2014年08月14日

理不尽


生来,

理不尽なこと

が嫌いらしく,これは,ヤクザを投げ飛ばして,返り血を浴びて帰ってきた,

父遺伝

のものらしい。理不尽は,意味としては,

道理を尽くさないこと
道理に合わないこと,無理無体

となるが,

非合理(知性または理性ではとらえられないこと,論理的ではなく情緒的なもの,超自然てき,反理性的なこと)
とか
不合理(道理に合わないも筋の通らないこと)
とか
イラショナル(ラショナルでない)

という意味よりは,

不条理(背理,筋道・道理の通らないこと)

に近い。昔から,よく,

現実的に考える(考えろと言われるほうが多いか)

という言い方をされた。しかし,現実という言葉に,言っている本人も騙され(ているふりをし)ているだけだ。多く,

長いものに巻かれろ,

大勢は決した,いまさらじたばたするのは悪あがきだ,

利害得失を考えろ

といったニュアンスが含まれていて,現実的とは,

理にかなっている,
合理性がある,

等々と,言い訳的に言われるが,その実,

妥協

という意味よりは,

現状追認,

あるいは,

流れに竿さす

こととへの後ろめたさから言っているにすぎないことが多い。とりわけ,わが国で使われるのは,

大勢に順ずる

と言うほどの意味でしかないことが多い。つまり,本当にそれが現実的かどうかを,是非善悪,理非曲直を糺した結果ということはほとんどない,と言うことだ。

我国は,

大義

を掲げているときは,多く,錦の御旗程度の意味しかなく,自分たちの得心のためでしかない。だから,

八紘一宇
とか
五族共和

という類も,自分たちの行為の合理化ないし糊塗でしかない。今日,

積極的平和主義

も,その類といっていい。いまだかつて,本当の意味で,

大義

を掲げて,世界のために何かしたことは,ほとんどない。他国も同じではないか,と言うかもしれないが,少なくとも,主観的には,それが大義だと信じている。しかし,われわれは,多く,

お為ごかし

として使っている。詐欺と同然である。

それを理不尽という。

僕は思うのだが,その一瞬には気づかないが,振り返ると,あのときがそうだったと思い当たる,歴史の転換点に,偶然立ち会うことがある。 いま,そんな大きな分岐点にいることは確かだ。未来の人に対して,本当に,心の底から,それでよし,と言い切れる人が何人いるのか。

いままた,現実的に,

現状追認

するのだろうか。満州事変から,現状追認を続けて,十年の日中戦争に陥り,挙句の果てに太平洋戦争に突入した,十五年戦争と同じように。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 04:44| Comment(0) | 気質 | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

粗忽


昔から,粗忽である。軽率と言い換えてもいい。粗忽とは,辞書的には,

①あわただしいこと。あわただしくことを行うこと。
②軽はずみなこと。そそっかしいこと。また,そのさま。軽率。
③不注意なために引き起こしたあやまち。そそう。
④唐突でぶしつけなこと。失礼なこと。また,そのさま。

とある。ここにないが,もうひとつ,早飲み込みというのがある。早合点,である。軽はずみに含まれる,と言えば言えるが,分かったつもりで動いて,結果,その後処理にバタバタする,という奴である。行動自体は同じことになる。

「粗忽」の語源では,

「粗(あらい)+忽(うっかりする)」

で,そそっかしい,というニュアンスが強い。因果をたどると,

あわただしい,

というか,

気持ちがせかせかして落ち着きがない,

というか,まあ,

せっかち

に起因している,というように見える。で,結果として,

軽はずみになったり,

不躾になったり,

ということになる。語感的には,

不注意による過ち,
そういうことの多い性格,

となるが,たぶん,一種のトンネルビジョンに陥っている,ということだ。何か一点に気を取られて,あるいは思い込んで,たとえば,忘れ物でも,なくしものでもいいが,そのことが視野を蓋って,モノが見えなくなり,あわてる,ということになる。

バタバタするのは,

所要時間の見積もりが,実時間より長く見積もっていたか,
実時間の見積もりが,所要時間よりも短く見積もっていたか,

いずれにしても,実時間不足と思い込んでいるか,実時間不足に陥るかの差はあっても,その時点では(時間がないと),焦っていることに変わりはない。

落ち着け,

という声がかかるのは意味があって,トンネルビジョンから,つまり,そういう心理的どつぼから抜け出すには,

距離を置く,

しかなく,それにはまずは,立ち止まるしかない。それが,

時間的にか
空間的にか,

は別にして,距離を置く第一歩だからだ。

落ち着く,

というのは,

「オチ(おさまる)+ツク(安定する)」

で,おさまる,しずまる,という意味になる。それは,

その場に立ち止まる,

まずは,止まって居つく,

というニュアンスがある。そう考えると,粗忽の類語とされる,

そそっかしい,
軽々しい,

はまだしも,

上っ調子,
おっちょこちょい,
軽はずみ,
軽率,

と「粗忽」とは少しニュアンスが違う。ましてや,

軽佻浮薄,
無分別,
盲目的,

とはかなりの隔たりがある。結果として,軽率な振る舞いになるにしても,上っ調子や,おっちょこちょいなのではなく,何かに捉われ,執着してしまう結果の,

不注意な行動,

ということになる。外見は,変らないにしても,内心の葛藤は,かなりの差がある。単に何も考えず,軽はずみに,というよりは,考えているうちに,何かにとらわれ,逆に,執着し,考え込んだ結果のバタバタになる。そのせいか,



には,

うっかりしているまに,
こころがうつろなさま,

というニュアンスがあり,

勿(ブツ)

は,吹き流しがゆらゆらして,はっきりと見えないさまをえがいた象形文字で,

「心+勿」

は,心がそこに存在しないまま,見過ごしていることを,示す。同じく,心ここにあらずでも,どこかに,まだ救いがある,というのは,思い入れが過ぎるか,

参考文献;
増井金典『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)
日本中村明『日本語語感の辞典』(岩波書店)






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


posted by Toshi at 05:20| Comment(0) | 気質 | 更新情報をチェックする