2014年10月12日


ツイッターに,こんな投稿があった。

「新幹線で子供がめっちゃ騒いでて,親は放置の構え。

そしたらその隣席のお客さんが微笑み顔で子供に向けて

『かわいそうだねオマエ。躾もしてもらえず,ずっと迷惑かけ続けるんだねぇ。』

って。親は顔真っ赤にしてあたふたしてた。

そういう攻め方もあるのかと妙に感心してしまった。」

いや,確かに,感心してしまう。

躾は,

身+美

で,日本製の漢字。峠と同じ。

礼を学ばずば,以て立つ無し

と。孔子は,息子の孔鯉に言った。孔子は,

礼を知らざれば,以て立つ無き也

と,別のところで言っている。

自分のことしか見えなくなっている人が多い。そういう人には,他人はそこにいない。いないと考えなければ,普通,車内で,化粧をしない。素の顔が,最後完璧に化けるまでを目の前で目撃されても,そこには,人はいないのである。その年齢が,

いい歳

をした世代にまで上がって来たのに,吃驚させられた。そう,考えれば,若いときにそうしてきた人は,いまや,そういう年齢になってきたのだ。別のところで書いたが,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/406796201.html?1412798497

箸の持ち方がおかしい人が増えた気がする。鉛筆の持ち方が,どう考えてもそれでは書きにくいだろうという持ち方の人も目につく。文化というなら,あるいは,

日本的

というものを貴ぶなら,まず隗より始めよではないのか。

躾を,ウィキペディアは,

「しつけ(躾・仕付けまたは仕付)とは,人間または家畜の子供または大人が,人間社会・集団の規範,規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように,訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。ドイツ語では,しつけのことを,die Zuchtというが,これは人に限らず動物(家畜)の調教,訓練の意味もあり日本語のしつけと同じである。」

とし,こう付け加える。

「なお裁縫(特に和裁)では,ちゃんとまっすぐに縫えるように,「あらかじめ目安になるような縫い取り」をしておくこと,それに沿って縫っていくことを仕付けと言う。」

と,見事である。そして,

「『やって良いこと(=誉められる)』『やってはいけないこと(=罰せられる)』の区別をつけさせる」

とも。そこにあるのは,



ではないか,と思う。恥については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/404516184.html

で触れたが,

恥を知るは勇に近し

という。恥ずかしいと思い知る,ことは,「這っても黒」ということ以上に勇気がいる。

過ちを認める勇気

である。『孟子』は,

恥ずることなきをこれ恥ずれば,恥なし

と。だから,

過てば則ち改むるに憚ること勿れ

なのである。しかしである。それを「過ち」と認識できなければ,たとえば,是非善悪を躾けられていなければ,おのれの過ちには気づけない。気づけなければ,それを恥とは思わない。

嘘を言っても平然としていられるどこかのトップは,たぶん,是非善悪を躾けられなかったに違いない。だから,恥を知らないし,恥ずかしがることもない。

恥じらいの心が耳に出る,

等々ということはないのである。

子を見れば親がわかる,

とは,ある教育実践者の漏らした述懐である。

この親にして,この子あり,

である。親の顔が見てみたいものである。

子どもを放置して,躾けないことは,一種の,

無視

と同じである。つまり,

ネグレクト(養育放棄)

である。その見本が,今日,世界に恥をさらしている。ひとごとではないのである。

参考文献;
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)
小林勝人訳注『孟子』(岩波文庫)





今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm


posted by Toshi at 05:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年01月16日


躾については,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/406965108.html

で書いたことがある。躾は,犬猫の躾と同じで,立ち居振る舞いの規制であるが,それを社会的に広げれば,礼あるいは礼儀である。お行儀が悪い,といわれれば,それは,ある意味,躾と礼儀作法の両方を含んでいる感じである。

躾は,

礼儀作法を身につけること。
縫い目を正しく整えるために仮に縫い付けること。

行儀は,

立ち居振る舞いの作法のほか,修行・実践に関する規則,という仏教の儀式上の意味もある。

礼儀は,

社会生活の秩序を保つために人が守るべき行動様式,敬意を表す作法。

とある。敢えて言えば,ベン図ふうに図解するなら,躾の円の外側に,行儀の円,その外に,礼儀の円が同心円に重なっているとも見えるが,礼儀を身につけさせることを躾けと言う,という言い方もできる。

仮縫いの躾があるから,まともな縫い付け,つまり社会的なありよう,対人関係のあり方,振る舞いができるようになる,

ということもできる。躾について,

人間または家畜の子供または大人が,人間社会・集団の規範,規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように,訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。

という説明もある。その意味では,社会的人間としてのありようを整えるという意味がある。他の,群れで暮らす動物にも,その躾はあるようだから。

交通ルールと同じで,社会的に関わる以上,相互に当たり前とする了解事項がある。それを前提にして動いているから,それを外されると,基本的なかかわりがぐちゃぐちゃになる。

躾は,前にも書いたが,

「シ(為・仕)+付けるの連用形」。

で,「仕付く」とは,

馴れている
身についている

という意味で,「仮に糸で縫い押さえておく」という「躾(仕付け)」の意味は,なかなか意味深である。つまり,躾けられただけでは,まだ仮免許なのである。あとは,おのれが日々身につけて,

おのれの立ち居振る舞い

として完成させていく。それが,躾,つまり,

身の美,

礼儀なのではないか。礼の人,孔子(因みに孟子は,義の人らしい)は,

命を知らざれば,以て君子と為すなすことなきなり。礼を知らざれば,以て立つことなきなり。言を知らざれば,以て人を知ることなきなり。

という。人として,「立つことなき」とはなかなか厳しい。これを逆さにすれば,

君子博く文を学びて,これを約するに礼を以てすれば,亦以て畔(そむ)かざるべし。

とも。躾は,「仕付け」に過ぎず,学ばなければ,おのれのものにならない。それは,意味を知る,ということなのではないか。意味とは,目的である。目的とは,志である。

志は気を師(率)いるものなり。気は体を充(統)ぶるものなり。夫れ志至れば,気はこれに次ぐ。故に曰く,其の志を持(守)りて,其の気を暴(害)うこと無れ。…志壱(専)らなれば気を動かし,気壱らなれば則ち志をおごかせばなり。

と,孟子は言う。孔子は,別の言い方をする。

名正しからざれば則ち言順(したが)わず,言順わざれば則ち事成らず,事成らざれば則ち礼楽興らず,礼楽興らざれば則ち刑罰中(あ)たらず,刑罰中らざれば則ち民手足を措く所なし。故に君子これに名づくれば必ず言うべきなり。これを言えば必ず行うべきなり。

名すなわち名目,あるいは名分といってもいい。目的である。個人にとっては,志である。行き当たりばったりの言に信用がないのは,今日の日本を見ればわかる。名目なく,言なく,礼なき国が,立つところがあるはずはない。

礼を為して敬せず,

とは,礼なきに等しい。いやいや,人ではない。

人にして仁ならずんば,礼を如何せん。

である。仁とは,

子曰く,人を愛す。

あるいは,孟子曰く,

惻隠の心

である。

ヒト皆人に忍びざるの心有り。

の心映えである。

惻隠の心無きは,人に非ざるなり。辞譲の心無きは,人に非ざるなり。是非の心無きは,人に非ざるなり。惻隠の心は仁の端(はじめ)なり。羞恥の心は,義の端なり。辞譲の心は,礼の端なり。是非の心は,智の端なり。

惻隠の情なき人は,人ではない。人でない為政者は,為政者の資格がない。それは,そもそも躾られていない人である。仕付けられていない人にかぎって,多く,他人には多くを求める。

匹夫も志を奪うべからざるなり,

等々は,仕付けられていない人の耳に届くことはない。ならば,

その身正しければ,令せずして行われ,その身正しからざれば,令すと雖も従わず

である。

参考文献;
小林勝人訳注『孟子』(岩波文庫)
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm

posted by Toshi at 05:20| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

鞠躬如


鞠躬如は,

きっきゅうじょ

と読む。辞書(『広辞苑』)には,

「如」は語調を調えるために添えた語,

とあって,

身を屈めてかしこまるさま,

という意味とある。あるいは,別の辞書には,

身をかがめて、つつしみかしこまるさま,

とあり,使い方として,

鞠躬如(恐怖・不安の表現)
鞠躬如(緊張の表現)

の二例が載っていたりする。僕の記憶では,確か,『論語』に,その言い回しが載っていた記憶があり,調べると,「郷党篇」に,こうある。

「公門(こうもん)に入るときは,鞠躬如として容(い)れられざるが如くす。立つに門に中(ちゅう)せず。行くに閾を履(ふ)まず。位(くらい)を過ぐれば,色勃如(ぼつじょ)たり,足躩如(かくじょ)たり。其の言うこと足らざる者に似たり。斉(し=もすそ)を摂(かか)げて堂に升(のぼ)るに,鞠躬如たり。気を屏(おさ)めて息せざる者に似たり。出でて一等(いっとう)を降(くだ)れば,顔色(がんしょく)を逞(はな)って怡怡如(いいじょ)たり。階を沒(つく)して趨(はし)り進むときは,翼如(かくじょ)たり。其の位に復(かえ)るときは,踧踖如(しゅくせきじょ)たり。

貝塚訳では,

孔子が宮廷の御門にはいられるときは、体をまるくかがめて,まるで狭い門をやっと潜り抜けるようになさる。門内では主君の通り道である中央部には決して立たれない。門の敷居を踏まず,跨ぎこされる。広場に入って,儀式のとき主君が決まって坐られる場所を通り過ぎるときは,主君がそこにおられるかのように顔色は改まり,歩き方はためらってゆるく,ことばすくなになられる。御用で,衣の裾を持ち上げて,宮廷の階段を堂上に昇られるときは,身体を丸くかがめられ,息を吐くのをとめて,まるで呼吸しないかのようにされる。堂から退出して階段を一段おりられると,顔つきはぼれてのびのびとされる。階段をおりきると,少し身をかがめて小走りにするすると進まれる。もとの主君の座席のそばにもどられると,またうやうやしくなさる。

となる。貝塚注では,「鞠躬如たり」について,

「ふつうからだを鞠のように丸く曲げることだとされている。これに対して,廬文弨は『鞠躬』という熟語として,恐れ慎む形容だとしている。このほうがよさそうである。恐れ慎むのが原義だとしても,ここでは恐れ慎むのあまり,体をすくめて門に入り込むことを言っているのであるから,身を屈めてと意訳した。」

と注記しているので,鞠躬如が,いまは熟語になっているが,かつてはそうではなかったことを忍ばせる。あるいは,『論語』辺りが出典なのかもしれない。ここには,「如」を加えた言葉が,連発している。
色勃如たり(緊張した顔色),
足躩如たり(小刻みに歩く),
怡怡如たり(なごやかに),
翼如たり(翼を拡げた鳥の様にのびのびと),
踧踖如たり(恭しい態度),

等々。しかし,「郷党篇」には,孔子の言行の記録(例の作法)との紹介の要素があり,

恂恂如(じゅんじゅんじょ) 恭慎のさま。口をもぐもぐさせてよくしゃべれない
侃侃如(かんかんじょ) 和楽のさま(古注)。ビシビシと話す(新注)
誾誾如(ぎんぎんじょ) 中正のさま(古注)。和やかに論争する(新注)
踧踖如(しゅくせきじょ) 教敬のさま
與與如(よよじょ) しずしずと進む

等々と出てくる。こう見ると,「如」は,単なる語調ではないのではないか。

「如」は,

ごとし,
~のようだ,
~と同じくらい,

と使われるが,「口+女」で,もとは,

しなやかに,という柔和にしたがう,

という意味。しかし一般には,

若とともに近くもなく,遠くもないものを指す指示詞に当てる,

とある。さらに,

「A是B」は,AはとりもなおさずBだの意で,近称の是を用い,「A如B」(AはほぼBに同じ,似ている)という不即不離の意を示すには中称の如を用いる。仮定の条件を示す「如(もし)」も,現場にないものを指す活きの一用法である,

とある。まあ,いまふうに言うと,直喩である。直喩は,前にも書いたが,

直接的に類似性,

を表現する。多くは,「~のように」「みたいな」「まるで」「あたかも」「~そっくり」「たとえば」「~似ている」「~と同じ」「~と違わない」「~そのもの」という言葉を伴う。従って,両者は直接的に対比され,類似性を示される。それによって,比較されたAとBは疑似的にイコールとされる。ただし,全体としての類似と部分的な性格とか構造とか状態だけが重ね合わせられる場合もある。その意味で,鞠躬如が,

鞠のように丸く曲げること,

と,僭越ながら,貝塚注にあったのは意味があるのではないか。

諸葛孔明.jpg


ところで,「鞠躬」を調べていて,『三国志』に,

「鞠躬尽瘁」(きっきゅうじんすい)

と言い回しがあるのを知った。諸葛孔明が、五丈原での決戦に向かうに先立ち,蜀帝劉禅に提出した,所謂,

「後出師の表」

の最後の文句に,

「臣鞠躬尽瘁、死而後已」(臣、鞠躬して尽瘁し、死して後已む)

とある。ここでは,「如」なしに,「鞠躬」が「身を低くしてかしこまる」意で使われている。「~のような」なしで,人口に膾炙する時代になっている,という証のようなものである。

参考文献;
貝塚茂樹訳注『論語』(中公文庫)
http://lunyu.lightswitch.jp/?eid=11#01










ホームページ;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/index.htm


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 05:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする