2013年02月03日

さようならと一期一会


「では,また」という言葉を何気なく口にする。しかしもう二度と会えないかもしれない,そういう思いが頭をよぎると,ちょっと気楽には使えなくなる。

一期一会という言葉がある。千利休の弟子の山上宗二『山上宗二記』に「茶湯者覚悟十躰」として,「路地へ入ルヨリ出ヅルマデ,一期ニ一度ノ会ノヤウニ,亭主ヲ敬ヒ畏ルベシ」とあるそうだ。

それを,井伊直弼が自著『茶湯一会集』巻頭で「一期一会」という言葉にして世の中に広めた。あなたとこうして出会っているこの時間は,二度とないたった一度きりのものだから,この一瞬一瞬を大事に,今出来る最高のおもてなしをする,という趣旨であるそうだ。

ところで,さようなら,と言う言葉について,田中英光は,『さようなら』の冒頭,

さようならなくてはならぬ故,お別れしますというだけの,敗北的な無常感に貫かれた,いかにもあっさり死の世界を選ぶ,いままでの日本人らしい決別の言葉だ。

こう書いた。それに続いて,井伏鱒二が,于武陵の「勧酒」という詩の一節,「花発多風雨 人生足別離」を「ハナニアラシノタトヘモアルゾ 『サヨナラ』ダケガ人生ダ」と訳しているのを紹介し,それを太宰が「グッドバイ」の解題に引用している,と述べていた。そして,他の言語のように,神の祝福をとかまた会いましょうと言うニュアンスがないと嘆いていた。

「左様ならば,お別れします」「そういうことならばお別れします」でいう「さようならば」「そういうことなら」というのは,田中の言うようなニュアンスもなくはないが,文脈依存の日本語らしく,その場の二人,あるいはその場に居合わせた人にしか,「左様」の中身はわからない,そういう次第を共有している者同士が,「そういうこと」で,と別れていくニュアンスではないか,と感じる。

かつて会議の後,上司が,「じゃ,そういうことで」と会議を閉めようとしたら,部下の女性が,「そういうことってどういうことですか」と,気色ばんで食って掛かったことがあった。ある意味,「そういうこと」で丸められては困る状況を無理やり閉じようとした上司への強烈なしっぺ返しだったのだが,文脈依存の「そういうこと」だからは,「そういうこと」が共有できていなければ,こういう裂け目がのぞくことになる。

僕自身は,さよらな,という語感には,ちょっとした悲哀とセンチメンタルな心情があって,嫌いではない。

「左様ならなくてはならない運命だからお別れします」と言うと深刻だが,

「そういう次第なのでお別れします」
「そういうわけなら,お別れします」
「そういうわけで,お別れしましょう」
「そういうことでお別れしましょう」
「そういうことなら,(ここで)お別れしましょう」

というふうに,並べてみると,いまの言い方も,その簡略版で,

「…てなことで,お別れします」
「ていうか,じゃあここで」
「それなら,ここで」
「(それ)じゃあ,ここで」
「(そういうこと)では,ここで」
「そんじゃあ,また」

等々と言うが,結局その場にいるものにしか伝わらない,共有した時間と空間の中での,「そういうことで」と言うニュアンスが,言外に含まれている。

しかし,「さようなら」という言葉には,死別は含まれてしない気がする。死別に際して,「さようなら」とはなかなか言いにくい。第一,相手とは共有できないというか,共有したくないというか,そういう思いが強いので,文脈は,こちらとあちらでは「そういうことなので」とは了解しがたい。でも,そのためか,最近,「では」とか「それじゃあ」と言って別れる時,一期一会が強く意識されるようになった。

ユングは40歳を「人生の正午」にたとえていた。その意図は,「午前の太陽の昇る勢いはすさまじいが,その勢いゆえに背後に追いやられたもの,影に隠れてしまったものがたくさんある。それらを統合していくのが40歳以降の課題だ」というところにあるのだそうだ。

それが統合できたかどうかは,自分ではわからない。ただ,40代以降の方が,生き生きとしていたという思いはある。いやいや,必死だったというほうが近い。そしていま,日没が近づき,その先が見えるようになると,一日一日,時々刻々が大事だと,我に返ると,気づく。「過ごしてしまった時間」がどういうものだったかが,ふと頭をよぎる。

そう気づくと,「じゃあ,また」「またね」「では」「バイバイ」というふうには簡単に言えなくなる。そんなとき,「さようなら」という言葉が,結構役立つ。「そういうわけなので,お別れします」「それならばここでお別れします」という言葉に,いっぱいの思いがあっても,さりげなく言える。

さようなら,はその都度,そういう次第で,ここまでご一緒に過ごさせていただいたが,いよいよお別れのときが来ました,では元気でお過ごしください,との思いを込めて,言わなければならない。それは去っていく側には言えるが,残される側には言いにくいものかもしれない。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#ユング
#人生の正午
#山上宗二
#井伏鱒二
#千利休
#さようなら
#一期一会

posted by Toshi at 06:48
"さようならと一期一会"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: