2013年10月17日


大好きな映画作品,リドリー・スコットの『キングダム・オブ・ヘブン』で,エルサレム国王は,イベリン卿バリアンに,こう語っていた。

(生まれる場所は選べない。王であったり下僕であったり,そこでは生き方は選びようがない。しかし)

魂は,おのれのものだ,

ということは,一切の言い訳は,神の前ではきかない,と。

あのときこうしたのは,これこれのためだ,とか,

やむを得ずとか,

そういう状況だったので,とか,

ああせざるを得なかったので,とか。

もちろん,手相も,占星術も,風水も,言い訳には使えない。

そういう言い訳のきかない事態で,どれだけおのれの魂を賭して,対処したか。

そうおのれの心が,問われて,大きくイエスと言い切る自信はない。

そういう時の自分の阿る表情や口調が,ふと頭をよぎる。逆らえず,下を向いたときの悔しさも蘇る。

Noと言うべきときに,Noと言えなかったことはないか。

Yesと言うべきときに,Yesと言えなかったことはないか。

黙っているのは,答えきれなかった証拠でしかない。

沈黙は,屈辱ではないのか。

かつて,ある食品メーカーの食肉センターで,売上げ不振に悩んだセンター長が,部下の管理職に,輸入肉をに国産肉のラベルを貼りかえる指示を出した。三人のうち,一人が,Noを言った。しかし,残り二人は黙っていた。

後日,新聞記者が,その二人に尋ねた。

なぜ黙っていたのか,と。

すると二人は,

サラリーマンだから,わかるでしょ,

と言った。さて,自分なら,その時どうするのか。言い訳はきかないのだとしたら。

そのセンター長の指示は,管理職に,

部下の人たちに―その人たちには,いい肉かどうかを目利きする腕を磨いてきた人も含まれる―,そんなことはいいからラベルを貼りかえろ,

というものだ。一体,どの面を下げて,そんなことが言えるのか。

魂がそのとき,何と答えるのか。

そもそも一体,何をするためにそこにいるのか,

それを役目というか,役割というか,天命というか,使命というか,そんなことはどちらでもいい。

自分は,何をするためにそこにいるのか,

という自分の存在理由を忘れて,人はまっとうに生きてはいけない。

それを,ぼくは自分の旗と呼ぶ。旗については,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11129007.html

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/2012-1030.html

等々,何度か触れた。

魂とは,おのれの心の声であると同時に,おのれの生きている理由でもある。そこに生きている意味をなくすような振る舞い,決断,意思決定は,自分がそこに生きている意味そのものを失わせかねない。

仮に,神の前に立って,きちんと言えるかどうか。

曾子曰く,吾,日に三度吾が身を省みる。人の為に謀りて忠ならざるか,朋友と交わりて信ならざるか,習わざりしを伝えしか,

あるいは,五省に言う。

1.至誠に悖る勿かりしか
1.言行に恥づる勿かりしか
1.気力に缺くる勿かりしか
1.努力に憾み勿かりしか
1.不精に亘る勿かりしか

しかしこれらは,単なる振る舞いを指す。ここで言うのは,存在そのものの意味,自分という存在のあり方として,恥じるところはないか,ということを言う。

そこで生きている,意味そのものが,問われる事態,そのときに,自分は,

自分の魂に賭けて,

偽りのない決断をしたのか,と。

もしおのれの全存在を賭して決断したのなら,その是非も,可否も,関係ない,

おのれの存在と等価なのだから。

それが言い訳のきかないという意味だ。

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm



#リドリー・スコット
#キングダム・オブ・ヘブン
#エルサレム国王
#イベリン卿バリアン
#五省
#曾子
#存在理由

posted by Toshi at 05:41
"魂"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: