2013年10月20日

リラクセーション


成瀬悟策『リラクセーション』を読む。
 
正直に言うが,リラクセーションは苦手である。だから,この本も,長く積読になっていた。ただ,不意に手に取って,読み始めてしまった。

本書について,著者は,

本書のリラクセーションは,巷間行われている筋の生理的な弛みを目的とするものではありません。自分の体の「緊張を自分で弛める」という本人自身の心理的な努力活動を目指しているのです。…からだの緊張という生理的な現象を手がかりとしながら,ご自身でそれをリラックスさせる努力と体験の仕方を模索し,有効なやり方を見出して,自らに適したものを見につけ,生活のなかで習熟していけるようになっていただくことです。

と言う。まあ,自分で緊張を見つけ,それをほぐす方法を見つける手がかりに,ということのようだ。

実のところ,リラクセーションの状態がわからない。だらけているせいか,いつも弛緩していると思いきや,とんでもない。弛めようとしても,どこかで身構えている緊張が残っている。たとえば,

何かをしようとする,しようとしない,いずれにしても,意図があり,意図があるところでは,筋緊張が伴う。

これから動作しようとする予期的な意図の仕方,その気になり方によって現れる準備緊張。

緊張が不全ないし残留して,慢性化する恒常緊張。

人前に出るとか,試験や面接をうけるという状況で起こる場面緊張。

翌日のことを考えて緊張が強くなるイメージ緊張。

等々,日常生活にストレスはつきものだが,

ストレスに対して自分のこころが緊張したというふうに感じているのですが,緊張したのは自分のからだであって,心ではありません。…こころは自分が緊張させた自分のからだの緊張を感じているだけなのです。

と。では,その緊張をどう弛めるのか。

筋の過剰な緊張に対処する仕方として,「弛む」と「弛める」があり,著者はこう言います。

「弛む」ことをよしとするのは,収縮・緊張している筋群の緊張水準が低下した状態であることを重視するからで…本人自身がその「弛む」プロセスそのものに直接関わるか否かに関係なく,どんな方法によつても筋緊張が低下した状態になりさえすればよしとします。

それに対して,

「弛める」ことを重視するのは,自分のからだの緊張レベルを高いところから低いところへ,自分自身の目的実現的な努力,即ち動作という心理活動を意識し,さらにはそれができるようになることを目指しているからです。

当然本書の目指しているのは,

本人自身が主体的に関わり,…自分で自分のからだを「弛める」自己弛緩という心理活動

である。

自己弛緩のプロセスでは,主体が自ら弛めようという意志をもって,ともすれば無用な緊張に走ろうとする自分のからだ,すなわち「身体」という自分自身に真正面から立ち向かいます。

ところで,

リラクセーションが難しいのは,自分が緊張していることに気づいていないからです。

その通りなのだ。そこで,

緊張を捨てなさいといっても,それが容易に務できるわけではありません。幸い緊張感は,その存在を肩の凝り,背中の痛み,頸の突っ張り,腰の痛み,股や膝の突っ張りなどの身体的緊張として,その所在を明らかにしています。それらの部位に本人自身が力を入れて緊張させているのが原因ですから,それを止めさえすればいいのです。

それがリラクセーションの基本は,入れた力を抜くことだが,自分の力を入れていることに気づいていないのだから,自分が緊張していることに気づくためのひとつの方法として,ジェイコブソンの弛緩方法を入り口として紹介している。

これについての評価ができるほど,リラクセーションに精通しているわけではないが,自分で筋肉をそらせることで,緊張する感覚を味わってみるには,いい方法のように思われる。

それは,緊張させながら,緊張を弛める,というもののようだ。

自分のからだに意識を向ける,と言うことの重要性は,ある意味,自分の凝っている,あるいは緊張している部分に注意を向けるということの,重要なのかもしれない。

自分のそれに鈍感だと,どうしても人のそれにも鈍感になる。まずは,自分のからだの好不調,緊張弛緩程度には敏感になりたいものだ。


参考文献;
成瀬悟策『リラクセーション』(講談社ブルーバックス)

今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#成瀬悟策
#リラクセーション

posted by Toshi at 05:32
"リラクセーション"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: