2013年10月23日

関係づくり


先日,第65回ブリーフ・セラピー研究会「システムズアプローチの基本 ~治療システムと介入の下地作り~ 」(講師:龍谷大学文学部教授 吉川 悟)に参加してきた。その続き。

前回,全体についての印象を記したので,

http://blogs.dion.ne.jp/ppnet/archives/11343700.html

改めて,システムズアプローチにおける,クライアントとの関係づくりを整理し直してみた。

基本,システムズアプローチは,一対一の面接ではなく,多く,一対多の面接であることが多い,しかし,コーチングに関心のある自分としては,それから学びを得るためには,一対一に置き換えながら,言い換えてみるようにしてみる。

●まず姿勢を見直す

○何より,考え方を切り替えよう~物事が思い通りにいかないのが普通

人相手の場合,思い通りにはならない。働きかけてうまくいかないと,自分の腕のせいと思う。しかし,こう考える,

援助できることは何か
自分がやらなくてはならないことを狭めてみる
うまくいかなければ,複雑に考えずシンプルに考える

○そして,いまの問題を見立ててみる

ほんにちいさなこと,
簡単なこと,
ちょっとしたこと,

自分にできることは何かを考える。言い換えれば,自分は何をするためにそこにいるか,を考える。もっと突っ込むと,やれることには限界がある。そのために,問題を小さく,見立て直してみる。

あるいは,こう言い換えてもいいかもしれない。
どうすれば解決可能になるか,を考えるのが問題解決とすれば,
自分の立場から,解決可能にするにはどうすればいいのか,
あるいは問題をどう自分に解決できるような形に置き換えるといいのか,
ということなのかもしれない。

○その上で,指導・指示するより,仲良くなろう

誰でもわかっていることを言われるのは嫌なもの,

夫婦仲がわるいなら,「性格の不一致」ではなく,「ボタンの掛け違い」,

会社へ行きたくないなら,「不適応」ではなく,「ちょっと調子が悪い」,

言ってみると,問題を小さく,リフレームする。

○最後に,どうするのか~相手のもっているものを使いこなす

相手のニーズを指示に変える,
~したいと相手の思っていることが行動につながる,
相手自身があれこれ考えていることを組み替える~リフレーム

●治療関係をどうつくるか

治療関係(コーチ-クライアント関係と言い換えてもいい)は,両者の関係性が内容を反映する。あるいは,信頼があるかどうかが,内容もさることながら,クライアントがそれをどう受け止めるかに反映する。

相手と忌憚なく話ができるようになる,
相手の構えを崩す,
場の緊張を下げる,
不要な緊張をつくらない,

が不可欠で,こちらの姿勢が相手に反映する。二日目に,どう部屋に入るか,どう挨拶するか,どう着席を促すか,どう話をうながすか等々の実習を徹底的にしたが,大事なことは,

普通にふるまえるか,

だ。それは,

変なことをしない(自分の無意識の癖やしぐさも),
不要な動きをしない,

等々,こちら側の立ち居振る舞いが,緊張を上げることがあることを意識しなくてはいけない。たとえば,

反応がないときは,こちらから動かない,
挨拶は急がない,ゆっくり,
クライアントは,こちらの様子をうかがっている,

等々。最初の場づくりも,その場の相手の様子をきちんと見届けて,それに合わせていく必要がある。ついつい,こちらの手順,ペースに入りたがるが,それに一呼吸も二呼吸もいるのかもしれない。

単に位置関係や,距離だけの問題ではなく,両者の関係づくり,というか,コーチ-クライアント関係の土俵づくりの端緒とみれば,意外と重要なのだとわかる。

これをジョイニングと,システムズアプローチでは言うが,

・ふるまい方に合わせる
・関わり方(役割行動)に合わせる
・考え方・価値観に合わせる(逆らわない)
・(家族の)ルールに合わせる

等々を心掛けるが,それは,家族の日常状態をその場で取り戻してもらうことだ。

信頼関係の目安は,

心やすさ,

というか,

安心感,

にある。心理療法的対話のコツを,

日常会話のエッセンスとして,

ちょこっと,

こんな感じですかね,

と私見を述べてみる,そうできる会話の流れが,理想だ。ソリューション・フォーカスト・アプローチでは,

クライアントの日常の自己対話に紛れ込む,

という言い方をするが,そういう会話ができれば,クライアントの普段の,自然な会話ができていることになる。

それだけに,不意にセラピスト然として,ふるまうのは,全体の流れを崩す。

わずか不用意な質問で,(この人はわかってないと思わせ,関係そのものを)台無しになることはある,

と心にとめておかなくてはならない。

コーチにとっても,そういう自分を見るメタポジションは,絶対不可欠である。


今日のアイデア;
http://www.d1.dion.ne.jp/~ppnet/idea00.htm




#ブリーフ・セラピー
#システムズアプローチ
#吉川 悟
#ソリューション・フォーカスト・アプローチ

posted by Toshi at 05:48
"関係づくり"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: