2015年02月24日

知楽好


先月のことになるが,「さん生ひとり語り」に伺ってきた。

https://www.facebook.com/events/331292610388842/?pnref=story

演目は,「鼠穴」「うどん屋」「初天神」。いずれも,何度か聴いたことがある。その意味では,新鮮な噺ではない。にもかかわらず,印象深かったのは,噺には,噺家の個性が出る,ということではなく,

人柄がでる,

と言う当たり前のことに気づいたのだ。通の人にとっては,何をいまさらと言われるのかもしれないが,話の筋がわかっていることは,噺を楽しむこととは別のようなのだ。

まくら

に個性があり,人柄が出るのは当たり前だ。そうではない。噺そのものに人柄が出るというか,極端に言うと,噺が,

人柄で変る,

ということに気づいたのだ。

僕は若いころから,小三治師匠が好きなのだが,と言って,何度も聴いたわけでもない。ただ,テレビで正式のタイトルは忘れたが,アメリカ留学の顛末を語ったのをうかがって,笑い転げたときに,いっぺんで,小三治師匠のファンになった。

それは,話が面白いという理由だけではなかった気がする。そこに見た,小三治師匠の人柄を垣間見た気がして,虜になったと言っていい。

確か,吉本隆明が,

「文句なしにいい作品というのは,そこに表現されている心の動きや人間関係というのが,俺だけにしか分からない,と読者に思わせる作品です,この人の書く,こういうことは俺だけにしかわからない,と思わせたら,それは第一級の作家だと思います。」

と言っていたと思うが,これは,落語にも通じるような気がする。ただし,少し変わる。

「文句なしにいい落語というのは,そこに表現されている噺家の心の動きや人間関係というのが,俺だけにしか分からない,と聴き手に思わせる落語です,この人のよさは,俺だけにしかわからない,と思わせたら,それは第一級の噺家だと思います。」

というように。

この噺をする噺家の,この人柄を,この気質を,わかるのは,自分だけだ,

というわけである。おおく,ファンと言うのは,どのファンでも,自分だけが見つけた何かを,相手に見つけたのに違いないのではあるが。

今回,ばかげたことかもしれないが,三つの演目とも,あるいは,独演会に,この演目を選んだこと自体に,人柄が出ているのかもしれない。

おおよそ,僕は落語通ではないので,一般の人が知っている以上に,多くの演目を,多くの落語家で聴いたわけでもない。昔は,ラジオの音声だけで落語を聴いていたのだが,そこではわからない視覚情報が多く入るようになって,噺の,あるいは落語の奥行は知らないが,噺家の人柄は,よく分かるようになったのではあるまいか。せんだって,上野鈴本の正月二之席にうかがって,このことは,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/413747300.html

に書いたが,柳家喬太郎師匠の趣味,

落語界きってのウルトラマンフリーク,

ということが分かっている人にだけ笑えるネタがあり,まさに,喬太郎師匠のことは,

自分だけがが知っている

という人にとっては,まさに,

得たり賢し,

というか,我が意を得たりという感じなのにちがいない。そう,

思い込み,

というか,

思い入れ,

にかなうからこそ,好きになるのではないか。

小三治師匠の実像がどういう人かということとは別に,自分があの噺で知った小三治師匠の人柄こそが,僕にしかわからない人柄,人物像なのだと思い込むからこそ,すべての噺に,それを見る。それが,ファンというものなのだろう。

僕は,先日,さん生師匠の噺を聴きながら感じたのは,そこなのだ。

つまるところ,

落語好きとは,噺家好きなのである,

と気づいた次第である。

孔子は,

これを知る者はこれを好む者にしかず,これを好む者はこれを楽しむ者に如かず

とおっしゃったが,

これを知る者はこれを好む者にしかず,これを好む者はこれを楽しむ者に如かず,これを楽しむ者はこれを好む故に楽しむ,

とでも,一言付け加えて見たくなった。

自分の発見に悦に入っているところなぞも,まあ素人の素人たる所以なのかもしれない。






今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
ラベル:知楽好
posted by Toshi at 05:05| Comment(0) | 落語会 | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

伝播


『「東のさん生西の鶴ニ」江戸公演』という2人会に参加させていただいた。

https://www.facebook.com/events/1571595739791551/

10420747_825105354246477_8197039264372263905_n.jpg


もう10回を迎えるそうである。まだ数回しか参加させていただいていないのに,こう申上げるのは,聊か不遜かもしれませんが,今回が,最も盛り上がった印象を受けた。

演目は,(口火が,入船亭辰のこ)

柳家さん生「粗忽長屋」「お富与三郎」
笑福亭鶴二「猫の災難」「天狗裁き」

でしたが,終始,会場がどよめき,笑いが絶えませんでした。

打ち上げなどの話から想像すると,高座からご覧になると,前の方の席のご婦人が,笑いの,

先駆け,

を果たされたようです。でも,僕の隣の知人も,その他,会場中で,

反応のよい方々,

がちらほらと散在することで,笑いの伝播が起こりやすかったのかもしれない。

もらい泣き,

と同じように,あるいは,

あくびの伝染,

というのと似た感じだろうか。あくびについては,こんな記事があった。

「チンパンジーも、人間のようにあくびが“伝染”することが、京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)の松沢哲郎教授らの実験で確認された。人間以外の動物であくびの伝染が認められたのは初めて。『他者に共感する能力』の高さを裏付けているという。英国王立協会報の最新号で発表した。
松沢教授らは、同研究所のチンパンジーの雌6頭に、他のチンパンジーがあくびをしているビデオ映像を、6―10秒間の休みを入れながら繰り返し3分間続けて見せ、その後、あくびの回数を観察した。
その結果、あくびの回数は、口を開けただけのあくびではない映像を見せた場合の約2倍に達した。特に2頭では、『口開け映像』の2―9回に対し『あくび映像』では24―25回と差が著しく、あくびの伝染が確認された。
人間の場合は42―55%の人であくびの伝染がみられ、5歳以下の子どもには伝染しないという研究例がある。実験中にあくび画像を見ていた3歳の子どもチンパンジーには、人間と同様、伝染しなかった。
松沢教授は『人間にも、あくびがうつりやすい人とそうでない人がいるように、チンパンジーにも個体差がある。あくびの伝染は、他者に共感する能力と関連があるのではないか』」(読売新聞)

これだけだとなぜそうなるかが分かりにくいが,

あくびを生理学的でひもといていくと、別の説明が成り立つという。

「あくびがうつる状況というのは、複数の人々で同じ環境を共有しているケースが多いと思います。あくびは睡眠不足、疲労、満腹の際に、脳の奥にある視床下部という部位からの指令で起こるもの。たとえば職場の同僚であれば、だいたい似たような時間帯にランチを済ませ、満腹感を覚えるタイミングも近くなりますよね? つまり、同条件を共有しているから、同じタイミングであくびが出やすいのだと考えられます」
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20110411-00005899-r25&page=2

考えてみれば,会議であくびが伝染するように,落語会では,笑いたい,というか,笑おう笑おうと,心の準備ができているどころか,

気持ちは前のめり,

で,ほぼ臨界点にある。誰かが,ちょっときっかけを作ってくれれば,笑いが噴き出るに違いないのだ。

これは,一種の雰囲気のもつ同調圧力(?)だろうか。似たことは,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/413747300.html

でも書いた,今年の,上野鈴本の正月二之席,夜の部でも味わった。確かに,そのときも,コンマ何秒か,廻りより反応早く笑い立てる声があった。

釣られて笑うのは,もらい泣きと同様に,ミラーニューロンのせいだ,という説がある。

「ミラーニューロン(Mirror neuron)は,他の個体の行動を見て,まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て,我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。ヒトにおいては、前運動野と下頭頂葉においてミラーニューロンと一致した脳の活動が観測されている。」

