耳兮、中阪蹉跎、

とあり、西京賦薛綜注に、

廣雅曰。蹉跎、失足也、

とある(和名類聚抄)ように、

顛躓、

と同義で、

つまづく、
足を失ひたふる、

意だが(字源)、転じて、

欲自修而年已蹉跎(晉書・周處傳)、

と、

時機を失う、

意となり、さらに、それを敷衍して、冒頭のように、

蹉跎白髪年、

と、

不幸せにて志を得ず、

の意で使われる(字源)。

蹉跎白髪(さたはくはつ)、

は同義になり、

翫歳愒日(がんさいけいじつ)、
無為徒食(むいとしょく)、

も類似の意味になる(仝上)。

翫歳愒日(がんさいけいじつ)、

の、

「翫」と「愒」はどちらも貪(むさぼ)る、

という意味で、「春秋左氏伝」昭公元年が出典、

歳を翫(むさぼ)り日を愒(むさぼ)る、

とも訓読し、

人々を治める者が行ってはならないことを述べたもの、

とある(仝上)。

無為徒食(むいとしょく)、

の、

「無為」は何もしないこと、「徒食」は働かないで食べること、

で、

何もしないでただ過ごすこと、

の意となり、少し意味がずれる。むしろ、

酔生夢死(すいせいむし)、
飽食終日(ほうしょくしゅうじつ)、
遊生夢死(ゆうせいむし)、

が似た意味になり、

走尸行肉(そうしこうにく)、

というと、

走る屍骸と歩く肉、

という意味で、

生きていても役に立たない人、

と、人を侮蔑するときに使う(仝上)。

「蹉」.gif

(「蹉」 https://kakijun.jp/page/E741200.htmlより)

「蹉」(サ)は、

会意兼形声。「足+音符差(ちぐはぐ、くいちがう)」

とあり(漢字源)、「蹉跌」というように、躓く意であり、賓客不得蹉(賓客は蹉するを得ず)と、やり過ごす意、である。

「跎」.gif


「跎」(タ、ダ)は、餘り辞書に載らず、やはり、躓く意である。徒然草に、

日暮れて塗(みち 途)遠し。吾が生已に蹉跎(さだ)たり。諸縁を放下(ほうげ)すべき時なり、

と使われている。この元は、唐書・白居易傳にある詩「念佛偈」らしい。それは、

餘年七十一 不復事吟哦
看經費眼力 作福畏奔波
何以度心眼 一聲阿彌陀
行也阿彌陀 坐也阿彌陀
縱饒忙似箭 不廢阿彌陀
日暮而途遠 吾生已嗟跎
但夕清淨心 但念阿彌陀
達人應笑我 多卻阿彌陀
達又作麼生 不達又如何
普勸法界眾(衆) 同念阿彌陀

とあるものらしいのだが、

日暮れて塗(みち)遠し、

のフレーズは、

年を取ってしまったのに、まだ目的を達するまでには程遠いたとえ、

として、

日暮れて塗(みち)遠し。われ、故に倒行(とうこう)してこれを逆施(ぎゃくし)するのみ

と、「史記」伍子胥伝にある(デジタル大辞泉)。

参考文献;
前野直彬注解『唐詩選』(岩波文庫)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評;http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

posted by Toshi at 03:25| Comment(0) | 言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください