2013年08月28日

○印をつける


先だって参加した先日参加した「ブリーフセラピー研究会」の「MRI系ブリーフセラピーのエッセンス 」(講師:狐塚貴博氏)で,学んだMRIについては,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11290607.html

で触れたが,そこで,書き漏らした,スリー・ステップ・モデル(Three Steps Model)について,書き加えておきたい。

○印をつけるについては,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/10967952.html

で触れたが,再度ステップ全体を再整理し直してみたい。

いわゆるスリー・ステップ・モデル(Three Steps Model)は,

1.1st. Step

まずは○印を付ける。

2.2nd . Step

自然な変化の語り(Do more)。

3.3rd. Step

リフレームとパラドックス

であるが,ここでは,東北大学東日本大震災PTG支援機構相談員としての経験から,惨事ストレスを例に,このステップの意味を整理いただいた。それを再確認する形になる。

第一ステップの,○印をつける,

というのは,多く,

自分が弱いからではないか,

自分はだめな人間なのではないか,

努力が足りないのではないか,

等々と思い込みがちである。それに対して,

あなたの抱えている症状や反応は,「そんな状況を体験されれば,当然のことですよ」と,一般化(ノーマライズ)する意味である。もちろん共感に基づいてであるが,誰もがそうなるので,あなた個人のせいではないと,自分に向けている矢印,自責の思いを薄くする狙いである。

しかし,「当然ですよ」と言われても,多くの人は,すんなりとは納得しない。

でも,

そうは言われても,

という反応がある。ここで,論理階型(メタ化)によって,

「『そんな状況を体験されれば,当然のことですよ』と言われても,そうは思えませんよね」

と,メタ化した心の二重構造を,あらかじめ含めてしまって○印を付けてしまう。C・R・ロジャーズは,

私が私自身をあるがままに受け入れると私は変わることができる,

といっている。セラピストの提案に,納得しない自分も含めて,自分を表現され,その矛盾した自分をまるごと○を付けられることで,初めて,自分を受け入れられる。

ここでは,セラピストは,クライアントの心を受容し,それを当然とノーマライズされても,納得できないクライアントの心の構造全体をメタ化する視点がいる。

つまり,ただ,

クライアントの悲惨な体験に落ち込んでいる心理と同じレベルにいるのでも,

それに対して,それは当然ですよと,一般化するセラピストの視点でもなく,

その両者のやり取りの先にくるであろう,クライアントの「でも」をも見通して,

両者のいまと,その先をメタ化する視点に立っている,ということである。これは,CTIで言う,

レベル1(内的傾聴)
レベル2(集中的傾聴)
レベル3(全方位的傾聴)

ではなく,それ自体をもメタ化する視点がいる,ということである。論理階型(メタのメタのメタ…)とは言い得て妙である。ある意味で,最終視点からは,入れ子になっている,と考えていい。

第二ステップの,自然な変化の語りは,

惨事ストレスは,多く50~90%は,6ヵ月後には回復が見込める。しかし少しずつ回復していく自分に戸惑い,仮に徐々に回復していたとしても,そのことに気づきにくい。そこで,問題が発生してから現在までの間で,

・その問題の程度に少しでも違いがないかを確認し,

・それまでに主体的にやってきた対処や行動を支持する,

という形で,コンプリメントする(ねぎらう)。そこでするのは,

・できていないことではなく,できていること,やれたことを,個人の能力に帰属させ,Do more うまくいっていることは,もっと続けてもらうためである。

ハーマン曰く,

精神療法は悪魔祓いではない,その前提は,真実を語ることによる自然治癒力である。

それを促すのである。さらには,スケーリング・クエスチョンによって,10の5か6か,そのできている方に着目する。

こんな大変な中で,どうしてそんなことができたんですか,

これも承認というか,質問を使ったコンプリメントである。

第三ステップは,リフレーム&パラドックス,

大体は第一,第二ステップを適用でき,ここまで進まなくてもよいことが多い。

ここでは,避けようとするほど思い出すことが多くなる(侵入)。生々しく不意にフラッシュバックしてくる。それならば,向こうが来るのを待つのではなく,自分から思い出すように援助する。そしてその意味づけをすること(リフレーム)が大事になる。

たとえば,津波の直前タクシーに乗り,タクシーごと津波に巻き込まれたのに,自分だけが助けられたことに,ずっと心に重荷を背負っていた女性に,

タクシードライバーの最期の様子を記憶しているただ一人の人,

とその記憶をリフレームすることで,女性が,

タクシー会社へ手紙を出す,

ということを思いつく。このことによって,

そのときのことを思い出すこと自体の意味が変わり,

より詳細に思い出せば出すほど,(相手への)いい情報になり,

そうやって思い出すことが重要になっていく,

というように,リフレーミングされ,意味づけが変わっていくことになる。と同時に,これは,

パラドックスにもなっている。

いやなはずのことを思い出せば出すほど,タクシー会社への手紙の,ドライバーの方の最期の記憶ということの意味がますます高まっていく,というように。

講師曰く,

このスリー・ステップ・モデルを持っていることで,どうしていいかわからない時も,自分のメンタルヘルスにいい,

と。凹まないですむ,という。

ここでも,MRIの解決像が生きてくる。

問題の解決ではなく,その問題を持ちながら,それを自分の力で何とかしつつ生きていける,

ことが,セラピーの終了だ,と。



今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm






#MRI
#スリー・ステップ・モデル(Three Steps Model)
#狐塚貴博
#論理階型
#メタ化
#リフレーム
#パラドックス
#コンプリメント
posted by Toshi at 06:09| Comment(1) | ブリーフセラピー | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

リソース


先日,第65回ブリーフ・セラピー研究会「システムズアプローチの基本 ~治療システムと介入の下地作り~ 」(講師:龍谷大学文学部教授 吉川 悟)に参加してきた。2日間にわたるハードなプログラムで,正直疲れた…!

何回かにわけて,まとめておきたい。

まずは,全体からの学びを整理しておきたいが,2日目の最後のところで,エリクソンの言葉(そのままではないが)として,

異常なときに,異常なことをするのは正常,
異常なときに,正常なことをするのは異常,

を聞いて,ひとつ腑に落ちることがあった。これは,一種のノーマライゼーションなのだが,たとえば,

腹痛で苦しんでいるのに,何とか学校へ行かなくちゃとがんばるのは異常,

腹痛で苦しんでいるのなら,学校へ行けないのは当たり前,

腹痛が治ったら,元へ戻せばいい,

と言い切れるこちら側の目線というか,準拠枠が問われている。どんなアプローチをとろうとも,その目線がなければ,痛みを共有できない以上,共感は嘘っぽくなる。

そこには,社会側の常識=本人の常識が,

例えば,学校へ行かなければならないのに,いけない。行かなくちゃ,でもいけない…!

の悪循環となり,本人を苦しめている。セラピスト(コーチでも同じ)側の目線が,常識と同じなら,行くことがゴールになってしまう。しかし,その常識を外すなら,痛みの除去がゴールになる。解決方法が全く変わる。

さて,吉川先生のセミナーは何回か参加させていただいたが,改めて,

治療システムの構築

を柱に,

情報収集→仮説設定→働きかけ→情報収集→

(この循環は,何か喋る(働きかけ)→クライアントの反応(情報収集)→再整理し戦略を決める(仮説設定)→という一回ごとの会話,あるいはしゃべっている最中も起きる)

というクライアントとの関係性づくり(つまりクライアントとの信頼関係づくり)の中で,

クライエントや家族が話しやすいようにする,

話の展開に負荷をかけないようにする,

を意識しつつ,ジョイニングをして,どう介入していくか,の基本と実践をさせていただいた。そのとき,

介入のためには、下地作りが必要で,働きかけようとしていることが現在の治療システムにとって負荷が大きなものにならないか,当然のこととして変化を了解してくれる可能性があるのか,もっと単純にいうならば,できることをお願いしようとしているのかという単純なレベルの日常確認でさえ,介入の下地といえます。

ということが必要なのだが,言葉を換えると,クライアントがすでに言っていること,できていること,をベースにすることで,変化が起こしやすくなる,それをどう敏感に見つけていくか,と言うことになる。

当然ながら,メタポジションが必要で,

実際にクライアントに接している自分,
それに反応するクライアント,
それを見るもうひとりの自分,

の視点(CTIで言う,レベル1,レベル2,レベル3に当たる)。そのがもてなくてはならない。瞬時の反応次第で,せっかく質問したことの意図自体を無にする振る舞いを自分がするかもしれない,緊張が絶えずついて回る。

そこで,面接の基本姿勢として,

面接の目的は,クライアントが構成している「現実・未来・可能性」を作りかえること。

しかし,あらたな変化を作り上げるのではなく,「既に起こっている変化」を強調すること。

これは,ブリーフセラピー(あるいはソリューション・フォーカスト・アプローチも)の

変化は常に起こっており,必然である,

変化は多様な理由・方向から生まれる,

クライアントは自ら問題を解決するためのリソースを持っている,

に基づいている。

そのリソースを探すためには,出来事をどう正確につかむかにかかっている。「なぜ」という原因探しではなく,

どういう状況で,

何が起きているか,

を具体的に聞き出し,意味ではなく,出来事を詳細につないでいく中で,

関係者自体の問題対応,

関係者の行動パターン,

相互作用の微妙な変化,

をつかむことで,

状況を変えるリソース(できていること,すでに解決しかけていること,すでに言っていること等々)をその中に見つけられるかもしれないし,

変えるべき要素(パターンに誰を,何を加えると変わるのか等々)が見えてくるかもしれない。

特に,システムズアプローチは,相互作用のパターを変えようとするので,

どのタイミングで,何が起き,

誰(と誰が)がそれに関わっているか

を徹底的に具体化する。これが相互作用のパターンになる。

ミラクルクエスチョンでは,そのことが(あるいは問題解決が)実現してしまったとして,その日気づくことを詳細に聞いていく中で,それと対比しながら,既にできていることを引き出していくが,それが可能になるのは,出来事自体を,意味や価値と切り離して,行動として,かかわりとして,関係として,具体的に現出させているからだ。

アクションを聞く時も,障害を聞く時も,問題を聞く時も,これはいつもあてはまる。事実を解釈や意味づけのレベルで丸めて聞くと,細部は見えない。

細部に真実が宿る,

ではないが,

細部にこそ,リソースが宿る。

これは,聴き手側の目線の問題だ。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm





#ブリーフ・セラピー
#システムズアプローチ
#吉川 悟
#ソリューション・フォーカスト・アプローチ
#目線
posted by Toshi at 05:25| Comment(0) | ブリーフセラピー | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

造形


第74回ブリーフ・セラピー研究会定例研究会,「システムズアプローチによる介入戦略を再検討する-家族像形法を用いた自己チェック」(吉川悟 龍谷大学文学部教授)

https://www.facebook.com/events/849023001818084/

に参加してきた。

「家族造形法は、1960年代にアメリカを中心に普及した家族療法における介入技法として位置づけられており、現在では、臨床家のトレーニングにも応用されるようになっています。今回の研修会では、この家族造形法を用いて、自身の事例に対する介入戦略を自己チェックできる方法を示し、参加者が自らの持つ事例を想定した介入戦略そのものを再検討します。」

ということで,自分のケースを素材に,クライエントの家族関係を造形してみることで,自分がわかっていること,わかっていないこと,意外な気づきを得た。

「家族造形法」は,

「家族造形法(Family Sculpture)は、1960年後半、心理劇の背景を持つDavid Kantorによって始められた家族療法の技法であり、duhl B., Papp P., Satir V.などの体験学派の家族療法家によって広められてきた。精神療法やカウンセリングは家族(関係)に関する語り中心の手法であるが、家族造形法は家族メンバーを彫刻として配置することを通して、家族のパターンを見、家族の心理的距離を視覚化できるため、家族の関係に対して直接的に関与する手法とされており、診断的側面、治療的側面の両方を備えている。相談場面において、家族を彫刻として家族のイメージや風景を造形するのだが、その造形役は、家族成員を一人ずつ空間に配置し、姿勢、視線、表情などを作っていくことが基本である。全員を配置し、姿勢、視線、表情などを作り、全員を配置後、一定時間静止し、各役柄上の感情や気持ちに集中する。そして、どのような感情が湧いてきたかなどをお互いにフィードバックするものである。)

というものであるが,僕は,以前,システムコーチングを紹介する人から,例えば,家族構成員,あるいは,チーム構成員の役割を割り振って,そこでの関係を,

立ち位置,
相互の距離感,
向き合い方,

等々で,構成員間の関係をビジュアライズするのを体験させてもらったことがあるので,ああ,これがネタ元か,と腑に落ちるところがあった。

今回は,例えば,ケースの関係者が,父と母,長男と,次男,という家族関係だとすると,その四人役を,まずは,自分(セラピスト)が,イメージする,クライエントを中心とした,家族関係を,

立ち位置(座るもあるし,寝転がるもある等々),
相互の距離(相互の心理的隔てを距離で示す),
お互いの向き(正対なのか,斜めなのか,背中合わせなのか),
表情(悲しげ,辛そう,怒り,等々),
しぐさ(拳を振り上げている,手をつないでいる,肩に手を置いている等々),

等々を具体的に,それぞれの役割の人に担ってもらって,造形し,その後10秒フリーズする。そして,それぞれの役割を担った人に,そのとき感じたことを,言語化してもらう。ついで,クライエント役の人が,その関係配置で感じている相互関係のイメージを,配置し直し,造形し直してもらう。

そこで,セラピストの感じていた配置と,まったく違う関係構図が造形されることがあり,ある意味で,セラピストが想定していたクライエントとクライエントの背後の人間関係の見直しを迫ることがある。ここが,意外と,尖鋭であった。

「実際のクライエント家族に使うのは,(よほど治療者との関係が出来ている場合を除いて)おすすめしない」

と,吉川先生が,言われたのは,たとえば,IP(Identified Patient;患者と見なされた人)である子供が,両親の関係を,赤裸々に表現することの衝撃が大きすぎる,ということで,自分の事例のアセスメントや教育分析の訓練手法として使うというのが,実際であるようだ。

いってみると,

「家族造形法は基本的に家族に内在する問題や心理的葛藤を『家族造形』として象徴化する」

ことによって,見える化をはかることになる。ただ,その問題関係の造形は,セラピストが見るのと,クライエントが見るのとも,さらに,他の構成員から見るのとでも,違う。しかし,何のために,これをするかと言うと,どういう関係の変化を起こせばいいか(どう介入するか)を,セラピストが考えるキャンバスとしてであって,その意味ではなかなか興味深い。

ただ,自分のケースで,関係を造形してみようとすると,いかに大事な情報が抜けているか,に気づく。その意味では,セラピスト自身の面接のアセスメントにもなっている。

大事なことは,あくまで,変化を起こすためのきっかけを見つける手段であるので,たとえば,

セラピストのつくった造形

を,

セラピストの考える小さな変化を起こした造形

にどう変えていくか,その変化をどういうアプローチですればいいのか,そして,

セラピストの最終ゴール

に,どういうプロセスを経て持っていく(介入していく)か,を考えていく。そのとき,小さな変化によって,

誰が,楽になったか,
誰が,苦しくなったか,

その不満というか,感覚を,セラピストがきちんと予想できた上で,変化を起させたのか(介入したのか),セラピストの構想力が問われてくる。

「変化」

というものを,どうも大袈裟に考えすぎる,と吉川先生は,おっしゃる。たとえば,

(IPが)わずかに首をかしげた,

という動作だけで,「なにそれ?」と,それに反応する変化は起きる。不登校の息子との関係で,父親が,妹とちょっと一緒に散歩に出る,というだけで,変化は起きる,という。

家族はシステム,

である。ということは,わずかな身じろぎでも,その影響は,他の成員全体に波及する。

ソリューション・フォーカスト・アプローチでも,

「小さな変化は,大きな変化を生みだす。」

という。ミルトン・エリクソンは,

「緩やかな変化」

といった。「風が吹けば桶屋が儲かる」式の,漣のような変化の連続を,どう,誰に,どんなふうに起こさせるか,結局,セラピストが何を見ているか,に左右される。

最後に,セラピスト自身を,その家族の関係図の中に,どういう位置関係で,置いてもらえるか,と問われた。それは,ソリューション・フォーカスト・アプローチで,クライエントの自己対話の中に,セラピストの問いが紛れ込むのに似ている,と感じた。






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:32| Comment(0) | ブリーフセラピー | 更新情報をチェックする