と言われ,「特定の脳領域 (特に島皮質前部と下前頭皮質) は自身の情動(快、不快、痛みなど)に反応し,かつ他者の情動を観察する際にも活動する」ので,共感とも関連づけられている。しかし,確かに,

「ニューロンは、他人の行動を理解したり、模倣によって新たな技能を修得する際に重要であるといえるかもしれない。この鏡のようなシステムによって観察した行動をシミュレートすることが、私たちの持つ心の理論の能力に寄与している」

かも知れないが,落語会の場で,人の素振りや振る舞いではなく,ただ笑い声に反応しているのである。ミラーニューロンということも無縁ではないと思うが,

同じ場にいる,
同じ心理状態にある,
同じ予感がある,

という,あくびの伝染と似た状態なのではあるまいか。さらに,落語会で泣きに来る人はほとんどいないので,何らかの,笑い神経,というか,笑い栓を緩めた状態に,その場にいる人が,共通してある,ということが大きいのではあるまいか。

皆が笑っていると,何だかわからないが,つい笑う,

という,つられ笑い,

https://www.youtube.com/watch?v=8ZmUZbwmxhw

というのは,共感もあるかもしれないが,何を笑っているのかもわからないのに,笑いが伝播していく,ということには,新生児微笑を例にすると分かりやすい。

「微笑は新生児においても観察され、覚醒時のみならず、睡眠中にも規則的な周期を伴って生起する。」

というが,赤ん坊が微笑んでいるのを見ると,ついこちらの顔もほころぶ。これは,共感ではない。笑いには,笑いに反応するらしいのである。

笑っているとき,生理的には,

「笑いによって交感神経と副交感神経のバランスの状態が代り、副交感神経が優位の状態になる。」

という。副交感神経は,安らぎ・安心を感じた状態のときに優位とされる。言ってみると,緊張させる,制約というか,制動が,一旦解除された状態と言っていい。笑いのブレーキが外されれば,

箸が転んでもおかしい,

状態に成るに違いない。

そういう思春期の状態に,心は先祖がえりしている状態だろうか。

ともかく,笑いの渦の中で一緒に笑うと,噺家もまた,笑いの渦に乗せられて,気分が乗っていく,それが科以上にこう反応を呼ぶ,終始,そんな好循環の会場であった。





今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:19| Comment(0) | 落語会 | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

独演会


先週,東京での第一回『鶴二独演会』に伺ってきた。

11083621_818020531613648_3218802105687871440_n.jpg


東京と大阪で,年二回ずつやっておられる,柳家さん生師匠・笑福亭鶴二師匠,お二人の『二人会』の,東京での会には何回か参加させていただいたことがある。それについては,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/408105648.html

等々で触れたことがある。

その印象のつもりで会場の新宿角座に伺ったが,開演前から,何となく雰囲気が違う,お知り合いらしい方々が,三々五々挨拶をかわしておられる様子を伺うと,どうやら関西からこのために大挙上京された,という感じなのである(うわさに聞く鶴二師匠のファンの方々のようである)。

勝手な推測だが,その方々が,120位の席の過半以上を占めている気配であった。しかも,会の進め方は,上方風らしく,前座の方ではなく,お茶子と呼ばれる女性の方が,めくりをめくったり,座布団を裏返したりをしている(上方落語には,前座,二つ目,真打というような昇級(?)の仕組みはない,と伺ったことがあるが,そのせいかもしれない)。さらに,師匠方が高座に出られる直前もなんだか賑やかで,出囃子も聞き漏らしてしまった。

雰囲気は,したがって,上方の寄席(行ったことはないが)の会場の雰囲気なのだ。鶴二師匠のまくらでもあったが,関西の方は,ぼんやりした会話はない。ジョークで突っ込み,ジョークで返さないといけない。関西の知人が,東京へ引っ越して,ほっとしたと述懐されていたが,そういうのが苦手な人もある。

僕も経験したことがあるが,ある会場で,昼飯を終えて,戻ってきたら,いきなり,手でピストルの形をつくって,撃つ真似をされた,僕はとっさにぼっとしてしまったが,続いて入ってきた人は,撃たれて倒れる仕草をした。関西系は,撃つ真似をすると必ず撃たれをふりをして返す(返さない人はいない),という。それが,出身を見分ける手だという。

日常的にそれである。だから,まくらは,その連続である。ボケと突っ込み,というか,ジョークにジョークを返すというか,それがこれでもか,と続く感じである。この辺りは,まあ気質というか好みの問題だが,僕は賑やかすぎて,ちょっと気後れがした。

会場は,だから,笑いの準備状態が,高座の噺家の方がプルをするまでもなく,プッシュ気味で,開演前から,笑いの臨界点にあるような雰囲気であった。当然,前座のクスグリで,あっという間にどよめいて,わずかなことでも笑いがはじけた。会場全体がどよめき続けた(これを,上方落語の,というと問題があるのかもしれない。単に個々の芸風かもしれないし,たまたまこの会は,ということなのかもしれないので)。

鶴二師匠が,上方のお客さんは,「笑わしてみぃ」という構えでいる,と言われたり,「東京のお客さんはやさしい」というふうにも言われているので,(昔は知らないが)東京の(いまどきの)客は,高座の噺家に鷹揚なのかもしれない。しかし,この会場は,そもそも(憶測だが),

笑福亭鶴二,

という噺家をまったく知らない人は,(たぶん)ほとんどいなくて,過半は,

鶴二師匠の親衛隊というか追っかけ,

のような方々と,それに加えて,さん生師匠を通して(僕のように二人会等々で),鶴二師匠の独演会を知った方がほとんどなのではないか。だから,前もって,笑いの栓を全開にして会場に出かけている。ちょっとしたきっかけさえあれば,はじける,という感じであった。

後は,好みの問題になる。演目は,

笑福亭べ瓶『いらち俥』を前座に,途中,柳家紫文『三味線漫談』を挟んで,鶴二『高津の富』『寝床』『青い目をした会長さん』,さん生『岸柳島』,

と続く。

正直言うと(紫文師匠を除くと),上方系(といっていいか)が続くなかで,僕には,『岸柳島』が,これが江戸落語だと,ほっとした,というか,しみじみ味わえる雰囲気があって,僕の気質にはなじんだ(鶴二師匠ごめんなさい!)。笑いのテンションが上がっていると,(噺の終りに近づくと)話の全てが,落ちに聞こえるのか,船頭の台詞(確か,「泳げたらすぐ追っかけてくる」だったか?)を落ちと間違えて,拍手まで起き,それにつられて全体がどっと来てしまったたのも,まあある意味ご愛敬だが,演っておられる側は,少しやりにくかったのではあるまいか。ちょっと声を高めて,最後の落ちまで,話し切られたが,この辺りは,会場のもたらす雰囲気の(同調)圧力のなせるわざかもしれない。

それに似たことは,

http://ppnetwork.seesaa.net/article/417758970.html

でも触れたが,笑いが,つられて,どっと会場全体をどよもす,というのは,その中に呑まれて,たゆたうかぎり,確かに,悪い気はしない。

特に,ジョークというか,クスグリというか,火吹き竹,つまり竹筒で火を吹き起こすような,満を持している(笑いの)種火を刺激つづける,という笑いの煽動のにぎやかさは,悪くはないし,腹がよじれるほどおかしかったが,敢えて言うと,

おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな,

ではないが,わっと盛り上がった後の余韻のような噺も悪くない。企んだものか,どうかはわからないが,

『岸柳島』

は,そんな雰囲気を変える,噺になっていたし,そういう雰囲気を醸すものになっていた気がする。この噺がなかったら,帰路笑い疲れで,困憊していたに違いない。やはり,当たり前だが,会の全体構成,というのは,寄席もそうだが,独演会の場合も,印象を左右する気がしてならない。まあ,素人の,個人的好みの問題にすぎないが。








今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm
posted by Toshi at 04:47| Comment(0) | 落語会 | 更新情報をチェックする