2013年09月16日

プレゼンス


先日,JCAK勉強会【コーチング基礎編第8回】「コーチのプレゼンス」(ファシリテーション,福島規久夫コーチ・島村優子コーチ)に参加してきた。

改めて,ICF(国際コーチ連盟)のコアコンピテンシーを基に,コーチのプレゼンスを見直す機会になった。

コンピテンシーについては,

http://www.coach.or.jp/coaching/competency.html#content04

にあるが,今回対象になったのは,「コーチとしてのプレゼンスがある 」の項目。具体的には,

オープンで柔軟で自信にあふれたコーチング・スタイルを用いることで,充分に自覚を持ってクライアントと自発的な関係を作ることができる。

a.コーチング・セッションの間,一瞬一瞬を軽やかに対応しつつ,存在感があり柔軟である
b.自分の直感にアクセスし,内側の感覚を信頼する。つまり,“本能に従う”
c.知らないことに対してオープンであり,リスクを冒すことを恐れない
d.クライアントに対して,取り組む手段を数多く見出すことができ,その時の一番効果的な方法を選ぶことができる
e.軽やかさとエネルギーを生み出すために,ユーモアを効果的に利用することができる
f.ものの見方を大胆に変えることができ,自分自身の行動において新しい可能性を試すことができる
g.感情面を自信を持って取り扱うことができ,クライアントの感情に負けたり,巻き込まれないように自己管理することができる

である。この中で,一番話題になったのは,

コーチング・セッションの間,一瞬一瞬を軽やかに対応しつつ,存在感があり柔軟である

で,原文ではdanceとなっているようだ。

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11298200.html

でも触れた,コーチ・ドックでも,川本恵コーチはダンスについて,特にアルゼンチンタンゴの即興性との類比をされていたが,僕も,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11132452.html

等々で再三触れているように,CTIでいう,

Dance in this moment(Dance in the moment)

を,僕流に重視して,

その時,
その場で,
その人とともに,
どこへ行くかは,そのひとまかせで,
行先も,目標も,コースも,歩き方も,
相手にゆだねて,

としていた。それはあまり変わらないにしても,今回,2人で,コーチとしてのあり方を話をする機会があり,そこで,

徹底して鏡である,

ということを言った。それは,ただ,

反映する,

のではない。そうではなくて,仮に相手の言葉を反映するにしても,,

適宜要約したり,

微妙に言い換えたり,

言葉をリフレームしたり,

事実や振る舞いをフィードバックしたり,

感じたことを返したり,

等々と,少しずつずらしながら,しかし徹底的に返すことを通して,相手自身が,

自分の言った言葉のもっている(気づいている以上の)振幅に気づく,

微妙な言葉のニュアンスの隙間や差異に気づく,

自分の言葉の持つ意味の奥行きに気づく,

等々,いずれにしても,相手の言葉を媒介にして,相手自身の自己対話を,

いつもとは微妙にずらし,

あるいは

変位させて,

もしくは

転移させて,

いつもより少しだけ掘り下げたり,スライドしたり,視点を変えたりが,自然な形で進んでいく,そんなことをひそかに考えていることに気づいた。直球ではなく,そういう微妙な変化球を返すという意味の,

鏡力の徹底,

をしていきたい。その小さな変化が,やがて大きな変化の呼び水になる。まあバタフライ効果のようなものだ。

そういう形で,相手との間で,ダンスできればいい。それは,相手のテンポとリズムに従いながら,

こういうテンポでいいのか,

このリズムでいくのか,

この間合いでいいのか,

を問いかけ確かめている。もう,あえて言えば,無駄な質問はいらない。こちらの計らいもいらない。当然戦略など放棄する。と言うかそもそもそういう発想はコーチングに無用なのだ。

いま,僕はそれほどコーチングに熱心ではない。しかし,思いがけず,コーチングする機会があっても,

さらりと,

自然に,

相手リズムをはかりながら,

軽やかに,

踊りだせるコーチでありたいと思っている。そのとき,コーチという存在自体を消し去って,

風のような,

木魂,

であれば,鏡になっているのではないか。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm





#コーチング
#コーチ
#コアコンピテンシー
#福島規久夫
#川本恵
#島村優子
#ICF(国際コーチ連盟)
# Dance in this moment
posted by Toshi at 05:16
"プレゼンス"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: