2013年02月09日

邪馬台国をめぐって


かつてもいまも邪馬台国というと熱くなる人がいっぱいいるので迂闊なことは言えない。ただ最近立て続けに何冊か邪馬台国関連の本を読んだので,ちょっと自分の興味を惹いた部分だけ整理してみたい。

まずは九州か近畿かという所在論争について。

ちょっと九州説の旗色が悪い。理由は年代測定から来ている。

ひとつは,弥生時代中期は,紀元前100年から紀元100年の約200年を示すもので,邪馬台国は弥生時代の後期段階に属し,特にその後半期が問題の時期と考えられてきた。しかし,最近AMSによる放射性炭素年代測定法の理化学上の測定や年輪年代学の測定結果から,弥生中期の年代が従来より50年から100年遡ると考えられるようになった。

その結果,紀元後一世紀から二世紀末ころまでが後期,三世紀初頭は終末期に該当し,二世紀後半から三世紀中ごろの卑弥呼の時代は,弥生後期ではなく,古墳の出現期にあたると考えられるようになった。

いまひとつは,そこで俄然注目を浴びたのが,箸墓古墳である。その周壕や土手の沖積状況と出土する土器から箸墓古墳の築造年代を,240~260年と推定した。まさに,卑弥呼の魏への使節派遣が,238年,卑弥呼の死は247年頃となり,卑弥呼の時代と同時代ということになる。さらに,箸墓周辺の纏向遺跡には,80~110m前後の前方後円墳がいくつか存在している。しかも,北部九州には,倭人伝でいう,7万戸の大集落跡は見つかっていない。

ところが,もし箸墓が卑弥呼のものなら,なぜ正史『日本書紀』は,卑弥呼のことを全く触れていないのか。すでに魏志倭人伝の存在を知っていながら,卑弥呼の所業も台与の所業も,神功皇后の事跡としてしまっている。箸墓周辺は,初期ヤマト王権三代の天皇の宮があったと伝承されており,崇神天皇は磯城の瑞籬宮,垂仁天皇は,纏向の珠城宮,景行天皇も纏向の日代宮と,この地域に宮を構えていて,それで卑弥呼の功績を伝えていない,ということは,ヤマト王権の系譜には卑弥呼はもともと存在していない,と考えなくてはならないのではないか,という疑問がある。

次は魏志倭人伝の位置づけについてだ。

魏志倭人伝は,夷狄伝知友,最大の分量を費やすという破格の扱いを受けている。魏を滅ぼし西晋を立てた司馬懿が公孫淵を滅ぼし,その結果遠方より聴講に来ることのできた倭国は,好意的に描かれる。その背景には,当時の国際関係が絡む。親魏倭王の称号を卑弥呼はもらっているが,いま一人,親魏の称号をもらっているのが,大月氏王である。親魏大月氏王は,例の諸葛孔明が北伐を企てた時,その背後から蜀を牽制する役割を期待していた,とみなされている。では,倭に期待されていたのは,何か。それは,三国志のもうひとつ,呉への牽制である。

事実邪馬台国と敵対関係にあったと目される,九州南部の狗奴国は,呉と交流していたとみられる遺物が発見されている。

この視点から見ると,邪馬台国の位置は,呉を牽制するところまで動かされている可能性がある。つまり,呉を牽制するように,中国の東南に配置されている。

当に,会稽東冶の東に在るべし

という書き方は,まさにそれを意味している。会稽郡は,呉郡の南,呉の都建業の南と位置づけられる。まさに呉の背後を衝く位置とされている。かなり理念として,南方へと移動された位置に在るべきと考え,それに合わせて描写になっている危険すら存在する。渡邉さんは,こう言う。

陳寿(著者)が,倭国は東南に在るとの認識のなかで,当該時代の中国西南の世界観を形成していた『漢書』地理志の記述を節略しながら,倭人の習俗を南方系に作り上げた蓋然性は高い。

それに呼応するように,実は,卑弥呼は絶妙なタイミングで魏に使者を送っている。たとえば,

『晋書』に記載される泰始二年十一月の朝貢が,前年に曹魏を滅ぼし,南北郊祀の場所を改めた重要な時期に,それを言祝ぐために行われている…。泰始元年に曹魏を滅ぼして建国した西晋が,天使にとって最も重要な祭祀である郊祀を,曹魏が採用していた…学説から,武帝司馬炎の外祖父にあたる王粛の学説に従って改めるという,祝賀すべき時期に使者を送っている。

それにしても,国際関係の微妙な変化を見据えて,使者を送っている邪馬台国の国際感覚は,逆にいえば,西晋側にそれを期待させるほどのものだったということができる。それが卑弥呼の国内の人材なのか,渡来人なのかは別として,十分国際感覚のある外交をしていたことだけは確かである。

その意味で,邪馬台国が近畿にしろ北部九州にしろ,倭人伝から想像する,なんとなく南方風俗の国でなかったことだけは確かなのだ。正式の国書は,中国の礼にもとづいた漢文で書かれていることは間違いない。それを考えただけでも,倭人伝の描く習俗と,知的な外交感覚との落差は大きい。

まあしかし,場所はどこか,卑弥呼は誰か云々という,白熱した邪馬台国論争は,結局天皇陵と指定されている古墳の禁忌がとかれて,いっせいに科学の調査がなされない限り,徒労のような勝者なき論争が続く気がしてならない。なぜもっと声高に,そのことが言われないのか。民主主義国とは到底思えない,明治以降のタブーがいまだ延々続いている。



参考文献;
足立倫行『倭人伝,古事記の正体』(朝日新書)
大塚初重『邪馬台国をとらえなおす』(講談社現代新書)
渡邉義浩『魏志倭人伝の謎を解く』(中公新書)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#魏志倭人伝
#邪馬台国
#卑弥呼
#三国志
#陳寿
#晋書
#纏向遺跡
#箸墓古墳
#親魏倭王

posted by Toshi at 07:26| Comment(5) | 古代史 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日


「は」は,

端,
羽,
刃,
歯,
葉,

と漢字に当ててみなければ,それだけでは(文脈においてみないと)意味を聞き分けられない。「はな」

http://ppnetwork.seesaa.net/article/449051395.html

の項で少し触れたが,「葉」「歯」「羽」は,ともに,

ヒラ(平),

と関わるとする説がある。擬態語,

ひらひら,

とつながるのではないか,という気がする。順次見ていくが,『大言海』は,「歯」は,

「平(ヒラ)の約。端の義」

とあり,「羽」は,

「平(ヒラ)の約。扇(はふ)る意」

とし,「葉」は,

「平(ヒラ)の約」

「刃」は,

「歯の義」

とする(『広辞苑』もそれを取る)。そして「端」は二項立て,一つは,

「邊(ヘ)に通ず」

として,「はた,はな,へり,つま」の意を載せ,いまひとつは,

「或いは云ふ。半(は)の音かと」

として,「はした,はんぱ」の意を載せる。どうやら,

「刃」と「歯」
「葉」と「歯」

とが関わるように見える。そして,

「端」

の翳がどの言葉にも見え隠れする。

葉.jpg


『日本語源広辞典』は,「刃」について,二説挙げる。

説1,「薄く平らな,切り離すもの」が,ハで,「葉」と同源。
説2,「噛み切るところから,歯と語源が同じ」

にわかれる。「刃」は,「葉」にも「歯」にもつながる。『日本語源大辞典』は,

物を断つところから,ハ(歯)の義(名言通・和訓栞・言葉の根しらべ),
ハ(端)の義(国語の語幹とその分類),

とする。さらに,「端」にもつながる。

「歯」については,『日本語源広辞典』は,

「『口にくわえるものが,ハ』で,ハ(喰)む,口にハさむのハです。散り落ちる歯と抜け落ちる歯とを同一語源た゜とする説は,信を置くことがでくません。」

とする。『日本語の語源』も,

「ハム(食む)の語幹が独立した語」

と見なす。『日本語源大辞典』は,

ヒラ(平)の義(名言通・国語本義・名語記・大言海),
ハ(葉)の義。抜け落ちる様子が,秋の落葉に似るところからか(和句解・玄同放言・言葉の根しらべ),
ハ(端)の義(国語の語幹とその分類・日本語源),
ハ(刃)の義(言元梯),
ハム(喰)の義(日本語原学),

と,「刃」とも「端」とも「葉」ともつながる。

「葉」は,『日本語源広辞典』は,

「見た感じの『ひらひら』もしくは『はらはら』が語源にかかわっている」

と見なす。『日本語源大辞典』は,

薄くたいらであるところから,ヒラ(平)の反(名語記・国語本義・和訓栞・言葉の根しらべ・国語の語幹とその分類),
落ちて再び生ずるところから,ハ(歯)にたとえたもの(九桂草堂随筆)
ヒラヒラしているところから,ヒラの義(名言通・日本語原学),
ハラハラしているところから(日本語源),

と,「歯」と「ひら」「はら」という擬態語と関わらせる。『語源由来辞典』

http://gogen-allguide.com/ha/ha_syokubutsu.html

は,

「薄く平たいことから『ヒラ(平)』、ヒラヒラしていることから『ヒラ』、ハラハラしていることから『ハラ』、落ちて再び生ずることから『歯』に喩えたものなど諸説ある。 一音の語の 語源を特定することは難しいが、枝や茎から出る『葉』と歯茎から出る『歯』は類似して おり、関係があると思われる。ただし語源が『歯』という訳ではなく、『歯』と同源であろう。『は』の音には、『生じるもの』の意があり、『は(生)ゆ』の『は』ではないだろうか。」

と,「はゆ(生)」説をとる。僭越ながら,逆に思われる。「葉」や「歯」が認識されて初めて,「は(生)ゆ」が意識される。むしろ,「は(生)ゆ」は「歯」「葉」の動詞化という方がいいのではないか。そう思って「はゆ」を調べると,『大言海』には,

「延(は)ふに通ず」

とある(『古語辞典』には「ハヤシ(林)・ハヤシ(早・速)の語根ハヤを活用させた語。物が勢いを得る意」)。百歩譲っても,「芽」ならわからないでもないが,「葉」では,「はゆ」は,異和感がある。

「羽」は,

「ヒラヒラしたもの。『ヒラ』の変化」

と,『日本語源広辞典』にある。『日本語源大辞典』は,

ヒラ(平)の約(名語記・大言海・国語の語幹とその分類),
ヒラケ(平気)の下約(日本語原学),
ハル(張)の義(名言通),
ハル(発)の義(言葉の根しらべ),
ハ(葉)の義(言元梯),
フワフワしているところから(国語溯原),

と,載せる。『語源由来辞典』

http://gogen-allguide.com/ha/hane.html

は,

「羽の語源には、『ハヤノヘ(速延)』の反や、跳ねるところからとする説もあるが、漢字で『羽根』とも表記するように、『ハネ』は『ハ』という不安定な一音節を避けるため、接尾語『ネ』を付けたものである。『ハ』の語源には、『ヒラ(平)』『ハル(張・発)』『ハ(葉)』などの意味とする説があり、一音節からなる言葉の由来を特定する事は難しいが,広がりのあるものを表す語には『h』の音で始まる語が多く、擬態語に似た表現が元になっていると考えられる。」

とする。「広がりのあるものを表す語には『h』の音で始まる」は,「葉」「歯」「刃」「羽」「端」すべてに当てはまるので意味がない。しかし,『大言海』が,

「刃」と「歯」
「葉」と「歯」

と語源を大まかに分けたのが近いのではないか。そして,億説だが,「端」が共通の語源であるように思える。『日本語源広辞典』は,

「ハシ,ハタ,ハシタと同言語」

とする。『日本語源大辞典』は,

ハシの義(和訓栞),
ヘ(辺)と同源(古代日本語文法の成立の研究),
ハタ(端)の反(名語記),
撥ねる音パチパチから出た語。撥ねて距離を生じる意から(国語の語幹とその分類),

とする。「端」も,擬態語ではないか,という気がしてならない。考えられるのは,

ひらひら,

である。「ひらひら」は,

薄い物やちいさい物が翻るように面を変えながら空中を漂う様子,

の意である。「ひらめく」「ひらめかす」等々は,「ひらひら」から派生した語である。「ひらめく」は,

きらめく,

意であり,

ひらひらとする,

意である。いずれも,「葉」「歯」「刃」「羽」「端」に通じる。

参考文献;
山口仲美編『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm

今日のアイデア;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/idea00.htm

posted by Toshi at 06:05| Comment(0) | 古代史 | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

きらう


「きらう(ふ)」は,

嫌う,
斥う,

等々と当てる。『大言海』の意味の説明がいい。

①棄て退ける,
②心に適わずとす,好まず,
③忌む,憚る,

『大言海』は,

「切るの延なるべし(取る,とらふ(捕)。遣る,やらふ)。」

とし,『広辞苑第5版』も,

「切ると同源か」

とし,『日本語源広辞典』も,

「『キラ(切るの未然形)+フ(継続反発)』です。感情的に切り続ける意味の動詞です。その連用形キライは形容詞として使います。いやにおもい,離れたい心情を,対人関係を切り続けたいと表した語です。」

とする。

『岩波古語辞典』もやはり,

「キリ(切)と同根か」

としつつ,

「切り捨てて顧みない意。類義語イトヒは,避けて目を背ける意」

と,「いとう」と対比している。「いとう」については,

「いやだと思うものに対しては,消極的に身を引いて避ける。転じて,有害と思うものから身を守る意。類義語キラヒは,好きでないものを積極的に切りすて排除する意」

とある。「きらう」が積極的に排除するのに対して,「いとう」は遠ざかる感じである。

「きらう」の語源は,「切る」説が大勢だが,その他に,

キリアフの約。切顕れ進む義(国語本義),
キイナム(気呑)の転(言元梯),
アキハラフ(飽払)の義(日本語原学=林甕臣),

とあるが,「いとう」との関連から見ても,「切る」と同源でいいのではないか,と思われる。

「きらう」の類語で,「毛嫌い」がある。これは,

「鳥獣が相手の毛なみによってすききらいすることから」

と『広辞苑第5版』にはあるが,『大言海』は,「板阪卜斎記(慶長)」の,

「鶏を合わせ候に,向こうの鶏,一方の鶏を見て退き候,是れを下々にて,毛嫌と申し候」

と,鶏のこととする。しかし,『日本語源広辞典』は,

「毛の色+嫌い」

とし,

「馬を交尾させるとき,好みが激しく,全く相手を寄せ付けない場合,博労たちが『毛嫌い』といったことによります」

とする。鶏が先か馬が先かは別だが,鳥獣の選り好みを指していたものだろう。この場合,

嫌い,

は生理的ないし,感覚的なものと見ていい。理屈ではなく,膚が合わない感じである。

『語源由来辞典』(http://gogen-allguide.com/ke/kegirai.html)は,

「毛嫌いの語源は、鳥獣が相手の 毛並みによって好き嫌いをすることからといわれる。また、闘鶏で相手の鶏の毛並みを嫌って戦わないことから出たとする説や、雌馬が雄馬の毛並みを嫌って馬の種付けがうまくいかないことから出た言葉など、『毛嫌い』の出所を示す説もある。ただし、『毛嫌い』の細かな出所は定かではないため、鳥獣が毛並みによって相手を嫌うことを元に、後から付け加えられたものと考えられる。」

とする。そんなことかもしれない。

似た言葉に,「忌み嫌う」というのがある。「忌む」は,『岩波古語辞典』に,

「イはユユシのユの母韻交替形。タブーの意。つまり,神聖なもの・死・穢れたものなど,古代人にとって,激しい威力を持つ,触れてはならないものの意。従ってイミは,タブーと思う,タブーとして対処する意」

とあり,穢れ,畏れ,の意が含まれている。汚らしい,憚られる,という感じであろうか。この場合も,生理的,感覚的だが,その感覚は,他の人も共有できる何かを含んでいる。

虫唾が走る,

という言い回しが,それに近いのかもしれない。理屈が少し勝れば,

蛇蝎の如く嫌う,

となる。

唾棄,

が近い。むしろ,避ける感覚が強ければ,

顰蹙,

程度で済む。

「嫌」(漢音ケン,呉音ゲン)の字は,

「会意兼形声。兼(ケン)は,禾(いね)を二つ並べ持つ姿。いくつも連続する意を含む。嫌は『女+音符兼』で,女性にありがちな,あれこれ気兼ねし,思いが連続して実行を渋ることをしめす。」

とある。「しぶる」という含意がある。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:斥う きらう 嫌う
posted by Toshi at 05:23| Comment(0) | 古代史 | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

さわぐ


「さわぐ」は,

騒ぐ,

と当てる。「騒」(ソウ)の字は,

「会意兼形声。蚤(ソウ)は『虫+爪』から成り,のみにさされてつめでいらいらと掻くことをあらわす。騒は『馬+音符蚤』で,馬が足掻くようにいらだつことをあらわす」

とある(漢字源)。さわぐ,意だが。いらだちや落着かないさまをも意味する。漢字には,「さわぐ」意の物がいくつかあり,

騒は,騒動する義。いそがはしく,みだる,騒乱と熟す,
擾は,かきみだす,義。煩也,亂也と註す。紛擾,煩擾と熟す,
噪は,鳥などの羣がり鳴くをいふ。蟬噪と熟す。譟と通ず,
譟は,人々のやかましくわめく義。羣呼煩擾也。また,聒(かまびすしい)也,擾也と註す。鼓譟と熟す,
躁は,落ち着かざる義,静の反なり。あがくとも訓む。軽躁と熟す,

と区別している(字源)。

和語「さわぐ」は,

「奈良時代にはサワクと清音。サワは擬態語。クはそれを動詞化する接尾語」

とある。「サワ」は,

さわさわ,

という擬態語と思われるが,今日,「さわさわ」は,

爽々,

と当て,

さっぱりとして気持ちいいさま,
すらすら,

という擬態語と,

騒々,

と当て,

騒がしく音を立てるさま,
者などが軽く触れて鳴る音,
不安なさま,落ち着かないさま,

の擬音語とがある。「擬音」としては「さわさわ」は,

騒がしい,

というより,

軽く触れる,

という,どちらかというと心地よい語感である。むしろ,

ざわざわ,

というところだろう。しかし,

「古くは,騒々しい音を示す用法(現代語の『ざわざわ』に当たる)や,落ち着かない様子を示す用法(現代語の『そわそわ』に当たる)もあった。『口大(くちおお)のさわさわに(佐和佐和邇)引き寄せ上げて(ざわざわと騒いで引き上げて)』(古事記)。『さわさわ』の『さわ』は『騒ぐ』の『さわ』と同じものであり,古い段階で右のような用法を持っていた」

とある(擬音語・擬態語辞典)。「さわさわ」は,

「音を云ふ語なり(喧喧(さやさや)と同趣),サワを活用して,サワグとなる。サヰサヰ(潮さゐ),サヱサヱとも云ふは音轉なり(聲(こゑ),聲(こわ)だか。据え,すわる)」

とあり(大言海),「さいさいし」が,

「さわさわの,さゐさゐと転じ,音便に,サイサイとなりたるが,活用したる語」

と,「さわさわ」と関わり,

「『万葉集』の『狭藍左謂(さゐさゐ)』,『佐恵佐恵(さゑさゑ)』などの『さゐ・さゑ』も『さわ』と語根を同じくするもので,母韻交替形である。」

とある(日本語源大辞典)。

因みに,「さやさや(喧喧)」は,

「サヤとのみも云ふ。重ねたる語。物の,相の,触るる音にて,喧(さや)ぐの語幹」

であり,「さやぐ(喧)」と動詞化すると,

さわさわと音をたてる,

意となる。

さわさわ→ざわざわ,

と擬音が意味をシフトしたために,その語感がぴんと来ないが,

「古くは,『さわさわ』も,騒々しい音や落ち着かない様子を示した例がある」

とあり(仝上),「さわさわ」で「ざわざわ」をも含意させていたように思える。上代,清音が多いのは,上代倭人は,濁音を苦手としたのかもしれない。

参考文献;
大野晋・佐竹 昭広・ 前田金五郎編『古語辞典 補訂版』(岩波書店)
大槻文彦『大言海』(冨山房)
前田富祺編『日本語源大辞典』 (小学館)
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
藤堂明保他編『漢字源』(学習研究社)
簡野道明『字源』(角川書店)

ホームページ;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/index.htm
コトバの辞典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/kotoba.htm#%E7%9B%AE%E6%AC%A1
スキル事典;
http://ppnetwork.c.ooco.jp/skill.htm#%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E4%BA%8B%E5%85%B8
書評
http://ppnetwork.c.ooco.jp/critic3.htm#%E6%9B%B8%E8%A9%95

ラベル:さわぐ 騒ぐ
posted by Toshi at 03:49| Comment(0) | 古代史 | 更新情報をチェックする